雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか、、」と見つけてもらえたら。そんな思いで書き記してます。

5月の始まり

2019-04-30 00:59:52 | 面白い...パワスポ寺社
——————最後にもう一話だけ、平成最後の記事へと続きます。
それはこれまで幾度か記して来た大好きな5月の話でもあって、
令和の話ともなるのでしょうか。


☆「5月」関連の過去記事☆
5月の海
5月の香り

☆「織部の唐津の酒呑童子」シリーズ過去記事☆
1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8



この記事は「織部な唐津の酒呑童子」の「9」としていたのですが、
記しているうちに、これは五月の話でもあるのかな、と。
そんなふうに感じられたのでタイトルも変えてみました。
続きとなるお話の方は、ここまで記してきたように、
酒呑童子でもあった唐津の神は上杉謙信であった時も含めて、
人として生きていた時は何かと戦いの多い生を送っていたようです。
そんな神様が、僕が黒織部の沓形茶碗を手にしたときに

「西尾の抹茶がいいぞ」

と言うのです。
......少し、考えてみると......茶の道を切り開き、磨き、
作ってもきた人は利休さんをはじめ多くの茶人であろうと思われますが、
その広がりと発展に大きく関与した人となると、多くの武人達ではなかったか?
とも思うのです。一番有名なところでは、利休さんを引き立て、
生涯後ろ盾ともなっていた織田信長がそうですし、
空前絶後の規模と言われる茶会を開いていた人物も、その織田信長を継いだ豊臣秀吉で。
伊達政宗も上杉謙信も多くの武将たちもとにかく茶を愛していたと伝わっています。

なぜか?

きっと、戦さで殺気立った心身を落ち着かせるために、和らげるために、
そんなことに効果があったのが「茶の湯」だったのではないかと、そう思えるのです。
今に残る記録などを見ても、
武人たちの多くは戦場にお気に入りの茶碗を持参して行ったりもしていたようで、
時に戦(いくさ)のお守りとしてもいたようです。
そしてそんな効能は現代でも同じなのではないかとも思えます。

仕事の合間の一杯。
遊びの合間の一杯。
人とリラックスして語らう時の一杯。
そんなお茶というものが、
コーヒーや紅茶というものが、
いかに人の心を落ち着かせてくれるものなのか。
そんな部分を武人は愛したのではないか?と、僕はそう思うのです。
コーヒー好きの僕が「黒織部の沓形」の茶碗を手にしようと思ったのも、
そんなことに対する好奇心もありました。
そして、イザ、見よう見まねで抹茶を立ててみると、
その味はやはり心落ち着くものであって。
どことなく静かな心持ちにもなれて。
癒されもしたりして。

気がついたのは、

それは僕の好きな五月の感触に似ているということ。

春先の荒れた空模様も散り去った桜の花々と一緒に一段落がついていて。

暑くも寒くもなく。

湿気も少ない空気に満ちていて。

そこ此処に夏に向かう希望とキラキラさとが満ちていて。

海も山も川も、どことなくホッとした穏やかな表情をたたえていて。

それがあまりに優しい感じなので、心の「隙」も安心して見せられて。

聞いて欲しいあんなことやこんなことも......誰かに打ち明けることもしやすくなって。

そんな五月には、

今年は、

新しい「令和」の時代が始まります。

カラツの神の胸の刻印から以降、激しくなったとり急ぎの神用も、

なんとなく一つのポイントにまで来れたのか......と。

故あって急いていた神々へのお手伝いも、なんとか、ここまではやりきれたのか、と。

その、一旦のお疲れさまのシルシとして「黒織部の沓形」なのであろうか?と。

そんな茶碗で飲む「西尾の抹茶」は、

僕にはどこか五月の香りと味がするのです。

それは過去記事でも書いていた通りの味で。

純粋で透明な味と香り。

僕の大好きな、色の無い、五月の味と香り。



そんな五月の直前。桜が満開に咲き誇っている頃。
新しい茶碗で飲む抹茶と満開の桜にあいそうな
「練り切り(ねりきり)」なる生和菓子をつい買ってしまったのですが......
......それはツカヘイさんが強引に勧めて来たもので。
その「練りきり」を、
コニャ(奥さん)と一緒に家の側を流れる多摩川の土手に茶立て道具と一緒に持っていき......
僕にとっては妙に心地よい時間ともなって......





こんな「黒織部の沓形茶碗」を最初に目にした東京、根津美術館では、
今度は「酒呑童子展!」が開かれることとなったようで......
そのタイミングにはまたまた驚かされつつ、
唐津の神からの招待も受けていたということもあり、
ねーさんと一緒にパトロールに......



そんなこんなの諸々の出来事の後、もう一つ、
神様からの強烈なのガイドを受けて導かれてしまった場所というのがあって......
それがここ、東京、九段下にある築土神社(つくどじんじゃ)。
あの首塚や神田明神とともに平将門さんを祀っている重々しくも由緒のある神社。
戦火で消失するまで将門さんの首桶が安置されていたのは、実のところコチラの神社さんで。
桜が満開の週にナント!3度も!通うこととなってしまったのです......







将門さんの好きな久保田の「萬寿」を持っていって。
「あれば嬉しい」
と言っていたおつまみも添えて。
境内で少しだけ、一緒に酌み交わし......



そのすぐ横には「世継稲荷」なんていう社(やしろ)が......
そうか......世継ぎ......か......



陛下が元気なうちに皇位を譲位されるというのは、
崩御とは違い皆が暗くなる様なこともなく、どこか明るく、希望に満ちた雰囲気があって。

「陛下は本当に英断をされたのだなぁ......」

と、深い敬意を抱いたり。
そして萬寿という歴史ある名酒には、箱を開けると小さなシートが封入されていて。
そこにはこんなことが書かれています......



