雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか。。」と見つけてもらえたら、、そんな思いで書き記してます。

スケール

2016-07-30 21:57:05 | 面白い...映画&音楽
「Game Of Thrones=ゲーム オブ スローンズ」
今世界で最もヒットしているアメリカ「HBOチャンネル」制作のテレビドラマシリーズ。
1話あたりの制作費は6億円以上。
1シリーズは基本10話。シリーズ全体では60〜80億円の制作費となるのでしょうか。
中世ヨーロッパ的空想世界を舞台とした、七王国の国取り乱世の物語。
エミー賞も総ナメ。ゴールデングローブ賞など他の様々な賞も。今や敵無し。
もう残り2シーズンで完結予定。
遅ればせな貴方は、最新シリーズが始まった今こそ見頃です!
......っていうことで、
現在放送中の最新シリーズ以前の5シーズン分を満を持して!
一挙に見てみたのですが......

このドラマ......

ヒドイっす。

お子様の目なぞあったら手のひらで覆っちゃいますのです。

戦国モノですからぁ!そこわもちろんですのよぉぉーーーっ!
......ってな感じでバンバン人は殺されちゃうし。
動物もバンバン死んじゃうし。
血みどろババーーン!の内臓ボボーーン!で。
首は飛ぶは、足は飛ぶは、手は飛ぶは、スプラッターなんて当たり前。
生皮まで剥がれちゃう。。(・_・;
でもって人は売るわ、買うわ、騙すわ、裏切るわ。
娘すらも殺すわ、息子も捨てるわ、兄弟姉妹はどこまでもいがみ合うわ。
親など死んでしまえ!
子供など捨て駒だ!
なーーんて。。
でもキレーなオネーサンはたーっくさん出すのだ!
それでもって全員惜しげもなく脱いじゃうのだ!
......てな感じで......
ま、そこはイイけど......個人的にわ.....(・ω・)

まぁ、エグイっす。

よくもまぁ、ここまでドロドロにしたもんだと。

お茶の間ドラマのタブーなぞおかまいないし。

三国志でも、日本の戦国モノでもここまでエゲツなくは無かったろーに。

そこへきて魅惑の!?
ファンタジーテイストがお口直しのスパイス的にアジテイトされていて。
海外のこの手のテイストではおきまりのドラゴンさんまで出てきちゃいます。
さらにわ巨人さんやゾンビさん達まで。わんさかと。
魅惑的な魔女さんまで出てきて、それわもうグッチャグチャのグリングリンで。
わけわからん。
そんな登場人物やキャラクターなんて次から次へ、出るわ出るわの満員札止め!
な状態で。誰が誰だか?全くもって混乱してしまう物語。


それでも.......


面白い。。


なんなんだ。これ。


人間の嫌なところを徹底的に見せつけるのが一つの確信的演出になっているのだけど、
ツイツイ見てしまう。
面白がってしまう。
罠にはまってしまう。


いかん。


ダメだ。


自分。


コレわ!?鏡なのか!?


ンン!?


しかし、多かれ少なかれ、
ヨーロッパではこのドラマに描かれている様なドロドロな世界、
歴史というのは確実にあったわけで。
個人的には地図を見ていると血の匂いがしてしまい、
ついつい敬遠してしまうヨーロッパって、
ヤッパリ血みどろの大地なのだなぁ......なんてあらためて感じつつも、
それはアジアにも日本にもあった様な歴史なわけで。。
こんな頃の世界と比べれば、
悲惨な出来事が毎日の様に起きている今のこの世界でも、
少しづつマシな方向に進んできている様な気もしたりなんかして。


でも、まだまだこの星から血のニオイはとれないのだろーか.....って。
見ていてなんだか妙な憂いも生まれちゃったりもするのです。


なんか、ひでーなー。。


人って。。


落ち込む。


でも見ちゃうのだ。。(。-_-。)ウーム。。


なんなのだ!( 」´0`)」オォォーイ!


