銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

逃走男が捕縛された森崎と、北久里浜は、低地を挟んだ二つの丘として、対峙をしている +40年前の北久里浜の山火事の原因は?

2019-06-24 20:53:17 | 政治

副題1、『逃げていた男、捕縛、【森崎】で』

 日曜日の事です。雨の合間を縫って、園芸の仕事をして、11時ごろ、居間に戻ると、主人がにやにやしています。そして、「あれが、つかまった。森崎で」と、言います。すぐ、にやにやしている意味が分かりました。森崎というのは、私達の北久里浜の家から、西へ向かって、一キロほど離れた位置にある丘なのです。行ったことはないのですよ。でも、北久里浜の家に住んでいる限り、毎日の様に、その丘を目にする地域なのです。そして、町の名前としては、隣町となります。

 その二つの丘の間は、低地であり、そこに、横須賀線、京急久里浜線、国道134号、それから、平作川と、四本の、交通、要衝路があって、又、南側には、半島を東西に、横切る形で、横浜・横須賀道路(高速)が、終点の佐原インターへ向かって居る一帯です。

 グーグルの地図を、スケールが、500m単位になるぐらいに拡大をしていただくと、京急北久里浜駅を囲んで、北に根岸町、東に池田町、西に森崎と、三つの地名が出ています。私自身は、池田町と同じ丘の、根岸町に住んでいるので、京急北久里浜駅の真東に住んでいたですが、あの逃走犯が、隠れていたところは、真西に、1キロ行ったところなのでした。

:::::::::::ところで、此処で、挿入ですが、間に低地を挟んで、東西の位置に在ると言えば、我が家の鎌倉市雪ノ下の、家から、井上ひさしの家までと、とてもよく似ています。ただし、雪ノ下と我が家と、彼の家までは、距離を言えば、ずっと近くて、北久里浜の家と、森崎との距離の、二分の一ですが。・・・・・ところで、突然に、このブログの世界へ入ってきた人は、御大、井上ひさし氏(?)を、しかも死んだ人を呼び捨てにすることを、びっくりなさると、思うのですが、彼は、実際には、まだ生きていますよ。

 新幹線焼身自殺事件、山田浩二の、二審での、土下座事案、そして、カリタス小襲撃事件で、加害者が、学生服を着ていた事など、諸処のポイントで、私は、井上ひさしが、起案しただろうなあと、思うポイントを見つけています。それで、抽象的な意味でですが、『ああ、いやだ。もう、指呼の距離で、彼の存在を意識させられているなあ』と、常に、思って居るのですが、・・・・・特に今回は、森崎というキーワードがNHKテレビで、何度も出てきたので、おや、まあ、そっくりな関係をNHKテレビ内で、見るものだと、感慨深く、思いました。で、:::::::挿入を終わります。

 その後、主人に向かって、「で、ヘリコプター、飛んだの?」と、問いました。こういう事件の際は、数機のヘリコプターが飛ぶと、思います。そうしたら、我が家の位置関係について、または、地籍変更届の仕組みについて、地図上の説明が、このブログでもやりやすくなるからです。しかし、それを見越したのか? 一ノ瀬智恵子さんの家は、三鷹ストーカー事件の際は、散々上空から撮影したのに、今回は、一切ヘリからの、映像がありませんでした。警察から、ヘリを飛ばすなと、言う命令が、各メディアに出ていたのではないかしら?

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『北久里浜の山火事の問題を、書いていて、一旦、引っ込めているが、何と、奇妙なチャネリングだろうか?と、驚いて居る』

 この森崎から、真西へ、直進すると、道はないものの、葉山に至ります。そこから、相模湾を隔てて、富士山に到達します。反対に、私達が、週に二度、出かけている北久里浜の家から、まっすぐ東に向かうと、観音崎灯台へ、至り、東京湾を経て、千葉県へ向かいます。そして、二つの丘の、間の低地に、核燃料棒の製造工場があるのですよ。

