銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

碑文谷バラバラ殺人で28歳は自白をしたそうだが、私はたじろがず、犯人は複数犯だと、主張し続ける△

2016-07-10 21:23:32 | 政治

 さて、私は、9日の深夜から始まって、二本ほど、ブログを、碑文谷のバラバラ事件に関して書いています。その前に書いたものと合わせると、合計三本書いているのですが、

 9日の夜9時10分からのニュースにおいて、池田容疑者は、自白をはじめ、殺害を認めたという風に、事情が、進展しました。これですが、普通なら、8:45分から始まる筈なのに、なぜ、9時10分から始まったかがわかりません。ともかく、

 私は、10日の午前中に、それを、録画ニュースチェックで知りました。だが、自分が今まで書いたものを、引き揚げる(または、ひっこめる)必要はないと、思いました。

 私が書いている方向で、捜査が進んだり、メディアが、それを、裏付けることは無いと、おもっております。だけど、スケルトンとして、・・・・・このばらばら事件が、複数のヤミの勢力によって、実行をされ、目的は、鎌倉エージェント、特に前田祝一・一派を助けるために起こされた・・・・・という部分は、絶対に真実だと、思っていて、たじろぎもしないし、揺らぐこともないし、ブログをひっこめるつもりもないのです。

 しかし、その自説を、丁寧に、傍証づけることは致しません。何を書いても、後付けで否定されると、思うからです。

~~~~~~~~~~~~~~

 たとえばですね。9日までには、池田容疑者の、顔は、公開されていませんでした。それを、自説の傍証に、使っています。ところが、10日の夜の7時に、は、顔が、曝されました。送検の際の自動車ないを撮影をしたと言う事で出てきたのです。

 12時のニュースでは、その映像が出てこなかったのですが、もし、私が、「参りました。私が間違っておりました」と、言えば、彼の顔は、ずっと、将来にわたって、曝されることは無かっただろうと、おもっております。前日の逮捕時の映像は、横顔だけでしたから。

 しかし、9日の朝9時には、録画ニュースを既にチェックしたことを、彼等、鎌倉エージェントは知っているでしょう。室内盗聴は仕掛けられているし、テレビもまた、IT的技術の集合体ですから、どういう番組を、いつみているかは、すべて、彼等闇の勢力に、しっかりと、把握をされています。

  特に夜の、9時ごろに、突然に、ブルーレイ録画装置が、おかしくなりました。また、パソコンのシステム上の異常も引き続いてあります。で、そんなことをご報告をしておいて、私は、「引き続き、自説をひっこめるつもりはない」と、申しあげさせてくださいませ。

 で、池田容疑者は、自白をしたと言う事で、私が、非常に不利になったのに、しかも、それを、知っているのに、ブログを修正せずに外出をしたので、

 彼らは、思惑が、外れてしまい、したがって、池田容疑者の陳述が、更に進展したと考えております。そして、NHKニュースとして、それが、出てきたというわけでしょう。10日の段階で出てきたのは、*1)御金目当てだったとか、*2)ベランダから侵入した、懸垂の要領でとか、言う部分と、それから、*3)バラバラにしたのは、次の日にもう一回、現場に行った時だったとか。

 しかし、この部分ですが、以前から報道されていた事とは、相当に矛盾があるのですよ。しかし、小さい事を書いても、また、否定をされるでしょうから、矛盾が一杯だから、池田容疑者とは、片山祐輔君やら、保見容疑者やら、阿部俊樹容疑者と同じく、本人は何らかのバーター取引を提示されて、納得をして犯人像を引き受けているのだと、思います。

 只ですね。昨日9日の夜に、前田祝一家では、二階の天井灯を煌々と点けておりました。それは、彼らがうれしくて仕方がなかったと、言う証拠だと、おもっております。つまり、この碑文谷のバラバラ事件について、私が書いていることが間違っているわけですから(と、彼等は信じている。また、「一億二千万人の、国民も、私の方が間違っていると、信じるだろう」と、そちらの方も確信をしているわけですから、喜んでいるのです。で、ここが間違っているから)、そこから敷衍をして、他の頁も間違っているのだと、することができる、したがって、自分たちは、世間の指弾を逃れることができる・・・・・と考えて、欣喜雀躍をしたというわけでしょう。

 ところで、前田祝一と言う人物に関しては、多数のリンク先があり、それを、もう一回、ココへ持ってこないといけないと考えていますが、それが、あまりにも大変なので、数点の文章だけを抜き出しておきます。ところで、その中の、後注1ですが、これは、三日前に書いたメモです。

 ダッカ襲撃事件もそうなのですが、特に、碑文谷のバラバラ事件が、異常ですね。こういう異常な事件が起きると、連動して、私の周辺に、異常な事が起きます。どうしてそうなるかと言うと、ありとあらゆる異常な事件は、前田祝一一派と、それと、連動する鎌倉エージェント(特に伊藤玄二郎と、井上ひさし)を助けるために起こされるので、鎌倉市内が、うるさい事となるのです。

