阿見AC日記

阿見アスリートクラブで起こった出来事、試合速報、お知らせ、などなど

慶応義塾大学医学部スポーツ医学総合センター 筋肉の研究がスタート

2018年03月03日 | 楠康夫 理事長
慶応義塾大学医学部スポーツ医学総合センター
世良泰先生、その筋肉の研究にクラブとして協力することになりました。
1月に説明会を行い。
3月1日、測定会を実施致しました。
当日は、ドクターの世良先生、岡田先生、理学療法士の伯川先生、3名で子供達の測定を行いました。
クラブツイッター等で紹介した通り
当日は、中学1年生を中心に行いました。
この日は、体験デーでもあったので、小6のメンバーにも一部測定を体験してもらいました。

中1のメンバーは、この後MRIで筋力の測定を行っていきますので、末永くご協力お願い致します。

世代間育成システムの仕組みが、何か世の中の研究に役に立つことがあればと思っています。
短い期間でわかることのない研究なので、月日がかかる内容です。
クラブの事を考えると、この研究が進めばクラブのノウハウ、皆さんへの育成の信頼、信用を更に繋がるものと信じています。

例えば楠康成や、久貝瑞稀や、大野晃祥が、小学6年生の時にもし、この研究がスタートできたとしたら、康成は13年のデータに 瑞稀も10年のデータ、晃祥も9年のデータ、取れていたんですね。結構、研究に役立ったんじゃないでしょうか・・・・・・もちろんMRIの技術や医学の進歩などで違うでしょうが。
そう考えると、壮大な計画ですね。
その子の競技能力の向上と人間としての成長を見ながら、
筋肉がどう関係していくのか?深いですね~~
あ~~見たかったな~~~そう思います。

そうですね。そう考えると、これから進むことにはワクワクしますね。

阿見アスリートクラブの活動育成実績があるからこそできる事だと思います。
大学など、研究機関の何かにクラブが役に立てることはないかとずっと思っていましたが、
その第1号のスタートです。
19年目の創始者としては、やっとここまで来たと思うと、少し嬉しいのです。

皆様、これから長年にわたるご協力の程、よろしくお願い致します。



コメント   この記事についてブログを書く
« 東京マラソンで日本最高記録 | トップ | 会社は、仕事力の学校だ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

楠康夫 理事長」カテゴリの最新記事