阿見AC日記

阿見アスリートクラブで起こった出来事、試合速報、お知らせ、などなど

IH3日目報告

2010年07月31日 | 楠朱実 コーチ
今日は やっと インターハイの固い扉が開きました

男子800Mに出場した 康成が 決勝進出 を果たしました

予選 準決勝とも 組1位 で 通過し 明日の決勝に進みました

北関東1500で失敗していたので 母親としては 予選はドキドキしましたが 調子が良さそうなので 準決勝は 予選よりは 落ち着いて見ていられました

コーチとしては う~ん やっぱり母親としてかな トラックへ入って スタート前にやる流しでなんとなく 彼の調子はわかるのですが 流しがまったりとして短い時はあまり調子が良くなく 踵の巻き込みが速く きれよく長めな時は 調子が良いのです

今日は その感じが良かったので まあ いけるかな とはおもいましたが

やっぱり 母親としての感覚なのかなあ そこはわかりません


とにかく 良かったです

良かった というのは クラブとして インターハイ決勝進出の扉が開いたからです

開くまでは苦労しますが 開いてしまえば 次々に進出を果たすものです

先ずは全国中学

なかなか扉が開きませんでしたが 開いてからは 今年で5年連続で複数出場しています

全国中学入賞 が 2年連続 今年もきっとします


インターハイが 今年で2年連続複数で出場

なのです


扉を開けるまでが大変なんです

一度開いてしまえば 後は 続くものです


伝統とは そういうものです


誰かが開ければ 開け方がわかるから 後の選手は開けるのが 容易になります


だからこそ できるだけ早く開けたかった


と言うわけで 明日康成にはトロフィー メダル 目指して走って欲しい と思います

また

明日からは後3人が 決勝進出に挑戦します

きっと 良い報告ができると思います
コメント   この記事についてブログを書く
« IH2日目報告 | トップ | IH4日目報告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

楠朱実 コーチ」カテゴリの最新記事