雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか。。」と見つけてもらえたら、、そんな思いで書き記してます。

(//∇//) ポッ♡

2017-03-03 02:50:40 | 面白い...映画&音楽
「タクシードライバー(TAXI DRIVER)」
僕が名優「ロバート・デニーロ=Robert De Niro」さんを最初に知った映画です。
この作品に胸を打たれた僕は、見終わった後すぐ、上の写真と同じポスターを購入。
そのポスターはホンノつい最近まで、ずーーーっと、20年以上もの長きに渡り、
自分の部屋の片隅に飾られていました。今現在は実家の部屋に飾られています。

そして、この映画ではもう一人、僕が強力なインプットを受けた人と出会えまして。
それが監督の「マーティン・スコセッシ=Martin Scorsese」さん。
以降、この方の映画は漁るように全て見させていただいております。
僕の大好きな監督さんの一人(^^)
そんな大好きな監督さんの最新作が先日から公開されていました。
タイトルは「Silence」。日本語では「沈黙 —サイレンス—」と表記されていました。



原作は言わずと知れた遠藤周作さんの名作小説「沈黙」。



江戸時代のキリシタン弾圧の実態と、
その最中に日本に渡ってきた従順で孤高なるキリスト教宣教師達の過酷な物語。

「壮絶」

そんな話を、とにかくまっすぐに見つめ、描いてみよう......という様なところも
「タクシードライバー」の頃から変わらないマーティン・スコセッシさん「らしさ」を
感じさせる作品でした。
見終わった後は、満員の大きな劇場が完全に静まり返っていて。
皆、それぞれ何かを深く考え込んでいるような空気に包まれていました。

今、見たこの映画を、この物語を、自分はどう捉えたらよいのか?
どう考えたらよいのか?
いや、そんなこと考えなくてもいいものなのか?

そんな気配が空間を支配し、
それはタイトルの通り「沈黙」となって劇場を漂っていました。
こんなふうに誰一人、エンディングロールが終わるまで席を立たない、立てない、
というような映画は......久しく見ていませんでした。
本当に久しぶりに、そんな、どこか心が打ちひしがれてしまう映画でした。



「踏み絵は形だけだ。踏み方も自由で良い。
そっと触るだけでも良いのだ。それで自由の身だ......」



九州、筑後守の通訳の役で出ていた浅野忠信さんが言っていたセリフ。
見ていて息がつまったこの言葉は、まるでこの国の「何か」を表しているような、
僕らの心の中に潜む何かを表しているような、そんなセリフにも思えました。
遠藤さんの原作に書かれていた名文も鮮明に思い出されました......



「人間がこんなに哀しいのに主よ、海があまりにも碧いのです」



スコセッシさんが今回描いていくれたのは、
もしかしたらこの文章そのものなのかもしれない......と。
ちょっと哀しく、切なく、やり切れなく。



そんな感じで、今年の2月は、他にもとても良い映画が多かったように思います。
特にこれ。「ザ・コンサルタント」。原題は「THE ACCOUNTANT」
監督はギャヴィン・オコナー(Gavin O'Connor)。
「予想外」に良かったのです。ベン・アフレックさん。当たり役か!?
シリーズ化とかあるのかな?気になる終わり方でしたが。僕的には意外なヒット。
それとこれ。「ドクター・ストレンジ」。原題は「Doctor Strange」
監督はスコット・デリクソン(Scott Derrickson)。



マーベル(Marvel)作品の常ですが、やっぱりハリウッドのCGや3D技術の高さをイヤ!
と言うほど見せつけられました。落ち込んじゃうのです。。なぜか。。
日本は......もう追いつけないかもしれません......
なんて思えてしまう様な最新技術映像とソレを映えさせるカット割りや編集技術も、
画面酔いギリギリの寸止めポイントを完璧に見極めているような感じ。
なんだか絶望的に全てがすごいっす。「This is Hollywood」なんだろうなー。。
それと、最後に......こいつも良かったです。忘備録的に記しておきますが......
「マグニフィセント7」。原題は「The Magnificent Seven」
監督はアントワーン・フークア(Antoine Fuqua,)。



黒澤明監督の名作「7人の侍」をハリウッド西部劇に置き換えたヒット作「荒野の七人」
その「荒野の七人」をさらに現代にリメイクしたという作品。
だからなのか、どことなく日本的な精神性も香る作品でした。
作品が良ければ良いほど黒澤監督の偉大さも改めて強く感じ直させられもして。
ちょっと胸が熱くなりました。個人的にはヒロインの女優さん
「ヘイリー・カタリナ・ベネット=Haley Katharina Bennett」さんがメタクタ良い感じで......

(//∇//) ポッ♡

映画ってよいものですのぉぉ......(//∇//) ポッ♡





この記事はハワイのホテルで波の音を聞きながら書いているのです。
とてもボケボケしてるのです......(//∇//) ポッ♡



カウアイ島(Kauai)、ポイプビーチ(Poipe Beach)でお昼寝中のアザラシさん。
この島もなんだか良いですのぉ......(//∇//) ポッ♡
下の写真は、そのカウアイ島の中でも最も秘境感のある、美しきケ・エ・ビーチ(Ke'e Beach)





僕がこんなにポンチキなのに、主よ、海があまりにも碧いのです......(//∇//) ポッ♡


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 朝ラー | トップ | ハワイ島徒然 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鎖国じゃ! (いのうえ)
2017-03-03 12:24:29
前回の記事のコメントにハワイがどうとかこうとか。まさか本当に。日本は鎖国になりました。先ほど。笑

お気をつけて!
3DCG (和ゐ)
2017-03-03 16:25:11
数年前、音楽をやっている友人に誘われ、3DCGでMVを作ることに。
初めて触った3DCGソフトで、素材1つ1つを自作。
リアルを追求すればするほど時間のかかるレンダリング。
5分の作品で、レンダリング何千時間!?
まぁ、1台のPCでやろうとしたことが、そもそも無謀だったのですが。。
作っていくうちに、さじ加減もわかったきて、なんとか数本は作れましたが、とても大変でしたー。
ハリウッドは、技術はもちろん、設備もハンパないのでしょうねー。
でも、それだけでなく、カット割りや、見せ方などのさじ加減が大事というのは、よくわかります^_^

ハワイ素敵ですねー。
ゆーっくり、癒されて来てください♩
いのうえさんへ。 (amenouzmet)
2017-03-03 18:09:51
鎖国!?帰れないのもいいですな( ̄ー+ ̄)
和ゐさんへ。 (amenouzmet)
2017-03-03 18:14:34
了解しました!( ̄^ ̄)ゞビシッ!
癒されたいです!

コメントを投稿

面白い...映画&音楽」カテゴリの最新記事