goo

カンタン過ぎ!急げ!小規模(メガ?)ソーラー!!!。

  小規模(メガ?)ソーラー!!!。
近郊で周りは農地に開設されました。
4月20日から送電開始との事です。
昨日、写真を撮って来ました。
ささやかな規模の施設のようです。
4800枚のパネル設置で、
250世帯の年間使用電力量相当、
100万キロワット時の発電予定だ
そうです。(アルミ架台です)。
  施設全体の印象は・・・・
・・・・・カンタン過ぎるぅー!。
整地→設置→運営・・・まで、
あくまでも印象だけですが、
カンタン過ぎるゥー!・・・・!。
250世帯もの電力相当なのに、
小規模すぎるぅー!。
これなら、屋根や屋上はモチロン、
地上でも、イケマスねー・・・・。
   (日本全国!急げ!急げ!)
・・・・農地も余ってるしー、・・。
  震災復興の原動力?
発電事業!?(アリエール?)
地域発電会社になり得ます!予感!。
風力・太陽光と小水力、ゴミ焼却、
地熱熱交換式蒸気タービンと
既存火力・水力で、・・・・・。
  あくまでも・印象!!
印象!!だけですが、じゅうぶん過ぎる
間に合い過ぎる・という印象です。
 (ド素人の勘は、案外、正しい)
えーっと、仮にー、孫正義氏からの
義援金・100億円を元にして、
  ・被災者の方々で、
 ・自然エネルギー発電会社を作り
  ・被災者・みんなが働き
  ・利益を出す!運用する!
  ・次の発電所を作る!
  ・以下・・・この繰り返し!
『外国人の山買い』の真相は、
『以外にも自然エネルギー!』だったり
するのかなー?とも?感じました。
『どこの温泉地でも混成発電売電事業と
■発電力利用産業
■健康医療産業集積地区、
  ・医療施設・老人介護施設
  ・スポーツ健康療養施設
  ・健康介護関連文教施設
  ・温泉水活用薬業製造施設
  ・その他・・有り過ぎ!・・
などで、潤い!発展する予感!』
・・・今となってみれば、やっぱ、
◎◎は必要なかったんデスねー。
・・・・・・貧乏性ですので、
太陽光パネルの下の、地べた活用の
知恵が必要に感じました。
おわり
東電原発事故が起きるまでは、
   自然エネルギー発電は、
   ・発電が不安定だからなー!
   ・発電力が少ないからなー!
   ・費用対効果がなー!
などと自然エネルギー発電には問題が
多い!という論調が多かったのですが
最近!なぜか?見なくなりましたー!
◎◎◎発電は技術推進や物理学新興
という側面もありましたが、
◎◎推進は押し付けられたモノ?で
毎年の国家予算から、
15兆円!を、◎◎する?、
『悪の仕組み』????。
(◎◎◎関係諸団体の年間予算額
 それぞれ2万5千人の職員給与も)
これじゃあ、政治家全員、
『"みんな"命がけ』だなーと感じます
繰言になりますが、
15兆円!35年間で500兆円余!
もしも?自然エネルギー研究開発に
これらの予算を掛けていたら、
いったい?日本国は
どのように発展していたでしょうか?
・・・・・なぜか?、
石井 紘基(いしい こうき)先生の
暗殺事件が思い出されました。
ややこしい時、こんな時代は、
亀井静香先生!お願い致します!。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )