銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

『ジャン・クリストフ』は、どこへ消えてしまったのだろう?

2008-12-19 23:53:31 | Weblog
 いや、『カラマーゾフの兄弟』が大ヒットだということはよいことだと思います。KYだとか・・・・・その他の、今流行のトレンドは、軽いこと、あっさりしている事が、よいことでありましたが、不況とか、そのほか、生活の根源が、揺らいでくると、しっかりした信念とか、スタンスがどうしても、各人に必要になり、それは、ゲームをすることとか、漫画を読むことよりも、やはり、苦闘をし続けた人間の記録を小説で、特に若いときに読んでおく事が、その後の力になると思うのです。

 ところが、私が若い頃に世間の風潮から勧められた小説のうち、『チボー家の人々』とか、『魅せられたる魂』などの、長編小説については、とんと、その評判を聞きません。源氏物語が大流行で、瀬戸内寂聴さんが、でづっぱりですが、たとえば、石川達三なんて、聞いたこともありません。もちろん、私は石川達三(社会派のはず)が、好きだといっているわけではありませんが、彼の全盛期もあったと思います。
~~~~~~~~~~~~

 私が思春期に読んで、人生で最も感動をして、ほとんど、そこから得た価値観で生きているような、大作、『ジャン、クリストフ』についても、ほとんど、何も世間から聞こえてきません。それを、残念に思う私の心に、自由が丘駅で、偶然に出会わせた友達との会話がよみがえってきます。

 東横線の自由が丘と言う駅は、『急行』の待ち合わせをするので、『普通』に乗って渋谷から来ると、日吉に住んでいる私などは、降りて、数分待つ習慣になっておりました。ふと、気がつくと、八年ぶりに出遭う小学校時代の友達が居ます。彼女は、私を見つけると、堰を切ったように激しく、「今、通っている大学が面白くない」と言うことを語り始めました。あんまりおしゃべりな人ではなくて、昔は私に、こういう内面を打ち明けることなどなかった人なので、驚いて、「どうしてなの?」と聞くと、「私、受験勉強なんて、馬鹿らしいと思って、やらなかったけれど、同級生と話が合わない。もっと、受験勉強をして、哲学科でもある大学へ行きたかった」と、言います。

 もっと、野生的な人だったら、親を説得して、別の大学を受けなおしたりしています。そういう人も知っています。親から費用が出たり、または、自分がアルバイトをして受験しなおすなんていうケースもあります。大勢の人が悩むのは、分野のことです。好きな道、文学とか、芸術の道、と、実学、経済とか、医学と言う道のどちらに入るか、それで、悩んでいろいろ、決められないモラトリアムの時期もあるのです。その間、思考し、実行するなら、進路変更もある。また、それを許す社会の経済状態の動向もある。

 しかし、自由が丘のプラットホームから日吉駅まで一緒に熱心な会話をした、友人は、女性でもあるから、(1960年代は、結婚適齢期が25歳だといわれていた時代です)大学を受験しなおすほどの、冒険家ではなくて、『親には、学費のことでは、もうこれ以上は、頼めない』と思っているし、『自分でアルバイトをして、学費を稼ぐ力も無いと思っている』人でした。

 でもね、彼女が感じていることとか、考えていることは、私には、非常によく判りました。今、居る場所が自分に合わないと思っている時期、そして、それが、青春真っ只中の時期、と言うことはつらいことです。『もっと、ほかに自分にふさわしい居場所があるんではないか』と言うのは、ほとんどの人がいつも、内面で思っていることです。普段はそれが、外へ出ないのですが、こういう風に大学を選ぶなどと、言う、選択肢が多い場合に、間違ったのではないかと思えば、特に、後悔が大きいのでしょう。

~~~~~~~~~~~

 私は実は、小さい頃から悩みの多い人でした。ですから、現在も書く人であるわけですが、小さい頃は、自分の思いを人に書いて知らせる・・・・・そして、そういう形で、カタルシスを得る・・・・・など思いもよらず、ただ、読書によって、最上の慰めを得ていたのです。

 そういう私は、十九歳のときまでに、上記の『ジャン・クリストフ』を読み終えています。ただ、総計二年は掛かりました。

 そして、ジャン・クリストフが味わった数々の、苦労に勇気を与えられていました。で、その自由が丘駅で偶然出会った友達にも、彼女が苦労を、乗り越えて新しい、視座に立つことを願って、この本を読む事を薦めました。しかし、彼女は途中まで読んだけれど、読みやめていると、いいます。それで、私が「どうして?」と質問をしますと・・・・・

 「あれって、くどいんだもの。自分には合わないわ』と、彼女が言います。私はびっくりして「アントワネット(第五巻*)まで読んだ?」と質問をしました。「ううん、読んでいない」と彼女は言います。

