銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

眞子様ご公務へ 十文字学園で、子宮頸がワクチンの講演会があった。そこからも悠仁さまへの包丁事件が、鎌倉エージェントの企画であることがわかる

2019-05-13 21:27:11 | 政治

 このブログは、総タイトルをグングン変更する可能性があります。そして、非常に長くなる予定です。

副題1、『11日に、午後零時、夜7時のニュースで、眞子様が、秋篠宮さまのご公務を引き継がれたと、いうニュースが出てきた・・・・・・ところで、秋篠宮さまのご長男に対する包丁事件をどう考えるか? 私は私狙いだと言って居る。それは、13日になって、十文字学園で、子宮頸がん予防の、講演会が開れたという事で、ますます、確実になってきた。最近の私のブログには、お茶大付属高校、1961年、又は、1962年卒の、友人の名前が続々出て来るからだ。そう言う私を狙い撃ちで、からかいたいと、いう事件が、包丁事件である』

 私はね。お茶大付属中学の包丁事件に関して、ずっと、それは、大したことではないのだ。私に対する嫌がらせであると、言い続けています。どうしてそういえるかというと、最近の、私の主要問題に、関して、青山敦子弁護士という、お母君が、一時期朝日新聞社社長の、秘書をなさっていて(父君が、戦死なさったからだが)ご本人も東大卒で、ご主人も東大卒と、いう優秀な方が、お茶大付属高校時代に親しかったと、書いているし、次に青山弁護士は1978年当時は、三人のお子様の養育に専念をされていて、土地を巡る、横須賀市や、京急まで、巻き込んでいる大規模、詐欺事件については「そのケースはよくわかりません」と、言われたので、男性であって、年配であって、東京弁護士会、第〇部会長である、栗原弁護士に支援をお願いしたと、言って居ます。その栗原弁護士のお嬢様が、これまた、お茶大付属高校卒です。そして、彼女は、私にとっては、一年下であって、普通だと、あまり親しくないはずですが、たまたま、私が一浪して、ICUへ入学した結果、1962年には、栗原嬢右(栗原弁護士のお嬢様)が、ICUで、同期となったのでした。そして、たった、40人しか在寮をしていない、第3女子寮でも、一緒だったのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『ここで、大物中の大物である、榊原節子さんについて、言及をしないといけなくなった。特に上皇后、美智子様に関する大量のニュースが出てきている現在は、そういう事となるだろう。』

また、其の第三女子寮では、榊原節子さんとも一緒でした。節子さんの方も、1962年、お茶大付属高校卒で、かつ、1962年のICU入学組であって、かつ、第三女子寮、入寮者だったのです。そして、昔は親切で明るい人だったのですよ。だけど、だからこそ、CIA連中は、彼女を自らの陣営に取り込んで、利用をしています。

 榊原節子さんの方は、最近のブログでは出てきませんが、2009年ごろから、敵陣営に、利用をされ始めた人で、其れについては、有楽町駅そばの【吉乃翔】という居酒屋での、榊原節子さんの、出版記念会などと、そこでの、私に対する、CIAエージェント側が、企画した、すさまじいいじめ等を、このブログで、書いています。

 それから、古村浩三君という、日本の、システムエンジニアの草分けみたいな同級生が居て、彼が、2003年ごろから、私のパソコンへ、種々なシステム異常を起こし続け、したがって、26台もパソコンが壊れたのですが、それを、誰がやっているかが、わかったのが、榊原節子さんの、フェイスブックの頁だったのです。彼女のFB頁が、起動をしたばかりの、私の、ノートパソコンに、浮かんで、そのまま、パソコンがフリーズして、小一時間もどうしようもなかった時があって・・・・・おかしいなあ。起動して、その次に、フェイスブックに入ると、いう過程を経て、その次に、榊原節子さんの頁を開くというプロセスが必要なのに、それを一気に飛ばして、起動をした途端に、榊原節子さんの頁が現れるとは、おかしすぎるでしょう。

