阿見AC日記

阿見アスリートクラブで起こった出来事、試合速報、お知らせ、などなど

中距離プロチームを設立して半年 思うこと

2020年09月24日 | 楠康夫 理事長
クラブを立ち上げて21年目
私の夢でもあった、クラブトップチームのプロ化
2020年4月にスタートした、
阿見アスリートクラブ中距離トップチームSHARKS
本来なら、発足発表、日本サーキットから日本選手権・・・東京オリンピック
盛り上がっていくようなシナリオを描いていましたが、全部狂ってしまいました。
緊急事態宣言、世の中が止まり、今まで経験したことのない世の中に一変してしまいました。
世界的な流行になってしまった新型コロナウイルス感染症
まだまだ、これからも予防をしながらの日々が続くのですが・・・

BROOKS(アキレス)様と予定していた、記者会見発表、やれなくなりました。
イベントが無くなる・・・宣伝広告の場が無くなる
試合がない・・・・活躍の場が無くなる
頼みの阿見アスリートクラブ本体も活動が停止か?どうするか?
経営者としての私も4月当初は、正直焦りました。
神様も、俺が一番狙っている時に、えらいことをしてくれるな・・・・

しかし、
職員のため、会員のため、スポンサーのため、賛助会員のため、何をしなければいけないか?
そう考えると、おのずと自分は何をしなればいけないかと?そう考えると答えが出てきたので、4月5月と必死になって動き、次の手の準備をしました。
6月から練習会が再開
7月から、試合が再開
ソーシャルディスタンスと言う名の生活様式、試合の運営も大変であろう。
そんな中で世の中が少し動きだしました。
日本も経済を回しながらのコロナ対策をどうするか必死に考えています。その中での政策を打ち出しています。

ブログにも、私がクラブでやってきている事を連日書いてきましたが、
私が、そんな手を打ってきた半年が過ぎようとしています。
楠さん大丈夫???
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・・
人間、人生崖っぷちに立つと力を出すもの・・・そう思っています。
サラリーマンを辞めてからの崖っぷちを何度か乗り切りましたから・・・
大丈夫です! そこまでかっこよくは胸を張れませんが・・・
頑張っております。
経営者として、責任・・・・・まだまだ、これから、踏ん張らなければいけません。

そんな中
試合で中距離トップチームが徐々に活躍し始めてくれました。
8月 セイコーゴールデングランプリ 
1500m2位 楠康成
9月 全日本実業団陸上 4種目入賞 
3000mSC大会新 4位 楠康成
1500m W入賞 飯島陸斗5位 田母神一喜7位
2種目入賞 田母神一喜800m3位 1500m7位
と試合での話題と実績も出てきました。
これが、何よりも嬉しいです。
結果で、ご支援頂いているスポンサー様に報いる。
そんな事を続けることが、まず、プロとして、最も大切な仕事です。

9月も末、2020年前半戦の半年が過ぎようしています。
10月からは、後半戦
その第1戦が、日本選手権
SHARKSメンバーが同種目で3人が激突する男子1500m
これまた、楽しみです。

これからの半年のスタート初戦、いいスタートを切りたいですね。
SHARKS頑張れ!

阿見AC「SHARKS」のクラウドファンディングはじめました


茨城から世界へ!日本の中距離を変える!阿見AC「SHARKS」の挑戦


詳細はこちらからご覧ください





コメント   この記事についてブログを書く
« 読売新聞朝刊(茨城版)に本... | トップ | 県高校新人戦 本日より »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

楠康夫 理事長」カテゴリの最新記事