阿見AC日記

阿見アスリートクラブで起こった出来事、試合速報、お知らせ、などなど

大人の戦い 東日本実業団陸上 クラブ史上最大のエントリー

2019年05月15日 | 楠康夫 理事長
クラブとしても、団体登録をできるようになりました。

実業団陸上というのは、雇用というのが大前提、そんな中
東日本実業団は、クラブチームにも間口を広げてくれてエントリーをできるようにしてくれています。
2006年にクラブとして初めて実業団登録をしたときに、当時ヤクルトの監督でもあり私の恩師でもある安田大監督には、大変ご配慮いただきました。
楠のところは、NPO法人だし、選手を雇用もしているし、クラブチームとしてもこんな努力をしているんだ。というところを見せてほしいと・・・

クラブチームというと、どうしても好きな人が集まって出場してくる。
そこには、雇用が発生してこない。
したがって、実業団陸上には出場できない。
そうですよね、会社対抗となっていましたから、考え方としてはそうですね。

個人の出場を認めたり、
クラブチームの出場を認めたり
東日本実業団が、社会人に目を向けた取り組みを続けてくれるお陰で
阿見アスリートクラブとして、大変助かっております。

今年のエントリーはなんと14名
男女短距離、中長距離、障害、跳躍ととと・・・・・
昔の東急やリッカーや八幡製鉄等々、陸上競技部としてあったような
記憶が違ったら申し訳ありませんが・・・・

もちろんクラブチームなので、すべてが雇用される・・・残念ながらそれはどの余裕はありませんが。
個人のそれぞれの思いの参戦をサポートしております。
クラブとしてのそれぞれの立場としては、こんな感じなのです。

トップ選手
佐藤慧太郎 200m400m マイルリレー
楠 康成  1500m 3000m障害
プレイングコーチ
木村知博 400mH マイルリレー
クラブ小学生コーチ
澤幡 幹 400m マイルリレー
染谷和輝 400m マイルリレー
茂木俊樹 400m マイルリレー
トップ育成事業
細谷優美 100m 200m
市村脩人 走り高跳び
セルフサポート
西尾謙次郎 100m
岩科伶 110mH
石川史貴 棒高跳び
三浦早紀 100m
渡邊清香 100m
会員
横島楓子 100m200m

今年は、女性陣も増え4人が参戦します。

大人の戦い
埼玉 熊谷で 5月18日19日です。
こちらも見逃せません。

サポート体制も
香取コーチにクラブの代表として、監督代行で行ってもらいます。
また、広報班では
荒川万里絵コーチに取材参戦してもらいます。

なんか、凄いですね。

皆さんの活躍を祈っております。


コメント   この記事についてブログを書く
« インターハイへの道 第二弾... | トップ | 70歳定年制になるかも?? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

楠康夫 理事長」カテゴリの最新記事