 この五巻まで来ると、突然、読者は涙が滂沱となります。そして、ロマン・ローランが、美しい世界を好きな人である事が判ってきます。しかし、四巻までは、「喧嘩ばっかりじゃん。なにさ、これ。うざったい」と、現代の若者から言われてしまいかねないほど、主人公は世間とぶつかってばかりいるのです。解説書によると、ベートーヴェンをモデルにしていると、言われたりします。

 その主人公に対して、友人として現れるおとなしい、・・・・・将来は学者になろうとしえいる青年・・・・・の、お姉さんがアントワネットです。ただ、ただ、・・・・・弟を学者(もしくは著述家)にするために、・・・・・奉仕の人として生きる女性です。
 世間的な意味での幸せは何も味わうことなく、人生を終える女性です。

 でも、彼女の姿を見ていると、「人生には、成功しなくても、いい生き方もあるんだよ」といわれているようで、本当に安心して、次の日を迎かえる事ができるのです。人生の最初期にこの本とであったことは、私にとってはとても、よいことでした。そして、老いを迎えている今も、ジャン・クリストフの苦闘の人生と、老いに向かって穏やかになっていき、若い人を、大切にする・・・・・・愛に溢れながら死んでいく姿を思い出すと・・・・・それ(老いや、死について)も、安心をするのです。

 『自由が丘で、出遭った友達(既に亡くなっている、若いうちに)が、この五巻まで、我慢して読んでくれたらよかったなあ』と、私は、今でも残念に思っているのです。人生は難しい。生き抜くのも大変です。しかし、ジャン・クリストフは確かな力を与えてくれます。彼女もジャンクリストフを、読了していたら、もっと、たくましく生き抜いたのではないかと、思っているほどです。

 なぜ、現代、だれも、この本を問題にしないのかが不思議です。

*・・・・ただし、岩波文庫は原作の巻数とは、異なった数で出版されていると思うけれど・・・・・私のものは、押入れの奥の奥にしまってあるので、今は確かめられません。

      2008年12月19日     川崎 千恵子(筆名 雨宮 舜)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
« 小説『闘』と、幸田文の弟 | トップ | 『朗読者』新潮社、と、欧州... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに (フラワー)
2009-01-04 14:26:33
 「ジャン・クリストフ」、私は今読んでいます。すごく面白いと思ったり、途中で飽きてしまったり・・・・いろいろです
 光文社古典新訳に頼みましたから、多分読みやすくなって出版されますよ
 読みにくくても、絶対に読破する!と心に決めたので、やめはしないと思います
 ロマン・ロランは展開が遅いけれど、そこがいいですよね。それから描写も好きです。ぼわ~とした宮沢賢治のような描写が。
フラワーさんに (川崎 千恵子)
2009-01-04 22:39:20
フラワーさん、コメントを有難うございます。でも、あなたのメルアドとか、ブログを今は、まだ知りませんので、感謝の言葉を述べられません。ともかく、有難うございました。ジャン・クリストフは、私は、17才ごろから、19歳まで二年間ぐらい掛かりましたが、今、66歳でも思い出す場面がありますし、心の支えになっています。あなたにも、それが、人生のよい支えとなることを、祈っております。では、遅くなりましたが、心から御礼を申し上げます。
今でも読んでいる本 (ベオウルフ)
2011-09-13 21:53:32
初めまして、川崎さん。
私は『ジャン・クリストフ』を中学生のときに読みました。面白くてドキドキ・ワクワクして読み、大変感動しました。
その後、今日まで何度か読み直しています。
また、その内読んでみたいです。
ただし、『魅せられたる魂』は、途中で挫折し読了していません。『チボー家の人々』は、3年前に読了しました。
『ジャン・クリストフ』の話に戻ります。私は少年・少女たちに読み聞かせをしています。ふだんは芥川の『蜘蛛の糸』などの易しい内容のものですが、この子たちはレベルが高いなと思ったときは、ハイレベルな作品も読みます。そのような子たちの集まりで、一度だけ読んだことがあります。
「ジャン・クリストフ」(新潮文庫、新庄嘉章訳)第一巻、P.149~158
伯父さんのゴットフリートが川岸に腰を下ろし歌い始めた歌を、クリストフが一心に聞き惚れる場面です。
以上、勝手に書き並べて失礼致しました。自分の好きなジャン・クリストフについて書いてある欄を見つけ、つい嬉しくなり書き続けてしまいました。        おわり
Unknown (よし)
2012-11-03 15:52:18
自由が丘駅という名前がなんだか皮肉に響きますね。
ジャンクリストフは僕の人生の聖書です。

僕も自分の通っている文学部の中に、ロランを知っている一人の友人もいないことに愕然としましたが、アンネットやクリストフのたどった道は、今でも多くの魂を深遠から支えていることを疑いません。
御礼、お二人に対して、 (川崎千恵子(または雨宮舜))
2012-11-03 16:51:32
ベオウルフ様、コメントをいただいていたのに全く知らず(管理者のグーからお知らせが届かなかったので)、御礼が非常に遅れましてお許しくださいませ。