 また、京急北久里浜駅の真南に、低地があって、そこらあたりを舟倉と、呼びます。そこにやまゆり園みたいな、施設があります。ただし、通所施設です。親元に住んでいて、日中だけ、そこに通う施設です。その舟倉へ向かう京急バスは、JR横須賀線利浜駅とか、JR横須賀線・衣笠駅とか、京急・北久里浜駅から、出ているのですが、そのうちの、50%は、森崎の丘を通るのでは、ないかと、思っております。

 不思議なことに、この三つの駅を始点とか、終点とする京急バスは、すべて、京急の線路より西側を通ります。東側を通らないのです。まさかとは、思うが、これも私を困らせるため?と、ひそかに思っている次第です。

 ところで、私は、22日付のブログ、で、あまりにもいろいろな、事を詰め込みすぎました。で、お読みになりにくかったかと、思って居ます。それで、森崎という地名が、NHKニュースで、大々的に、取り上げられたのを、ある種の縁として、北久里浜における山火事の問題をこの章で、語りたいと思います。

 しかも、最近の各ブログ文と同じく、以前より、ずっと深めて、書きたいと、思っております。明瞭な因果関係をも足しながら、哲学的問題や、宗教的問題も絡めて、語りたいと、思っております。

 土曜日に、あまりにごちゃごちゃと、詰め込みすぎたのは、敵さんが、8個ぐらいの攻撃を仕掛けてきているので、それを全部、一日で、説明をしようとしたので、8個ぐらいの、恐ろしいことが、たって、一章に、込められていたので、大混乱をしたのでした。

 本日は、北久里浜の山火事を中心として語りますが、ただ、それを、語るに至って、前段階をも語らないといけません。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『まず、語らないといけないのは、最近の攻撃の内、一つには、道仏仁子さんの名前が出て来たことなのだった』

 私に対して、三週間前ぐらいから、提案が、なされていて、その提案に乗って、22日は、親戚集合パーティをすることとなっていました。これは、親戚が絡むので、本当のところは、なかなか、語れないところがあるのです。しかし、私は、この話が起きた当初から、これは、私狙いの弾圧であると、見ていました。

 親戚といっても血脈が通じている、親戚同士と、その配偶者とは、違いがあります。22日の会合においては、私は血脈の通じていない部外者の方です。

 今、私は同窓会を通じて散々な目に合わされているのですが、時々は、親戚も使われるのです。パリに住んでいる親戚まで、使役をされます。大切な友人が、わなを仕掛けるために使われたケースが、10回ぐらいあって、親戚が使われたと、明瞭に分かるケースも五回ぐらいあって、今回もその一つです。

 其れについて、前報の後半に書いていた文章をこちらにコピペさせてくださいませ。&&&&罫線で挟んでいる部分です。

その前に、22日は、ひどいことを、さらにたくさん、発見したと、初稿では、言って居ます。*1)、泥棒が、何を盗んでいるかという点で、また、新しい発見をした事と、*2)、花輪夫人のペンキ塗りに、安野夫人が出しゃばってきたという事と、そこに、その日は、書き忘れていた、*3)、神奈川県の崖調査があります。崖調査という攻撃が加わります。*3)、その3つについて、は、此処では、敷衍しませんが、其の3つにとことん怒った私は、相当に、地金を出し始めました。

 地金を出すという事を、わがままの為にそうするのだとは、お考えにならないでくださいね。人間としての基本的権利を守るための闘いに、役立つ手法を取るという事を、そう言って居るだけなのです。だから、やって、当然のことをやっているだけなのですよ。

 ところで、最も緊急を要することは、だれにも相談せずに、直接にブログで、書きます。今回の、この章の、北久里浜における山火事の問題もそうです。そのの件は悪辣な杉本夫人か、仲野通巳吉の采配によって、原夫人が使役をされて、原夫人が私を夜音で、脅かしてきたので、書かざるを得なくなったことなので、書くのです。

 しかし、原夫人は他人ですが、道仏仁子さんは、親戚です。したがって、できるだけ、ブログには書きたくないです。それで、主人に向かって、いろいろ思いを、語りました。

 普通は、それをやらないのですよ。主人には、ほとんど、お手紙で、知らせます。音声は、出さないのです。盗聴をされていますので、言葉では、語らず、必ず、お手紙で、語ります。これだけで、済ませたいのですが、このブログの読者様は、それだけでは何が何やらわからないとおっしゃるでしょうから、もう少し、話を進めます。

