☆★☆ 阿見AC日記 ☆★☆

阿見アスリートクラブで起こった出来事、試合速報、お知らせ、などなど

高校生強化練習合宿 お疲れさまでした。

2018年08月12日 | 楠康夫 理事長
12年ぶりに高校生強化合宿を実施しました。。
2004年に高校生の部がスタートして、
2006年に蔵王の合宿で高校生の強化企画を初めて実施しました。
その時は、合宿後半に小・中学組が来る形にしました。

当時は
相沢裕樹が高校3年生(現マッサージ治療院を経営、クラブも手伝ってくれています)
鈴木宏大 矢崎玄樹 小松崎祐介が高校2年生
圓井翔太 楠 康平 平山亮太が高校1年生
が中心で週5日の練習会がしっかりと高校の部としても確立できた時代でした。
懐かしいですね~~~

あの時も、関東中学が台風になり、すべてタイムレースになりました。
私も山形蔵王から神奈川等々力で開催されている関東中学に合宿から山形新幹線で向かいました。

当時の中学生の部に
植村真維が中学3年生(現クラブ職員)100mH
楠康成が中学1年生(現クラブトップ選手)1年1500m
久貝瑞樹が中学1年 1年女子100m(2012年世界ジュニア出場)
が出場していました。
これまた、懐かしいですね~~~

2018年度も関東中学が同じように台風の影響でタイムレースになりました。
今回の台風は、そんなこんなの私の思いがめぐりました。

なかなかやれそうで、やれなかった。
実績が上がるにつれ、関東中学、インターハイに選手たちが出場するようになり
コーチ陣も忙しく
夏の合宿のあり方も、何年も前からそろそろ考え直さないといけませんでした。
私は、この合宿は小学5・6年 中学生 高校生 大人が一堂に会して遠征をする
そんな、世代間育成システムを外に見せる企画としての考えが強かったので
なかなか、高校生の強化に特化した合宿として思いきれませんでした。

今回は、康成が私がいない期間は合宿に来れることになってので、
安心して任せることができるようにもなりました。

そんなこんなで、思い切って決断して開催しました。

やってよかった。
高校生は、とてもいい雰囲気で合宿練習を頑張っていました。

Twitter等でお解かりのように
皆、成長していますね~~~

まず、秋の活躍を期待しています。

ただただ、それがうれしいです。

怪我無く、事故なく、病気なく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 現役トップアスリートに学ぶ... | トップ | 真夏の大運動会 各世代大交流 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

楠康夫 理事長」カテゴリの最新記事