 あとで、ご指摘の個所を読み直してみます。
本当にありがとうございました。子供たちが、大切にされて、よい生活ができるように願っています。
 魅せられたる魂は、それが、書かれたころには衝撃的な小説だったと思いますが、私もそれほど好きではないのですよ。
 コメントをいただいているのに、長い間気が付かなくて、本当にごめんなさい。
*******

 よし様

 本日、3日にコメントを拝読しました。確かに、住んでみたい街、トップだという自由が丘で、あの会話は、50年前に交わされたのでした。あそこには、ジャンクリスト歩の世界は、確かにないみたいですが、少し奥に入ると、知的な人々も住んでいますね。そういう人の中で、年齢の高い人は、ロマンローランを知っていると思います。
 コメントをくださって、本当にありがとうございました。
アントワネット (安田めぐみ)
2015-05-17 15:21:05
ジャンクリストフに関して検索していて、ここに辿りつきました。
20代の初めに夢中で読みました。アントワネットの章は最も印象に残っています。30年近く経った今でも本屋さんで手に取ってこの章を拾い読みすると涙があふれてきて困ってしまいます。
 
もう今ではこの類の文学が読まれるのはまれなことになってしまったのでしょうか
効率ばかり優先される今の風潮、スマートフォンが
すべてというように至る所で食い入るように見つめている人たち・・大げさに言えば人間性、深み、といったものが日々失われていくように感じています。
 
そんな中で自分を見失わないためにも、この文学は私にとっては常に身近にあるものです。
御礼 (雨宮舜(川崎千恵子))
2015-05-18 04:01:58
 めぐみさま、コメントをくださってありがとうございます。友達に自由が丘で、出会ってから、ほぼ、50年がたちます。恵まれたお宅のお嬢様でしたが、次女であり、したにもご兄弟がいたので、ご両親から看過されていると感じて育った方の様です。それで、やや斜に構えたところがありました。それが、ジャンクリストフを、読むのを妨げていた所以のような気もします。

 めぐみさまも、私も、ジャンクリストフを最後まで、読めているということはそれだけ忍耐強くなっている事と、それ以前に何らかの苦労があったということを示唆します。

 でも、それだからこそ、あの、読むことがしんどい作品を、読了することができました。それは幸いでした。つくづく思います。何事があっても、元気に生きていきましょう。
御礼ー2 (雨宮舜(川崎千恵子))
2015-05-18 04:04:59
 それにしてもあの作品を、20代のうちに読了なさってよかったですね。あれを、50代で、手に取ったら、私でも読了できないかもしれません。

 お互いに、祝福をしあいましょう。その点だけでも、私達はラッキーであり、天からの祝福を得ていることを。
Unknown (マックス)
2015-09-09 13:16:56
『ジャン・クリストフ』に出会えて私も幸せです。

 しかし、そういう私も、長い長い中断を経て、読了しました。初めて第1巻を、学校の図書室で借りたのが、いまから20年ほど前のことです。16年ほどの歳月をかけて読了しました。途中、オリビエが結婚するという場面で、どうしても先を読み進められなくなり、中断しました。自分自身の人生において、まだその段階に達していないと強く感じたからでした。この小説は、私の人生とともに読まれるべきだと感じていました。
 10年後に結婚してから、再び中断箇所から読みはじめ、いまはその深く長い余韻に浸っているところです。

 私が思春期を過ごした90年代は、旧制中学校的雰囲気をまとった最後の世代の先生が、まだ学校にいらっしゃいました。数学の授業にも関わらず、『ジャン・クリストフ』をはじめとしたさまざまな言葉の引用が、数学の公式や解法とともに、先生お手製のプリントに散りばめられていました。

 『ジャン・クリストフ』には、茫漠たる社会状況への鬱屈感や怒り、世界そのものの美しさへの感動、そしてこれらを呑み込む強い自己形成力が描かれていますが、これらすべてが思春期青年の私の心を捉えました。戦い・感動するロールモデルを私にインストールしたのは、『ジャン・クリストフ』だと断言できます。
御礼 (雨宮舜)
2015-09-09 23:43:32
マックス様へ。
 コメントをくださってありがとうございます。私は、上の本文に書いた通り、二年か㈢年かかって読みました。オリビエのお姉さんである。アントワネットが、登場する語幹からは、加速したと思います。でも、オリビエの結婚の章で、『自分が、そういう時期に車で、ここで、少し休もうとお考えになったとは、それも、また、素晴らしい事です。マックスと言うお名前からは、性別は、わかりませんでしたが、男性でいらっしゃいますか? 女性の場合は、結婚後は、読書をする時間が取れないみたいです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事