 でね。誰がこれをやっているのかを考えた時に、古村浩三君の顔が浮かんだのでした。古村君は、日本のシステムエンジニアの、始祖みたいな人だし、かつ、榊原節子さんと、クラス会においては、非常に親しいのです。会話のみですよ。ベッドインはないでしょう。古村君は、色気があるという方でもないし。しかし、榊原節子さんが、未亡人だから、『あれ、ちょっとべたべたしすぎではないですか?』というほど、隣に座って仲良くしています。

 したがって、榊原節子さんの、FB頁を工作して、私のパソコン内で、起動したとたんに、それを、フリーズさせて、井上ひさしたちが、やんや、やんやの喝さいをもって、「ほらね。あんたが、どれ程、自分は頭がいいとか言っても、父親がだめじゃあないか。榊原さんは、東大名誉教授にして、旧八幡製鉄研究所・所長の、お嬢さんだよ。その上、舅は、榊原什、東京女子医大学長です。そして、節子さんの、母君と、美智子様の父君は、実の兄弟だよ。あんたが、どんなにはしゃいでも、追いつかないさ。馬鹿ものめ。すっこんでいろ。うじむしなんだよ。あんたって」と、言われているわけです。

 しかし、榊原節子さん自身が、こういうシステムを、私のパソコンに、起こすことは、できません。それは、当時の彼女のホーム頁を開いてみた結果、自信を持って、断言できます。FBの方は、FB側が用意している、テンプレートがあるので、読みやすかったのですが、彼女が独自で、開いているホーム頁は読みにくい事、読みにくい事限りがなかったのです。私は26台もパソコンが壊れてきている、そういう事情下で、必死になって、本を作ったり(というのは、印刷用データを作るという事なのだけれど)、その本に挿絵を入れたり、その中で、一日に、50回は、アドビも、ワードも破壊され続けていて、それでも、本を六種類も作ったのですよ。だから、ソフマップの店員が、「あなたは、ソフマップの店員ができますよ」というほどに、パソコンのことがわかっている人間です。そう言う私から見ると、榊原節子さんは、専門が、金融や財務の、人であって、パソコンは、専門家に任せますと、いうタイプの方でしょう。タイピングというか、入力については、自由自在ですよ。しかし、遠い場所に住んでいる私のパソコンに、システム異常を起こすほどの、システム処理は、節子さんには、できないはずです。

 しかし、節子さんと、古村浩三君の、クラス会におけるべたべたぶりを知っている私は、『ああ、古村君なら、節子さんの、FB頁を道具として使っても良心の痛みを感じないわけですね』と、思い至り、一気に、毎晩、毎晩、私を苦しめている陰に隠れた攻撃者が、本当は、誰であるかを知ったのでした。2003年ごろから、2012年までは、相当量が、古村浩三君の、破壊工作で、壊れていたと、考えます。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『そういえば、片山ゆうすけ君が逮捕された、成りすまし疑惑の際にも、お茶大付属小学校が、狙われたと、報道をされている。だから、今回も、その時と同じであって、起案者は、鎌倉エージェントの中の誰かであって、京都在住の男というのは、ただ、唯、教唆命令されて、動いた、下っ端に過ぎない。要するに、これは、いつもと同じ、謀略行為だからだ』

 すみませんが、此処で、長時間の、中断を入れさせてくださいませ。ここまでで、三人のお茶代付属高校金記者がでてきましたが、これから、先も、【宇都宮和代さん】【きっこさん】【かなこさん】【じゅうもん】という四人の、同期・お茶大付属高校卒業生が、登場する予定です。

 宇都宮さんについては、どこかで、宇都宮雅代と、書いてしまいました。間違いです。雅代とは、タレントさんの名前でした。和代が正しいのです。きっこさんは、私が過去にお世話になっているので、実名を書けません。ただし、だからこそ、敵陣営は、自分達の方へ取り込んでいます。特に出版社社長だから、伊藤玄二郎が手を伸ばせば、そちらを、私より上に置かないといけないのでしょう。かなこさんは、恐ろしいいじめ用・罠・に主役として利用をされた人ですが、2年後のクラス会で、一種の謝罪をしてくれた人です。だから、愛称だけでとどめておきたいです。