で、ですね、そんな風にこのドラマで漫然となっちゃう気持ちを
なんとなく浄化してくれるのがこの漫画さんで。



「岳 ーガクー」
山登り大好き人間「石塚真一」さんが描いた漫画さん。傑作っす。
最初は友達にオススメされたのですが、とても良い漫画っす。これ。
「ゲーム・オブ・スローンズ=GOT」同様の悲惨でヒドイ表現も
沢山出てきたりもするけれど、でも、ソレはちょっと違った形で。
厳しく残酷な世界で生きるということの「なんたるか」を、
読む人それぞれの感性に委ねる形で表現してくれています。

読んでいると、なんだかとても山に登りたくなるのです。

来月は富士山に登ちゃおうかと企んだりなんかして。。

映画化もされていましたけど、そちらも、ナカナカ、地味に、良作だったっす。
しかしそんな「岳」のフィルムも「GOT」も含めて一番思うのは、
世界をマーケットにしたビジネスモデルとの制作予算の差。

このままでは、エンターテイメントに関しては日本は世界では絶対に勝てないな。

それに付随する技術やシステムも、絶対に勝てない。。

そこで勝つ必要なんてないのかもしれないけど......

でも、このまま漫然としていては、

この世界で働いている意味も無いよーな気もする。。



「そんなこと、何十年も前からわかってはいるけれど」



「ゲーム・オブ・スローンズ」の
テレビドラマとしてのスケールに触れてしまったりなんかすると、
今までとはまた違った感覚で、僕はまた真剣に、
色々なコトゴトに思いを馳せてしまいつつ......
梅雨明けの酷く暑い夏のひとときを過ごしているのでございます。
ポンポン(´-`).。oO



先日、行きつけの箱根の温泉さんに下がっていた風鈴さん(^^)

ドラマ「GOT」の原作は小説らしいのですが、
七王国」という設定にはとても神的なインスピレーションを感じます。
その理由はこの時記した記事のコメント覧のやり取りにサラッと書かれているのですけど。。
地球という星はまだまだ上!?を目指さないといけない星なのでしょうか。
このまま漫然としていては、この星で生きている意味も無いよーな気もするぅ。。
なーんて、どれもこれもムズカちいのですな。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« アラハバキ | トップ | 能登徒然 2 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
GOT (ミワン)
2016-07-31 08:41:00
私はHuluで見ましたが、スプラッタ・グロ系が苦手なのでひゃっうわっ(>_<)となってリタイアしました。
魔術師マーリンくらいがちょうどよかったです。

日本と外国では、予算の規模などが違うから仕方ないのだろうとは思いますが、ドラマも映画も海外に比べると見劣りする部分がありますね。
特に人気アニメ漫画原作の実写映画は………。
変態仮面は、最高でしたけれども!(≧∇≦)

いよいよ富士登山なんですね。
私は9月に登山したことがありますが、その時はもう混雑がなく登りやすかったです。
ぷりりんおねーさんたちをよろしくお願いします(^_^)ゞ
ミワンさんへ。 (amenouzmet)
2016-07-31 11:13:20
富士の護り人、天下のKUさんがいるからダイジョーブでしょ(^_^)ええ。ええ。
GOT観てます。 (ややあかひめ)
2016-08-03 01:57:28
uzumetさんこんばんは\(^-^)\(^^)/
GOTの情報をおしえてくださって
どうもありがとうございます‼
近年はBSで予算たっぷり費やされた中国ドラマや韓流のいくつかの作品を見たきりで欧米の作品は調べなきゃ情報がなかったので、
私もHuluで観はじめました。
私にとってはThe Lost以来の大作です。

80年代半ば頃にはあそこまで洋楽MTVもブームで欧米情報盛り沢山でしたのに、
今はこうしてuzumetさんから聞いて初めて知ったりして欧米エンタ情報は日本の地下アイドルを知ってるか?みたくなってきてしまいましたよね。調べりゃすぐ分かるとも言えますが。

私はこれらはなにげに密かに情報文化規制や制裁が行われているように思っています。
これしか抵抗手段はもうないし(笑)

マンガも是非読んでみたいと思います!

そして、、、こんなにお仕事以外にも活躍活動しているuzumetさんが切なく嘆いているのがカワイイ(ノ≧▽≦)ノと思いまス!
月の話は可愛すぎてお返事ができませんでした。ごめんなさい!お山の話も楽しみにしていますね。
ややあかひめさんへ。 (amenouzmet)
2016-08-03 10:04:43
GOT見るんすか!?女性が!?
ドン引きしますよ〜(; ̄O ̄)
「岳」の方が良いかとぉぉ、、、

コメントを投稿

面白い...映画&音楽」カテゴリの最新記事