 銀座も連動をするのですが、中島三枝子さんについて、相当に突っ込んだ記述(島田章三さんと、その実妹大沼嘉津江さんまで、含めているし、杉本横須賀市副市長夫妻も含めている)をしているので、銀座の画廊主たちも、利口ですから、以前ほど、単純な動きを示しておりません。ただ、柴田悦子画廊などに行ったら、ビンビンと、判るかもしれませんが、瓜南直子さんが、逝去されていることを知ってから、まあ、そのぐらいの天の、御しるしで、我慢をしておこうと、思って、そのラインは、それ以降は、追及をしていないのです。

 で、ともかく、元へ戻ると、鎌倉を中心として、起きている異常現象を、ただ、単純に羅列しただけの文章が後注1です。が、これは、ダッカ襲撃事件が、謀略であったからだと、言う事をすべて、実証する現象なので、意味があるのです。それは、また、碑文谷バラバラ殺人事件をも、解明するのに役立つ、諸現象だったのです。

 つまり、ダッカ襲撃事件も、碑文谷バラバラ殺人事件も両方とも、裏側に居るのは、鎌倉エージェント(彼らは、世界中に張り巡らされているCIAともツウツウだし、日本の警察庁も、その支配下に居て、協力をする)であり、特に最近、その動きが目覚ましい前田祝一一家を助ける為だったと、言う意味で、それが、スケルトンなのです。そこは、NHKニュースがどう変更されようと、変りがない真実です。

後注1、

ダッカ、襲撃事件の真相分析を書く為の、必要事項の、メモ  2016-07-07 21:51:15 | 政治

 そして、自分たちが頭が悪いからこそ、それが、通用すると思って、ひどい事を、2013年の、五月にやってきています。

 それは、以下のブログです。忘れもしないです。 

後注2、

前田祝一様、貴君に行動の自由があるのなら、私にも、その行為を記録する自由はあるでしょう?△   2013-06-11 15:31:49 | 政治

  こういうたくらみをしても、ばれないと、思っているらしいのですね。それが、トカゲの脳味噌だと、言う点ですが、ばれないと、思っていたのに、裏側がすぐブログに書かれてしまいます。それで、仕方がないので、警察が大協力をして、周南事件と言うのを起こしてもらいました。ブログで、ご近所の悪口を書いているから、ご近所ともめている保見が、大殺人事件を起こしたということにしたのが、周南寺家で、最初期は、平成の八墓村事件と呼ばれていた大事件です。週刊誌が、大々的に書きたてたくせに、私が、裏側を分析してからは、一顧だにされなくなりました。事件さえ、無かったことにされそうになっています。五人の無辜のご老人は、鎌倉人、特に前田祝一氏と、小野寺夫人と、(前田氏が、そこで待っていて、タイミングを計っていたであろう)、安野家の、失敗、を、糊塗する為に殺されたのですよ。

 それが、ちょうど、2013年の参議院選挙の時だったのです。その晩でした。平成の八墓村事件と言って、川柳を窓に張っている男保見容疑者が、2015年に死刑となった、事件です。

 この事件に関しては、膨大なものをすでに書いていますが、そのリンク先を見つけるのは、ちょっと、今はできません。

 その後、私は、時間があった時に、彼等の悪行の一つ、アスベスト問題について触れています。それの、リンク先を以下に置きましょう。ただし、この文章でも、アスベスト問題の、全部は書きぬけていないのですが、これが、重要なのは、また最近(=2016年7月8日)の、NHK7時のニュース内で、17分から始まり、4分間も使って、アスベスト被害と言うのが出てきた事です。しかも何かの裁判が起きたというわけでもなく、ただ、被害者婦人たちの集会が粉われたというニュースでした。そして、夜九時には、出てこなかったのですよ。


 当夜、私は国立劇場の夜の部を見ており、7時のニュースには対応ができませんでした。ですから、鬼の居ぬ間の洗濯を狙われたわけです。

 で、私は、そう言う事をすべて、飲み込んだうえで、本日、2016年7月10日は、世間様から、『間違っていらあ』と、笑われることを承知の助、で、ブログを修正せずに、ゆっくりと大船で買い物をしていたのでした。それは、茶筒の新しいのを買ったり、新ショウガを買ったりしていたのです。演劇界の、古本も買いましたね。松竹の地元、大船なので、ブックオフには、演劇界が、置いてあるのです。新ショウガは、梅干をつけたので、そのお酢を使いたいと、おもっております。一部が白梅酢であり、一部が、赤紫蘇を、入れたピンクのお酢です。

 今まで、こういうことは全部主人がやっていたのです。ゴミ出しも、山ノ下まで40m近く下って行くので、大ごとなのですが、全部主人がやってくれていました。だが、今は、主人は、自分をいとうみたいで、いろいろなことを、「それは、できない」と、言いますので、全部私がやっています。ついでに、主人がやっていた梅干し漬けも、私が今年はやったのです。梅酒とラッキョウ付けは、両方がいたしますが、みそを作るのと、梅干を付けるのと、燻製を作るのは、主人だけがやっていた事でした。

