雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか、、」と見つけてもらえたら。そんな思いで書き記してます。

足が動かなくなっても

2016-02-13 21:47:22 | 素敵...映画/音楽/珈琲
来週、世界最大の音楽賞でもある「グラミー賞」の発表があるようです。
今回は58回目ということですが、
各賞にノミーネートされている作品はやはりどれもこれも素晴らしい作品達で。
授賞式にはきっと日本からも様々な人々が詰めかけるとは思います。

映画のアカデミー賞もそうですが、ホントに、
世界中から多くの支持と注目、影響力を集め持つ「賞=アワード」を創作し、
維持していくアメリカという国の「権威付けの上手さ」と
「そのシステム作りの上手さ」「概念構築の上手さ」
にはとてもリスペクトしてしまう部分があります。
もちろん、一日本人として、
悔しさも、情けなさも入り混じる様な感情でもありますが。。

グラミーの運営組織は、日本のレコード大賞の様なテレビ番組と共に始まった
一部放送局やメディアなどに主幹がある組織でも、連携組織でもないですし、
コンテンツとしても限りなくインディペンダントな組織運営がなされていたりします。

投票者も世界中に散らばっていたりして、
もちろん国によってその数の大小はかなりありますが、
そういうコンセプト作りもとてもうまい。
しかもその投票者は一般には非公開で、
そのルールを破ると即権利剥奪!というような厳しさもあります。

「あの人は日本で投票権をもっている......らしいよ!?」

などとなっても、当の本人も周りも決して

「そうです( ̄ー+ ̄)ええ。ええ。」

なんていうことも起きません。
全ては権利への癒着防止や
投票者の音楽に対する公平性や判断のピュアさを維持するため。
この辺りの一票にたいする「質」のコントロールも見事な仕切りのように思えます。
多民族国家で育まれた平等性と独自性とをうまくまとめ、構築し、
維持していくための方法論というのは
やはり見習う所がとても多いものだと思ったりもします。

ちなみにこの運営母体である
「NARAS=The National Academy of Recording Arts & Sciences Inc.
=ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス」
という組織は、音楽業界で献身的に働くプロデューサーや機器やレコーディングのエンジニア、
ミキサー職や業界特有のマーケティングに関わる様な人々に至るまでが含まれています。
そのコンセプトにまつわる結成時の有名な逸話としては

「各レコード会社の重役達はハリウッド大通りに埋め込まれる様な人々の他にも、
数多くの重要な音楽業界のリーダー達がいることを深く理解していた」

というものがあって、
レコーディングエンジニアやミキサー、
多くのA&Rやプロデューサーに至るまでが投票して決めていくというスタイルは
この国のメジャーな音楽賞にはほぼ見受けられない
「素晴らしい考え方だなぁ....」
と思わされたりもします。
素晴らしいです。本当に。
我が祖国はこういうところ......とても下手なのですねぇ......(´。` )haa...



「Ed Sheeran=エド・シーラン」さんの「X」というアルバム。
「multiply=マルティプライ」と読むようです。
今回のノミネート作品の中で僕が昨年一番聞いた曲というのが
このアルバムの中にある「 Thinking Out Loud=シンキング・アウト・ラウド 」という曲。
まぁ、もう、何度聞いたかわかりませんが、全部歌えるくらい大好きです。
マーク・ロンソンとブルーノ・マーズの
Uptown Funk=アップタウン・ファンク」という曲といい勝負でしたが(^^)



アルバムでは断然こちら。
「Taylor Swift=テイラー・スウィフト」さんの「1989」
特に3曲目に入っている「Style=スタイル」という曲に関しては
上の「シンキングアウトラウド」や「アップタウンファンク」並みに
聞いてると思います。大のお気に入り曲。
クールなスウィフトな感じがとてもお好みなのです。


今回のグラミー賞に輝くのはどんな曲、作品、アーティストなのか?
今年も楽しんで見させてもらおうかと思っています(^^)


最後に、
大好きなエド・シーランの「シンキング・アウト・ラウド」の歌詞を。。


――――――――いつか君が年老いて、
思う様に足が動かなくなっても、
僕は君を愛しているよ。

だから、
僕が年老いて髪の毛がなくなって、
記憶も薄れて、
ギターが弾けなくなっても、
君も僕のことを変わらずに愛していてくれるよね――――――――


そんな曲です(^^)
聞いていると、
この時記した敬愛する先輩プロデューサーK女史の言葉が浮かんできます。

「どんなに時代が変わっても、人間の基本的な感情は変わらないと思う。
人を愛したり、大切に思う気持ちとか、喜びや悲しみ。
そんな、人の深い部分に触れていく仕事ですよね。音楽を作るっていうことは」

