雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか。。」と見つけてもらえたら、、そんな思いで書き記してます。

ポプラさんと桜さん

2013-03-11 00:03:25 | 勇気
毎年、大体このくらいの時期に
玄関の脇にあるポプラの木の枝を落とす作業をします。
枝々を切ることを決める毎年の基準というのは、僕自身が

「もう完璧に春やなぁー。。むむーーん。。」

と感じた時。
ポプラというのはトテモ大きくなる木で、
大きな公園や街路樹に植えられていることも多いのですが、
生命力があって、成長スピードも異様に早く、寒さにも強い。
中国の砂漠化に対する緑化施策で植えられる木もこのポプラさんが多いそうです。
そんな木ですからほっておくと夏を超える頃にはとんでもなく枝葉が生い茂るので、
この時期に余計な枝を全て落としておくと、秋頃迄スルッと、
ノビノビ勝手に伸び放題!......にしてあげられるのでいつもそうしてます(^^)

今年の冬はとても寒かったからなのでしょうか、
切っていた枝々からは例年になくとても「硬く」て「強い」感じを受けました。
寒さから身を守る為に木々達も少し表皮を厚く......厚着?
をする様になるのでしょうか?
専門家ではないので良く解りませんが、
なんとなく切っていて受けた印象はそんな感じでした。
もし詳しい方がいましたら是非教えて下さひ (o゜-゜o)ノ

そして面白い事に、
若枝にチョコチョコと並んでいる若葉の「芽」も、
いつもの年よりなんだか少し多いような気がしました。
こんな感じ。。。



もうじき桜の季節。
家の直ぐ側に流れる多摩川の土手に生い茂る桜の木々も
玄関横のポプラさんと同じような雰囲気を漂わせています。
枝々に付いている「芽」がイツもの年より多いような感じ。。。



そして今日は東日本大震災から2年が経つ日。



あの年の春、
黄色い菜の花に覆われた土手に咲いた満開の桜の花は、
何だか「励まし」をくれていたようで......
僕はその桜の木の根元にしばし座り込んで、
色々な思いで目前を流れる川を眺めていたことを覚えています。
桜の綺麗さがいつもの年よりも深く深く、目に、心に、
染み入っていたことも覚えています。



思うに、
桜はその越す冬が寒ければ寒いほど、
厳しければ厳しいほど、
美しく綺麗に咲くのでしょうか。



厳しい冬が桜を綺麗に咲かせるのでしょうか。

厳しい冬が人に桜を美しく見せるのでしょうか。

僕の、僕らの歩む道も、そうであればいいな、と。

きっと、そうなのかもしれないな、と。



今日はそんなコトを思いながらポプラの木を切っていました。
春の、そんな一日。



上にも記した、震災の年、川沿いの土手に咲いた桜さん。
菜の花さんも。。
今年もきっと美しく咲いてくれると思われるのでございます(^^)サケサケ......

and......
WBC、侍ジャパン決勝ラウンド進出おめでとー!(●´▽`●)/ カンパーイ♪酒酒......


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« まわし者か!? | トップ | いただきます。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして、初コメントです! (めぐみ)
2013-03-12 02:22:02
はじめまして!めぐみっていいます、他人のブログにいきなりコメントするの始めてで緊張していまっす\(^▽^)/。ちょくちょく見にきてるのでまたコメントしにきますね(。・・。)ポッ
めぐみさんへ。 (amenouzmet)
2013-03-12 13:18:28
はじめまして!コチラも金鳥、、いや、緊張してまふ。とても光栄です。何かあれば何時でもコメントお願いします!(><)/恐縮!

コメントを投稿

勇気」カテゴリの最新記事