世の中は平成から「令和」へと継がれていくようです。

僕の感じる令和の響はどことなくクールでエレガント。

エレガントとは?僕の中では「理知と良識を基とした美」という感じでもあって。

そんな美意識が大きくなっていく世となっていくのでしょうか。

そして、令和の「令」は、

僕にはどこか「霊」という文字にも見えてしまい。

霊の如く目に見えない領域での「和」とは、

それは嘘のない心からの和ということになるはずなのですが......

全ての人の霊性が磨かれ、発露もされ。

ようやく現実と見えない世界とが完全一致をしていき。

それは霊現一致のリセットであるのでしょうか。

「令」にはリセットという意味での「零=れい=ゼロ」という言葉も含まれているのでしょうか。

すると、そっち系?で大きな利得を得ていた様な人は?かなりの罪を問われそうでもあり。

その罪は、実はどんな犯罪よりも重いものであったのだということも......

思い知らされもするようで......

数ある宗教にしても......そういうものかも?しれません......

そんな時代を前にして、

とても強く、上位の神でもあるハズの「カラツの神」は、しかし、

こんなことを言っていました。



「今日も頑張ります」



もうすぐ、

僕の大好きな五月が始まります。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 織部な唐津の酒呑童子 8 | トップ | ひつぎ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (プリリンねーさん)
2019-04-30 07:06:12
「5月の香り」は、懐かしい気持ちです。

まだ、出会ってすぐの頃でしたね。
私の表現力がないことを表現してくれたのかと思いました。

今回の唐津の神の話も、あなたが信じてくれなければなかった話でしたが、「7」は、何度読んでも泣いてしまいます。

魂が震える感じですね。

本当にお疲れ様でしたが、まだ続きそうですね。

ありがとうございます。
Unknown (poke)
2019-04-30 12:26:01
uzmetさん、こんにちは。

昨日は貴船神社〜伏見稲荷大社〜河合神社〜下鴨神社へ行ってきました。出発前には京都は雨予報。明日は1日雨かなと思っていましたが、振り返ってみれば過ごしやすい花曇りの1日となりました。
雨が降った後の草木の香り、地面から上がる苔むした香り。葉から滑り落ちる露が参道の岩に当たる音、そして少し湿気を帯びた澄んだ空気に響き渡る鳥のさえずり‥。ところどころでシャガが咲き、朝の貴船神社はとても居心地がよく^_^
去年の台風で結の社が壊れていたようですがお社はきれいになっていて、参拝できてよかったです。
伏見稲荷大社はやっぱりの人、人、人で。
本殿をバックに自撮り棒で写真を撮ろうとしたのですが、画面の中には長く白い雲のようなものが写り込んで、動くのです。それは尻尾のようにも見えて。。もしかして、眷属のキツネさん?だったのかもと。奥宮までは参拝しましたが、千本鳥居から先には人だかりで進めそうにはなかったのと、人酔い?でグラグラして気持ちが悪くなったので奥宮の参拝で伏見稲荷大社を後にしました。

最後に。ガイドさんが九星気学の見地から見た令和について話をしていました。「令」は「れい=ゼロ」となり、今まで積み上げてきた「和」を「ゼロ=なし」にするので、九星気学的にはよくないと。
でも、私はこのようなマイナスのイメージではなく、uzmetさんが書かれているような、再生、プラスのイメージのほうがしっくりきているのです。連休のこの時期は、休養が必要な時期のようです。uzmetさんはじめ、神用に関わるみなさま、ゆっくり休養なさって英気を養ってください。
いつもありがとうございます😊 これからも応援しています。
プリリンねーさんへ。 (amenouzmet)
2019-04-30 15:33:51
泣けますのーーー(T . T)ぶぇ

続きますのーーー(*´ω`*)もふーん。。
pokeさんへ。 (amenouzmet )
2019-04-30 15:44:46
確かに、ここ数年の京都は「のんびりする」にはちょっと厳しいですよね。
商売をされている方々にとっては激増する観光客は嬉しいコトだとは思いますが、
僕個人としては、最近の京都にはチョット萎えちゃってます。
好きなんすけど。京都。とても。。
観光に対する新しい「何か」を、もう一つ、価値観も含め示し、施さないと生活者の街という面は失われていってしまうかもしれません。
それがなくなると、、ハリボテの様な、、街にはしたくないですよね。。
Unknown (as)
2019-04-30 20:32:31
カラツの神様の「今日も頑張ります」という言葉からは、
真摯さと芯の強さを感じ、敬服します。
私も頑張ります。
asさんへ。 (amenouzmet)
2019-04-30 21:27:53
僕も同感です(^^)
Unknown (Lica★)
2019-05-02 03:32:44
山口に住む私が、平成最後と令和初日を岩手で過ごす
謎な時代の節目でした…。
北上川を何度も渡り、駒形神社、中尊寺、毛越寺、宮沢賢治童話村と、雨の中回りました。
きっと時間差で、
また何かに気づくのかなと思っています。

からつの神様の「頑張ります」に涙です(T_T)
神様が頑張っていらっしゃるのだから、私も頑張らないと。
そして、Iさんが頑張っていらっしゃるのだから、私も頑張らないと。
そう、思います(^^)

こちらのブログに来ると、いつもフラットになります。
ギザギザやトゲトゲが、ふっと。
令和の時代を、現実社会で良くするも悪くするも我々人間次第なのだ。
だからくよくよせずしっかりせねば!

いつもいつも、ありがとうございます◎
Lica★さんへ。 (amenouzmet)
2019-05-02 10:20:00
こちらこそ。いつもありがとうございます。

コメントを投稿

面白い...パワスポ寺社」カテゴリの最新記事