雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか、、」と見つけてもらえたら。そんな思いで書き記してます。

2種類の音楽

2013-05-10 00:04:40 | 勇気
「uzmetよ。。あのさ、
“もし” だけどな、
もしこの世界にさ、
音楽の種類......ジャンルみたいなものが2種類しかなかったとしたらさ、
その2種類とは何だと思う?」


以前働いていたレコード会社で、ある日、
社長のNさんに呼ばれ、
社長室でジッ......と、ツブラナ睨み(◎_◎;)!をきかされながら!?聞かれた質問。
その時は独自のインディーズ・レーベルを我儘にも作らせてもらっていて、
まだそのレーベル初の作品を世に送り出すための色々な準備に追われているような時でした。
Nさんは僕のデスクに突然、フラリと現れて、

「よう、忙しいか!? ちょっと話さないか、、、」

と言いながら、直々に僕さんを拉致!?していきました。
僕はそのままNさんについていって、イソイソと社長室に入ると、
Nさんは何時ものごとく!?全くもって超高級な
「Martin=マーチン」のアコースティックギターを小脇にポチッと抱えだし、
ふっかふかのソファーにドッシリコと座られまふ。
そしてポロンポロン......♪と心地よいコードを爪弾きだしながら、
とても社長とは思えないラフさでもって、先ずは礼節!?
としての「定番のコード進行」のお話しや
「そこからハミ出すこと」に関してのお話を一通り受けることになります......はいー。。



アわわッ!?( ̄◇ ̄;) 



ここっ!!



多分......



笑うところっす σ(^_^;)ハイーー......ビビりのビビり。。
Nさん見てたらどしよよよ!??アセアセ。。
んなわけないよな......汗汗......
念の為何時でも逃げれるように車のエンジンかけとこっと......ブィィーン。。。



で、ですね、
ソレ迄にもディレクターになった時からもう何度かこんなことはあったので、
その時もそんなコード話などが落ち着いた後は、
二人して「音楽」についてあーだ、こーだ......と
ちょっとヤンチャでマニアックなトークをして、そして
「ワッハッハーーーっ!」
と、何となく場が温まったような......時に......
突然、冒頭の質問が僕に投げかけられてきたのです。。



「ふぇ? (・・?) 」

「二種類だ。二種類しかないとしたらどう分ける?」



相手は社長であり大プロデューサー。
元アーティストでもあり、
日本音楽界にさん然と輝く軌跡を残してきた御方。
迂闊な答えは命取り......血だらけの大惨事にもなりかねない。
折角お許しを頂いた新レーベル構想も
「やっぱっりだめだぴょーーーん!」
なんて言われたりするかもしれない......
むぅぅぅぅ......
なんか......質問を投げかけてきた時に、
目の奥に「キラーーン☆」と光るようなモノも感じたしな......むぅぅぅ......
わ、罠か!?
もしや何かの罠なのか!?
に、二種類か、
うーむむむぅぅぅぅ。。。。。。



「どうだ!?ン?(^.^)」



な、なんか、ニコニコしてるとこがみょ~に怖いな......むむぅ......
つーか、俺......全く答えのこと考えてへんな......にょにょにょ......



「あのさ、」

「ハイ (・_・; 」

「あくまで俺たちは音楽ビジネスの世界にいるからさ、
音楽でなくて、音楽ビジネスの話になるんだけどさ、
そうするとな、そこから考えると音楽は二種類しかないと思うんだよ。uzmet。」

「。。。」

「その二種類ってのはさ、こうだ。
売れたものと、売れなかったもの。
この世界、これしか無いんだ。
そう思わないか?」

「。。。」

「ビートルズもストーンズも、クラシックだってさ、
バッハだろうとモーツァルトだろうと、ベートーベンだってさ、
今のマーケット構造とは当然全然違うとは思うけどさ、
当時の社会という中で、あるレベルまで人々に認められ、話題になって、
ヒットみたいな形になっていたからこそ、きっと、
今に至るまで大勢の人に届くものとして残って来てるんじゃないかと思うんだよ。
だからさ、先ずはヒットしてさ、それで大勢の人に知ってもらってから初めて、
そこから人々が時間や歴史を超えてソレをどう伝えていくか、、
残していくかってことを始めていくんじゃないかと思うんだよな。
どうだ?」

「。。。(。・・。) 」

「先ずはさ、音楽ビジネスだからさ、ヒットさせて、そのスタート台に乗らないとな。
そうでないと意味がないよな。この仕事やっているさ。
大事に思える作品であればあるほど、アーティストであればあるほど、
そうしてあげたいと思うんだよな。
どうだ?」

「......すげーそう思います。。はい」

「みんなさ、アーティスティックだ、カッコイイだ言われるものがあったとしてもさ、
何年も何年も経ってそれでも残ってる音楽っていうのは、実はみんな最初に
そんなヒットという壁を乗り越えたものがそこに辿り着けるんじゃないかと思うんだよな。
きっとさ、
音楽って言うのは人類が始まった頃からあってさ、
モーツァルトなんかの時代にしても彼よりももっとカッコ良くて、
スゲーっ!て言われてた音楽ってのも絶対にあったと思うんだよ。
そういうの創ってる人っていたと思うんだよ。
いつの時代でもさ、そういうものって必ずあったと思うんだよな。
でもさ、ヒットという壁を乗り越えないとそんなモノもみんな忘れ去られちゃうんだ。きっと。
後の時代に伝えられなくなっちゃうんだ。
そういう意味でだけど、、消えちゃうんだ。
今そんなクラシックの時代、その当時カッコ良かった音楽なんてお前知らないだろ?

