阿見AC日記

阿見アスリートクラブで起こった出来事、試合速報、お知らせ、などなど

康成 2000m障害 日本最高記録達成 おめでとう!

2019年07月18日 | 楠康夫 理事長
クラブトップ選手 楠康成が2000m障害
日本最高記録5分31秒82出しました。
日本最高記録(NR) 5.32.32 2018 山口浩勢(愛三工業)が昨年出した記録を破りました。
おめでとうございます。

ライブ配信で見ていましたが、
3名でのレース、盛り上がりには欠けていますが、レース内容は、私たちの中では盛り上がりましたね。
1周目を68秒~69秒台でのペースでスタート、最初から最後までほぼ同じペースで走り切りきることができました
一人で練習のように走っていましたね。
練習大将の康成、まさに練習そのものでした。
大障害のハードリング、また、上手くなっていましたね。
水濠が心配でしたが、今回は別人28号でした。上手くなっていましたね。
細かく言えば、まだまだ、改善点はあるでしょうが

1000m通過 2分44秒
2000mゴール5分31秒(2分47秒)
ということですか・・・
一人で走れたことは、大きな収穫だと思います。
何よりも生き生き走ってくれていて楽しそうに見えましたね。

大きな思いを持ち1500mから、思い切って障害へチャレンジしています。
スタート導入の
東日本実業団陸上 3000m障害 8分49秒で走りながら失格してしまいましたが
2分49秒 5分46秒(2分57秒) ゴール(3分03秒)後半失速しました。
今回、ホクレンで、2000m障害 5分31秒
2分44秒 5分31秒(2分47秒)走力通りに走り切れましたかね。

次は、網走での3000m障害ですが、是非、頑張ってほしいと思います。
1500mでも3年ぶりの自己新記録で走っているので、このホクレンは調子がよさそうですね。

阿見アスリートクラブトップ選手として頑張る姿に感動です。
阿見アスリートクラブとしても、日本最高記録は初めてのことです。
歴史の扉がまた一つ開きました。

日頃から指導を受けている横田コーチ、山田マネージャーには感謝しております。
そして、レベルの高い思いを持つチームの仲間にも刺激をもらえることに本人も喜んでいます。
小森コーポレーションを辞めて、新しい環境をセットしてもらい、そこで生き生きとやれているからこそ
辞めてから1年半が経過して、実業団時代以上の記録を上回り出し、新しいチャレンジも始めてられるのだと思います。
ありがとうございます。

ただ、勝負はこれから、これから、これからです。

怪我無く、事故なく、病気なく

康成には、思いっきり、のびのびと走ってほしいと思います。

クラブとしても、最大限にトップ選手をサポートしていかないといけませんね。


追伸
今回、たくさんの実業団関係の皆様にお世話になっているようで、本当に感謝しております。
ありがとうございます。
これも小森コーポレーションで実業団選手として長年やらせてもらったことで、たくさんの皆さんと知り合うことができたことが大きいと思います。その点においても改めて感謝しております。

コメント   この記事についてブログを書く
« クラブ20年の思い8 責任のあ... | トップ | 人生の岐路 今思うこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

楠康夫 理事長」カテゴリの最新記事