Ed Sheeran - Thinking Out Loud [Official Video]


「Ed Sheeran/Thinking Out Loud」

When your legs don't work like they used to before
And I can't sweep you off of your feet
Will your mouth still remember the taste of my love?
Will your eyes still smile from your cheeks

Darling I, will be loving you
Till we're seventy
And, baby my heart
Could still fall as hard at twenty three
And I'm thinking about how
People fall in love in mysterious ways
Maybe just the touch of a hand
Well me I fall in love with you every single day
And I just wanna tell you I am

So honey now
Take me into your loving arms
Kiss me under the light of a thousand stars
Place your head on my beating heart
I'm thinking out loud
Maybe we found love
Right where we are

君の足が以前のように動かなくなって
僕も君をさっと抱き上げることが出来なくなっても
それでも、君の唇は僕の愛の味を覚えていてくれるのかな
君のその瞳は、その頬の上で微笑んでいてくれるのかな

ダーリン。
僕は70歳になってもずっと君を愛してるよ
そしてね、ベイビー
僕の心は23歳の時と同じ気持ちでいるんだ
今僕は人が恋に落ちる不思議について考えているんだ
ただ手を触れただけで、それだけで恋に落ちたりするんだから
僕は毎日君に恋してるんだ
ただそれを伝えたいんだ

だからハニー
僕を君の愛の腕の中へ連れていってほしいんだ
幾千もの星の下でキスをして
君の頭を僕の高鳴る胸の上にあてて
僕は考えてるんだ
もしかしたら僕は今ここで、愛を見つけたんじゃないかって



When my hairs all but gone
And my memory fades
And the crowds don't remember my name
When my hands don't play the strings the same way
I know you will still love me the same

Cos honey your soul
Could never grow old
It's evergreen
And baby your smiles
Forever in my mind and memory
I'm thinking about how
People fall in love in mysterious ways
And maybe it's all part of a plan
I'll just keep on making the same mistakes
Hoping that you'll understand

That baby now
Take me into your loving arms
Kiss me under the light of a thousand stars
Place your head on my beating heart
Thinking out loud
Maby we found love
Right where we are

僕の髪の毛がなくなって
記憶もだんだん薄れていって
僕の名前もみんなから忘れ去られていって
その時の僕の手はギターの弦も今の様に弾けなくなっていて
それでも君は僕を変わらずに愛してくれるよね

だって、ハニー
君の心が老いることはないんだ
ずっと永遠に
そして、ベイビー、君の笑顔は
僕の心と記憶の中に永遠に刻まれる
今僕は人が恋に落ちる不思議について考えているんだ
もしかしたら全ては予め仕組まれていることなのかもしれないね
そして僕は同じ過ちを繰り返しながら
君がわかってくれることを願っているんだろう

ベイビー
僕を君の愛の腕の中へ連れていって欲しいんだ
何千もの星の下でキスをして
君の頭を僕の高鳴る胸の上にあてて
僕は考えてるんだ
ベイビー、僕は今愛を見つけたんじゃないかって
今ここで見つけたんじゃないかって



Baby now
Take me into your loving arms
Kiss me under the light of a thousand stars
Oh darling
Place your head on my beating heart
Thinking out loud
Maby we found love right where we are
Baby we found love right where we are

ベイビー
僕を君の愛の腕の中へ連れていって欲しいんだ
何千もの星の下でキスをして
ダーリン
君の頭を僕の高鳴る胸の上にあてて
僕は考えてるんだ
もしかしたら僕は今ここで、愛を見つけたんじゃないかって
本当の愛を見つけたんじゃないかって


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ナポリタン!の巻 | トップ | 直会(なおらい) »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
グラミー賞 (プリリンねーさん)
2016-02-16 20:47:59
年間最優秀アルバム
1989テイラー・スウィフト
年間最優秀楽曲
Thinking Out Loudエド・シーラン


だそうで、さすが辣腕プロデューサーでございます。


去年、聞かせてくれた曲でしたね。三ヶ日の時だったかな?

変わらない愛の歌だったのですね。


プリリンねーさんへ。 (amenouzmet)
2016-02-16 20:51:41
( ̄+ー ̄)きらーん

コメントを投稿

素敵...映画/音楽/珈琲」カテゴリの最新記事