......そんなふうにさ、無いものになっちゃうんだよ。

だからさ、イイモノ、カッコイイものというのであれば尚更、
先ずはな、ヒットさせてあげないとな。
プロデューサーってのはさ、そう出来ないとな」



ーーーーーそんなN社長との会話。
もう、10年以上前の話。
それでも、とても鮮明に覚えています。

なんか、色んな音楽......いや、
自分の「仕事」というものに対する「甘え」や「幻想」みたいなものを
完全に吹っ飛ばされた記憶として僕の中に刻まれているということなのでしょうか。

なんだか、
今でも新しいプロジェクトなどに取り掛かったりする度に
この時のNさんの話とマーチンのギターの音が聞こえてきます。
この話は、あくまで「ビジネス」というフィールドに立った上での話しですし、
決して「正誤」を問う様な話とかでも無く「ただ単に」「そんな話」
それ以上、以下でもなくて、
どう受け止めるかも、理解するのかも全て自由な話。
その時のNさんもそう言ってました。
そして、僕がとても良く解かっていたことは
「その時の僕にはとても必要だった話し」
なのだということ。



「厳しい世界へようこそ(^^)」



Nさんがことあるごとに、冗談ぽい雰囲気で、
ちょっと優しく微笑みながら口にしていた言葉。
こんな言葉や出来事さん達というのは、
今の僕の中ではちょうど「お守り」の様にして仕舞われています。



新卒の入社試験の時に頂いたN社長の会社のCD付きパンフレット・ブック。
僕にとっては永久保存的なものです。
書類審査を通過した一次試験の参加者全員に......それは日本青年館一杯!の二千人!(@.@)
の人達に先輩社員や役員の方達から「手渡し」で配られていたもの。
このパンフレットと青年館のステージ!?ライブ?会社説明会?
や先輩方の立ち振る舞いを見て、

「絶対この会社に入りたいべよ!」

と当時の僕は思った次第でございまふ......
幸運な事に、社会人として最初に働けた会社、触れた人々がこの会社の方々であったことを、
僕は今でも本当に感謝していて、とても幸せなことだったと心底思っています。
仕事における基本的な事、大切なことや人々と出会わせてくれたかけがえのない会社。
僕にとっては最初から最後に至るまで「家」の様に思えていた場所。


このパンフレットの最初のページに書かれている偉大な先輩、
プロデューサーK女史の言葉。


「どんなに時代が変わっても、人間の基本的な感情は変わらないと思う。
人を愛したり、大切に思う気持ちとか、喜びや悲しみ。
そんな、人の深い部分に触れていく仕事ですよね。音楽を作るっていうことは。」


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 5月の海 | トップ | 上野ルネッサンス »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つきひ)
2013-05-15 05:12:32
売れるからいい音楽だって世の中になったりしてる気がしてます
音楽でビジネスって 難しそうですね
きょうみはあるけど なかなかな

なんか ぶっきらぼうにへんなこと書いてすいません
ブログを読ませていただいて思いました
amenouzmetさんは 素敵な人に囲まれています
これからも読みにきます
つきひさんへ。 (amenouzmet)
2013-05-15 23:33:51
コメント嬉しいです。ありがとうございます(^_^)

売れるものに共通していることは「何かの役に立っている」というようなことだと思えます。
音楽でもそれは、、例えばデートの役に、会話の役に、騒ぐために、ダンスの為に、あの娘!の気を引くために、近づくために、仲間を作るために、入るために、、何かしらの役に立つものに人は大切なお金を払うのだと思います。

なので「いい曲=売れる」では無いのでしょうね。

アートを自己表現として、その中に含まれる「何かの役に立つ」という「道具的」な部分の占める大きさがある範囲を超えていくと、、商業的な響きを纏ってくるのでしょうね。

「いい曲」というのは誰かが放った自己表現が自分の中の何かと共振して響いてくるような「何か」を有している曲で、故にソレはきっと凄く「私的」なものになるというような気がしています。
そして、それで十分なのだと思います。

だからヒットを作るということは、自分という個人の自己表現と社会というモンスター!?との共存、共栄、、「共振」の為の接点を見つけて行く、作り出していくというような作業に思える時があります。
その方法は千差万別個性あるものとして、でもそれはきっとどんな仕事にでも共通している作業なのではないかな、、とも思います。
だから僕はどんな仕事も全て大変で難しいのだろうな、、と思っています。

コメントを投稿

勇気」カテゴリの最新記事