阿見AC日記

阿見アスリートクラブで起こった出来事、試合速報、お知らせ、などなど

箱根駅伝 2019年 2・3日

2018年12月31日 | 楠康夫 理事長
元旦の全日本実業団駅伝に続いて2・3日の箱根駅伝
関係者の皆さんにとっては、緊張の年末と正月

今年の箱根駅伝は、青山学院大学の5連覇がかかる大切な大会
それを阻止しるのは、我が母校駒澤大学か?今年も1番手ではないですが
東海大
東洋大
その次ぐらいの位置にいるのではないでしょうか?
しかし、駅伝は流れが大切なので、1区2区の位置と5区の山登りでしょうかね
冗談のようなにも聞こえますが、箱根の山を上って下って10分の差になってしまうこともよくあります。

平成の常勝軍団駒澤大学も、柏原竜二選手にどれだけ苦しめられたか?
彼一人の差が全盛期の優勝チャンスを何度か逃したこともありました。

平成の常勝軍団駒澤大学 OBの私に取っては嬉しい響きのするフレーズです。

私の時代は、青学大は箱根駅伝に出場できませんでした。
私が入学する前の年にゴール手前200mでアンカーの選手が倒れられて、それ以来、今の原監督が再出場するまで出れませんでした。
青学というと、前にも書きましたが実は、高3の私は夏の合宿に誘われた事がありました。結局、受験することなく。駒澤大学を選びましたが。
人生の選択から考えると、結果論からいうと箱根駅伝4回の出場はなくなります。それがないと、ヤクルトに入ることもなかったかと思います。その後の人生は大きく変わっていたと思います。

只、この時期になるといつも思いますが
私が青春をかけて打ち込んだ長距離、駅伝 マラソン
その駅伝で、大学では駒沢が、実業団ではヤクルトが
変わらず、
箱根駅伝に出場していること 
全日本実業団駅伝にヤクルトが出場していること
こうやって自分勝手な思いをブログに書けること
大学、実業団の監督、コーチ、フロント関係者の皆様の長年の努力の結晶と思います。
来年、再来年もその次もそうやって歴史を積み上げいく努力を続けてほしいと思います。

明日から始まる、駅伝3日間、どんなドラマが展開されるか楽しみにしております。

がんばれ! 駒沢
がんばれ! ヤクルト
息子がお世話になった、
小森コーポレーションも頑張ってください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ニューイヤー駅伝 2019年元旦 | トップ | 新年あけましておめでとうご... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

楠康夫 理事長」カテゴリの最新記事