 道仏仁子さんという作家(美術系)は、女子美卒です。彼女を動かしてるのは学長の佐野ぬいさんかもしれません。二人は、結構年も近いし、以前から知り合いのはずです。佐野ぬいさんの実家は、弘前のお菓子店、ラグノー佐々木だそうです。その、会社で、弟さん(=くめおちゃん)が社長(又は、会長、または、引退済か❔)をしているらしいのですが、その人が、このブログの、大きな主役の一人である、古村浩三君と、第一男子寮が同じであり、かつ、ラグビー部が、同じなのです。という事は、私のICU在学中、一年時、週に、200時間は一緒にいた、英語のクラス、23人の中(Fセクションという名前のクラス)でも一緒だったという形です。

 で、親戚にあたる、仁子さんが敵に使役をされるのは、古村浩三君 → 佐々木来目夫ちゃん、→ 佐野ぬいさん → 道仏仁子さんと、言う流れではないかと思うのですが、仁子さんは、相当に、実績のある作家(美術系、特に現代アート系)なので、美術9条の会方向から命令を受けて、対私攻撃用に、使役をされているのかもしれません。

 仁子さんは、銀座のすぐ東側に住んでいます。銀座に来るのには、自転車を使って居ます;だから、湘南地方になど来ません。それなのに、急に藤沢まで来るんですって。おかしいです。で、そのことについて描いた前報を、此処に置きます、ちょっとした繰り返しもあろうが、お許しをくださいませ。

 &&&&&&&&&&&&&&&&&  

 ところで本日は、課題Bの罠的デートがあった。非常に嫌なものであって、実際に、それが、起きたという事は、或る名前を出せば証明できる。其のデートに金曜日の、段階では、道仏仁子さんが来る予定だったと、いう事で、嘘ではないし、妄想でもないと、お考えをいただきたい。道仏仁子さんとは、現代アートの世界では、既に、相当有名である。小堀令子とか、一ノ瀬智恵子級の、知名度はあるはずだ。
 デートは藤沢で、行われるパーティに、親戚が集まる話だったのだ。道仏仁子さんは、血はつながっていないのだけれど、親戚である。画廊ヒノキの別館(E or F)で彼女が個展を開いたときに、すでに、少しおかしかったので、私は、彼女について、あれこれを描く、こころの準備は、すでに、できている。しかし、実際に文章を書くのは嫌だから、・・・・・もし彼女が来て、「ブログをやめなさい」とでもいったら、これから先、あのエピソードを書くわよ・・・・・と、主人に向かって、音声で例を挙げていった。仁子さんが知らないエピソードで、仁子さんのはじになるケースを知っている。私の舅の、荻窪でのお葬式の場面である。仁子さんは、来ていなかった。しかし、仁子さんの恥になる・・・・・・または、仁子さんが、身をよじって、悲しむだろうことが、そこであったのだ。それを書く。
 もし佐野ぬいさんが、仁子さんを使役をしたのだったとしたら、佐野ぬいさんは、こういう風に考えていたのだと、思う。美術界におけるランクについては、仁子さんの方が上ですからね。彼女を送り込めば、雨宮舜(本名、川崎千恵子)を押さえつけられるはずです・・・・・と。しかし、佐野ぬいさんは、私の筆力を知らない。佐野ぬいさんは、酒井忠康氏や、中島三枝子さんから、入って来る、風評を真に受けていて、「あの人は、大手出版社から、本を出していないから、「筆力は、低いんでしょう」と、見くびって、おられるのではないですか? いずれ、来目夫ちゃんについても書く可能性がありますよ。待っていてください。そうしたら、お分かりになるでしょう。
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
副題4、『私は、今回の件で、調べものをしたかった。グーグルで、鎌倉市、横須賀市、呉市の姉妹都市を検索すると、外国の都市名しか出てこない。でも、実際には、日本国内で、友好関係にある都市をお互いに持っているはずなのだ』
 
