阿見AC日記

阿見アスリートクラブで起こった出来事、試合速報、お知らせ、などなど

康成の今回のブログを見て思う事

2020年10月20日 | 楠康夫 理事長
クラブ中距離トップチームSHARKS
楠康成が綴るRUN‐LINE、そのブログ
https://note.com/runline

小さい頃から、アスレッコクラブで育ち
クラブの歴史を開き続けてきた康成
夢は、オリンピックで戦う!
そして、クラブをしょって立つ人として成長して欲しい。
そんな私の願いでもあります。

それはそれは、プレッシャーもあることだと思います。
私の息子、世間の見方など、彼なりに悩んでいたんですね~~~
そんな事は、私には見せませんが・・・

丁度、2016年8月にリオデジャネイロオリンピックが終わった直後のお盆の頃、家に帰って来た時でした。
女房が、私に少し酒飲まないで、まじめに康成の話を聴いてあげてら、少し悩んでいるよ。
そういうので、酒を飲まずに、まじめに面談しました。(別に酒癖が悪いわけではありませんので)

流石に、息子のわがままと言うか?彼の本気度を感じましたから・・・・
私にとっては、実業団小森コーポレーションを辞めて環境を変えたいということにビックリしました。
まさか?現役のバリバリのうちに阿見アスリートクラブに康成が戻ってくるとは思ってもいませんでしたから・・・しかし、これはクラブにとっては、世界に向けた仕組みづくりの最大のチャンスと思ったのも事実。
私も本気を出さないといけないと覚悟を決めたものでした。
この康成の決死の覚悟の行動が無ければ、今のようなことにはならなかったことでしょう。
流れにおいては、康成のブログをお読みください。

私にとっての事が動くというのは、誰かが、私の培った常識を超える提案をしてくれることだと思います。チャレンジが生まれそうだから・・・
そこには、そのことをいった人に覚悟があるか無いか?
私は大切にしています。
只、私の場合は、そのことがクラブにとって大切なことなのか?
自分の中で考え、決めています。

今回、康成の起こした行動(海外に行きたい)と提案(中距離トップチームを造りたい)
ブログでは、わがままと書いていましたが
私にとって、息子の単なるわがままではなく、
この子は、クラブにとって大変な価値を持ってきてくれた。
ここで、動かなければ私の理想のクラブとして、世界に向ける仕組みづくりのチャンスを逃してしまう。
そう思えたからこそ、本気になったのです。今も更に気合を入れていますが・・・・

親として、子の成長が嬉しく
経営者としては、頼もしくも思う。
2016年8月から康成が起こした行動力には感動しています。
アメリカテキサスでの武者修行
横田コーチとの指導と関わり、東京支店での活動 SHARKS
と立派にクラブの事業として作る上げてきています。
私は、只、その応援、支援をしているだけです。
そのことが、阿見アスリートクラブの発展に更に役に立つことだと思うから。

挑戦の準備は終わり、2020年4月からその仕組みの発展の挑戦は始まりました。
頑張れ! 康成




コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国中学生陸上400mリレーお... | トップ | U20日本選手権に翼と創と大貴... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

楠康夫 理事長」カテゴリの最新記事