じゅうもんも、大変優しい人です。2014年の、クラス会(豆腐屋うかいでの)では、わき役として、利用をされた人です。本当は名前など、愛称だけでも、あげたくないのです。でも、十文字学園の理事長さんの一族です。

 だから、13日の、NHKニュースで、十文字学園で、子宮頸がん予防の講演会が開かれたと、出てきたので、名前を言上げしないといけなくなりました。しかし、じゅうもんは、実家の姓から来ている、愛称なので、今の苗字は、異なっています。

 ところで、2014年の【豆腐屋うかい】での、いじめは、どこかで、書くべき事だったのです。銀座の画廊のオーナー栗田玲子さんが、関与している可能性もありますのでね。だから、宇都宮和代さんは、高校の教師だったにしては、すこぶるしたたかで、悪魔的に行動しても、反省の、影もないのです。宇都宮さんに今から言っても、仕方がないでしょうが、私のブログを、30本でも読んでいたら、あんな馬鹿なことはやらなかったでしょうがねえ。あなたは、お茶大付属高校出身者なのに、数々の、謀略的殺人事件の、企画、実行者たちと、同じ穴に、落ち込んでしまって居ますよ。恐ろしい事です。っそいて、高校の先生だったのに教え子たちに、どういう顔向けをするんですかと、言いたいほどです。

 ともかく、この後も、樋口恵子さん他、陸続と、お茶大、付属高校関係者が出て来るでしょう。したがって、其れを、書かせないがために、私への脅かし行為として、敵さん達は、悠仁様の、お机の上に、包丁を置いたのです。

  

 

@@@@@@ここが書きかけ中の最先端です。以下はメモです。

しかし、10日に再炎上していて、本日、13日も、各時間のニュースで繰り返し、それが、報道をされました。どういう形でかというと、授業が厳重警戒の中で、再開をされたという事を報道をするという形でです。包丁の事件の方に関しては、まだ、まだ、たくさん書きたいことはありますが、それよりも、気にかかるニュースが出てきたので、そちらに対して、取り組みを開始したいと、思って居ます。

 それが、******罫線以下に置いた、眞子様が、ご公務に、出られたと、いうニュースです。これは、一般の方にとっては、さして重要ではないニュースですねと、お思いでしょう。しかし、私にとっては、5つぐらいのポイントで、非常に、気にかかるところがあるニュースだったのです。

で、その、五つを、気にかかった順番にあげると、

 

 

********* 

眞子さま 「みどりの感謝祭」式典に出席5月11日 15時13分

眞子さま 「みどりの感謝祭」式典に出席
k10011912741_201905111808_201905111811.mp4
秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、森林や花など緑の大切さを呼びかける「みどりの感謝祭」の式典に出席されました。
「みどりの感謝祭」は、国や緑化を進める団体などが毎年開いている催しで、東京都内で開かれた式典には、各地で緑を育てる活動に取り組む子どもたちなど約500人が参加しました。

感謝祭の式典には、これまで秋篠宮ご夫妻が出席されてきましたが、皇位継承に伴う公務の分担によって、今後は眞子さまが受け継がれることになりました。

式典で眞子さまはあいさつに立ち、「日本中で緑が守られ、育てられ、増やされ、生かされていることを誠に心強く思うとともに、これに携わる多くの人に心から敬意を表します」と述べられました。

式典では、森林の管理や再生など多くの分野で業績を残したことが評価され、「みどりの文化賞」を受賞した、東京農工大学名誉教授の木平勇吉さんに表彰状が贈られると、眞子さまは拍手を送られていました。

また、式典に先立って眞子さまは、参加した子どもたちと懇談し、このうち山火事予防のポスターを作った子どもには「ポスターを見ると、考えるきっかけになりますね」とことばをかけられていました。
コメント   この記事についてブログを書く
« 子宮頸がんの講演会、十文字... | トップ | 眞子様はご公務内で、子供の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事