雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか、、」と見つけてもらえたら。そんな思いで書き記してます。

嫌いではにゃい

2013-07-30 00:57:30 | 美味い
「金両=きんりょう」さんから美味しい「ダシ醤油」が届きまちたの!
ののぉーーーっ!ヽ(´▽`)ノワーイ



金両さんというのは瀬戸内海、小豆島(しょうどしま)に蔵を構える醤油の蔵元さん。
明治の昔からずっと、島で美味しい醤油を造り続けていらっしゃいます。

その醤油の製造所でもある金両さんの「醤油蔵」というのは
築100年以上の歴史を持っていて、
国の「登録文化財」の指定を受けているほど風格のある蔵です。
勿論、丁寧に長い時間をかけて作られる醤油さんはもう......とても素晴らしいものです。

中でもこの「だし醤油」はとても人気者さんで、
商品化に至る迄、研究に10年を費やし、
製造には2~3年の時間と手間ひまをかけて作られる醤油さん。

郵送パッケージひとつとっても、
そんな金両さんの長い歴史と「一途な愛」が伝わって来る感じで......
担当は塚谷さんですな、フムフム。。



食にウルサイ友人のMさんが最近蔵元から直送してくれたのですが、
本当に嬉しまくりで感謝しまくり(^^)
冷奴やら、おひたしやら、肉ジャガなどに、
茹で上げたうどんにそのままぶっかけたり、和風パスタにもバッチリだったり。。
嬉し美味しい逸品です。


こうなると、僕のやるべきことはですね......


......先ず用意するのはこの忍者の里、「伊賀国の赤卵」さん。(ノ-^0^)ノキャーキャー♪
近所でお安く買いまちた。



狙いわ!!
ホカホカのお米を炊いて「卵かけごはーーん!」でございますーっ!(≧∀≦)クーー!

俺ってちぃせぇーーーーーっ! (ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ

お米はこの富山県産のコシヒカリさん。



北陸の某お寿司屋さんに入った時、そのお米の美味しさに感激して以来、
「富山米ブーム」が最近のマイブームでございます。。
そのお米をしっかり研ぎ研ぎして、注ぐお水はこの蒸留水、
「ピュアウォーター」にしちゃいマス。。



ミネラルや様々な雑分がほぼ混じってい無い超純水に近い水でございます。
お米の味、調理の味がマンマ出てしまう正直者のお水さんでございます。
普段はおコーヒー用でございます。
ソコに、タマタマキッチンにあった日本酒、大吟醸「越後桜」をほんの気持ち......
キャップ一杯にも満たないくらいだけ入れて、



さらにこの「月の雫の塩」なる塩をコレまた「ホンノ」ひとツマミ。。チビリと。。



このお塩は、
日本海きっての名海岸「笹川流れ」にほど近い山形の海で作られているお塩さんで、
なんと!
満月の夜に汲み上げた海水だけで作られるというとても伝家の宝刀なお塩さんなのです。

まさに月のしずく。

そして最後に炊飯器の中にこの紀州の「備長炭」をポチッ、、と置いて、



炊飯ボタンをポン!
あとは炊き上がりをじーーっと待つでございます。。



......そわそわ。。



あー、、ソワソワ。。。



まだでっかな。。。すんすん。。(´ω`)。。。



すんすん.....



「ピーーーッ!!♪」



キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!



出来たーーーっ!!



そうして炊き上がったふっくらご飯の上に先程の卵さんを載せ、
お待ちかねの!とっておき「金両の出汁醤油」さんをかけて、
出来上がった「卵かけ御飯」様がこやつ様でございまして......



う~ん。。B級の僕にはタマラナク美味しそうでございます。。( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

こう見えて香川、三重、富山、新潟、山形、和歌山のハーモニー。

とても美味しく頂いたのでございます。
感謝でございます。

全部合わせても適当なワイン一本などより全然「お安い贅沢」でございます。

小市民の贅沢でございます。

コノ感じ、
決して嫌いではないのでございます。( ̄∇ ̄*)b イエーイ


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント   この記事についてブログを書く
« ややミステリアス | トップ | 女神の言葉 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

美味い」カテゴリの最新記事