 私は、上の、いやなパーティのケースは、主人側の、親戚が、呉の助役をしていることと、杉本俊一氏が、横須賀市の、副市長だったことが関係をしていると見ています。しかし、道仏仁子さんは、血はつながっていなし、政治的に利用をされるとしても単発的なエピソードとして、書くことができるのですが、今回の関係者の内、仁子さんではない方の関係者は、みんな主人と血がつながっているので、書けないのです。お互いに、お葬式に招いたり、招かれたりする間柄だから。
 でね、ともかくの事として、呉市と、横須賀市が、姉妹都市の関係にあることを、グーグル検索で、確かめて置こうと、決意をしました。ご本人たちに電話をかけたって、電話が盗聴をされているのですから、うまくいきわけもないです。
 ところが、この三都市とも、友好都市として、外国の町しか出てこないのです。
 『おかしい。変だ。これは、私狙いで、こういう風に情報が、非開示になっているのでしょう』と、思い当たるのです。
 
というのも、鎌倉市のケースですが、萩と、交流物産展を開いていて、そこで、私は、萩の井上商店の、わかめの、ふりかけを買うのを楽しみにしているからです。今ね。グーグルの検索ウィンドーに、あれこれの、キーワードを入れたら、其の物産展だけは、出てきました。それで、ここに、其れをコピペしておきます。
:::::::::::::::::
 グーグル、鎌倉市、ホーム頁

更新日:2018年7月18日

姉妹都市物産展

鎌倉市と姉妹都市である都市(萩・上田・足利)の物産紹介と販売。

2018年10月12日(金) 13日(土) 9時30分~16時30分(最終日は15時30分まで)

鎌倉生涯学習センター 1Fロビー

::::::::::::::::

 私は、此処で、逆ザヤを張ります。情報がないのは、私に事実を悟られるのを避けるために、情報が表に出ていないが、その成立情の、歴史的、懸案を顧慮すれば、呉と横須賀は、当然に、親しいはずだ。特にトップの、公務員は、親しいとみている。というのも戦時中は、海軍鎮守府が、置かれていた。また、海軍工廠が置かれていて、軍艦を作っていた。今。呉には、海上保安学校があり、横須賀には、防衛大学校がある。お互いを意識しないはずはないのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『ここから、先の文章としては、初稿に書き、一旦、ひっこめて置いた、部分を、コピペして、此処に置きます』 

 このパーティというか、デートは、大昔の、2011年の、11月3日に、金田佑子さんと、瓜南直子さんが、仕掛けてきたデートと全く同じなので、伊藤玄二郎や、杉本俊一、元横須賀市副市長が、動いて、企画したものだと、思われます。
 
 この親戚のデートだけれど起案者は、杉本俊以一雅子夫妻であろう。この夫婦は、北久里浜の大詐欺事件の時の、大悪人のひとりである。だから、大出世できた。そして、先週の木曜日=2019年6月15日に、我が家の西隣の原夫人を使って嫌がらせをして来た。夜、九時ごろ鉄鍋をコンクリートに落とした様な大音響を挙げたのだった。原夫人は一人暮らしなので、もし、他人があの大音響を出したのだったら騒ぐはずだ。また警官が、行ったとしたら、原夫人は、CIA一味となる。
 
 ところで、原夫人に警告をして置こう。あなたは、私のブログを詳細に読んだことがないのでしょう。だけど、私の筆力を知りませんね。私に対して失礼なことをしたら、あなたが、大変なことになりますよ。
だって、私があなたについて知っていることは単に、あなたの車が、我が家の塀をぶち破って、しかも、植木を数本、殺して、庭に突っ込んだことだけではないのですよ。あなたが勤務に出ていて御留守の間。私は、大変な、お助けをしているのですから、私に背く様なことをしたら、それを書きますわよ。単純に恥を掻くという程度では終わりませんよ。あなたは、数十件の人に、恨まれたり、さげすまれたりすることとなるでしょう。
 何度も言って居る様に、私は神様にサポートをされている人間なので、あなたが知らないでいる事、それは、むろん、杉本夫妻も知らないし、仲野通巳吉一家も知らないことですが、そういう最上級の秘密を、ちゃんと教えてくださっているので、知っているのですよ。だから、私を脅かしたり、いじめたりすると、それを持ち出すので、あなたの方も、損をするのですお。しっかりしてくださいよ。私はリアルな世界では、喧嘩を売らない主義だから、っその日にお宅へ行って、抗議をしたりは、しません。それは、15日のもくようびでした・が、お宅に行って、「何をやっているのですか?」と、抗議をしませんが、その方が後に、引き続くので、怖いのですよ。ちゃんと、正しいことをやってください。地籍変更届の悪は、あなたも被害者の一人でしょうに。
  でもね、中途半端は駄目です。はっきりと書いてしまいましょう。あなたのおぼっちゃまは、山火事の原因者なのですよ。小室さん、鷲尾さん、広瀬さん、仲さんの裏の山の火事の事です。仲さんの次の家はアパートです。その次の家は安さんですね。そのころは、そこは、宅地開発がされていなくてね、山だったのです。お宅の坊ちゃんは、そこで、キャンプごっこでもしていたのではないですか。勿論、一人ではありません。
 しかし、お宅の、あなたの実母である、Y夫人は、美貌のおばあちゃまですが、冷たい人でしたね。私も意地悪をされた記憶がありますが、坊ちゃまは、それをよくわかっていて、後で、祖母からの、言葉で、大きく、両親から叱られると、思ったのでしょう。
 私の方に、「119番してー」と、助けを求めたのです。その後、なかなか、消防自動車が、来なかったので、住民は、みんな、ごみバケツに水を入れてバケツリレーをして、ともかく消し止めたけれど、住宅に燃え移りかねないほどの火の勢いだったのですよ。バケツリレーをしたのは、上に名前を挙げた、四軒だけではなくて、次の列とかその次の列の人も、必死で協力をしたのです。当時、アパートと安さんの前には、小林商店というマンションがありました。そこの住人に東北から来た大工さんのグループがいました。あの火事は、放課後の話で、夕方だったので、大工さんたちもすでに、帰宅をしていて、手伝ったのではないですか。男手だったので、重いバケツを運ぶこともできましたしね。
 
 神様がご援助くださるというのは、こういう事です。お宅のおぼっちゃまは、うちの子たちとは年齢が違います。五歳ぐらい上ですよね。だから一緒に遊んだことはなくて、私の方から、お菓子をあげたこともありません。でもね。本当に困ったときに、助けを求める人は私だったのです。これは、大人も同じです。目立たない人、威張らない人である私、だけど、本当のリーダーは、あそこでも私だったのですよ。ほかのソサイエティでも同じです。自然な形で推移すれば、自然に私がリーダーになります。
 
 ただ、この火事は、40年は前の話です。そして、その時のエピソードが、今、私をたすけてくれます。それが神の摂理です。よいことをすると、連鎖があります。たすければ助けられる。悪意を持って、他人を攻撃すれば、ご自分も必ず傷つくのです。
 
 そして、一億二千万人が注目をしているであろう、逃走男が、つかまったのも、森崎でした。森崎と北久里浜の丘の間には、低地しか無くて、
 
 しかし、悪魔を統括する摂理は、また違うのでしょう。だから、杉本夫人や、仲野通巳吉から、あなたは、又、違う、論点でたぶらかされることでしょうね。それが、露見をするのを待っています。
 
 でもね。あなたの家の前に、高い、高い森度をして、建売住宅を建てて、その中で、水道山を蚕食していたたのですよ。その時に、地籍変更届で、1200坪、その前に、800坪、ただ、で益山重夫氏に、搾取されているのを見逃していますね。
その県では、原夫人は、相当に苦しんでいるはずなのですよ。それなのに、どうして今頃、彼等の味方をして、私を脅かしたりするのですか?
 ところで、杉本俊一・正子夫妻は、私の親戚に罠をかけたのが、成功をしたと、見て、次に、原夫人に手を伸ばしたのです。毒牙にかかってお気の毒にと、言っておこう。

 

 

 

 

 

 

 

コメント