 味噌はおいしいので、私も挑戦するかと、は、思いますが、燻製は、好きではありません。ただ、みそは、今は、熱暑なので、カビが生えることを恐れて、今の季節には、作りたくないですが、そろそろ、去年作ってくれた味噌がタッパーウエア、3つ分ぐらいになり、無くなりそうなので、秋に入ったら、作らないといけません。

 57歳でパリ滞在研修を行った時から、私はエッセイを書くし、本を作るし、大アーチストになるつもりでしたから、普段の食事以外の特別料理は、お菓子作りぐらいしか、やっていなかったのですよ。しかし、何でも、自分で作ると、抜群においしいのです。結局、実家にいた時分の、【婦人之友】育ちの、自分が、また、顔を出してきています。NHK朝どら、とと姉ちゃんが、大当たりをしているそうですが、私は、【暮しの手帖】を、読んで育った人間ではなくて、【婦人之友】を読んで、育ったグループの人間です。

 大船には、仲通り商店街と言う、古い形式の商店街があります。食品スーパーも、バスで行く範囲も含めれば、五店舗もありますが、仲通り商店街は、いまだに、にぎやかで、シャッター商店街とは、化していません。その中にお茶屋さんが、数軒あります。新茶のブランドを確かめながら、『新茶もいいけれど、このごろ、おいしいほうじ茶が無いなあ。自分で作るかな?』と、思ったりしていたのです。200gで千円ぐらいのお安いお茶を買ってきて、自分で、厚手の鍋で、ゆっくり炒ったら、おいしいほうじ茶ができるんじゃあないかなあと、思ったりしたのでした。

 鎌倉には、【枝村園】と言う大きなお茶屋さんが、小町通りに在って、いつも大きな網目の回転窯で、ほうじ茶を作っていたのです。いい匂いが、小町通り中を漂っていました。お気の毒に、投資で、失敗をされたと言う事で、持ち家を、売られたのです。それで、【源吉兆庵】が買って、全国展開(ニューヨークにも広壮な、お店がある)の本店としているみたいです。嘘ばっかりですよ。だって、そこを買ってから、まだ、20年もたっていないでしょう。だが、そこの社長は、不動産を買いあさるという意味では、センスがあるらしくて、銀座にも、表通りに、ビルを持っていますね。

 いろんなことを観察しいろんなことを考えながら、ゆったりとリフレッシュをして帰ってきました。汚い気持ちの連中の事は、『ああ、そうですか。あなた方って、そう言う連中なのですね』と、思っているだけです。

 最大の悪人は、いまだ、生きていて、地下潜行をしていて、各種の策謀用アイデアを練っている、井上ひさしですが、人たらしの天才として、それを、実行させる人材を選び抜いている伊藤玄二郎もなかなかの悪人です。そして、伊藤玄二郎が悪人だと言う事を知っている人物は、鎌倉にも大勢います。ところが、前田祝一氏が悪人だと、言う事を知っている人物は、早々はいないでしょう。彼は、単に駒澤大学の教授だったというだけの、社会的、一に立っている人物ですから。だが、この碑文谷のバラバラ事件をはじめ、周南事件の際の彼の動き、そして、今般後注1の中に書いた、白井小野寺邸と、柳沢昇の、二人が話し合っていた樹木の伐採の事などを、勘案すると、

 すさまじい悪人の一人となります。特に今般、犯人だと、して、名前が挙がった、池田某の、住所は、NHKの地図が、東西南北が、一般の地図と、同じだと仮定をすると、駒澤大学駅に近いという住所に在ります。こういう風に、彼等の勘案する犯罪って、どこかに、私が、真相に気が付く様なヒントを潜ませてあるのです。前田祝一と言う名前の、祝と、被害者の、あべとしこさんの、祝子は、漢字が同一でしたね。

 私はだけど、すべてを、研究対象として考えているので、心が、消耗する度合いが、小さいのですよ。『あ、そうですか。あなたの行動って、すべて、ナチズムの発生の、仕組みを解明するのに役立ちますわね』と、思っていますので。

 尚、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は3598756です。

明日、12日(火曜日)も長時間家にいない見込みです。だから、鬼の居ぬ間の洗濯が行われるでしょう。それは、近所でも行われ、NHKニュースが報じる様な、国内ニュース化、世界のニュースかわかりませんが、電話連絡で予定を決めた上で、会食をしますので、こういうときは、必ず、狙われます。では、

   2016年7月10日(土)に書き始め、11日の深夜に推敲をする。

      雨宮舜 (本名、川崎 千恵子)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 疑問が多く残る碑文谷事件と... | トップ | ダッカ襲撃事件の被害者へお... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事