雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか、、」と見つけてもらえたら。そんな思いで書き記してます。

能登徒然 2

2016-08-03 22:16:09 | 美味い...パワスポ寺社
「真脇遺跡に行きターーーイ♡の」

なんてね。
そんなマニアック過ぎるリクエストをポンチキなご友人達と神様ズ!?
から頂いちゃったもので。
それで少し前に、北陸、能登半島の先の方まで皆様をご案内していたのでやんすけど。
まぁ、例によってまた、

「行ったよーーん。。」

なんて、誰かに鼻高々に話せるようなトコロでは無いのですね。ええ。
マッタク。ポンチキで。
でも友達と一緒に久々に訪れた真脇縄文遺跡さんは、
まぁ、相変わらずのパワー感で。
癒される癒されるで。

ナーーーンにもないし。

相変わらずの真脇。
ボケっちゃうボケっちゃうで。



それでもって能登の地の神々に深い縁を持っている人達と訪れたりなんかすると、
遺跡の中心に聳える環状木柱列(かんじょうもくちゅうれつ)では本当に不思議な!?
「光の柱」なんぞが立っちゃったりして。
降りちゃったり!?なのか......まぁ、驚くべきことでして。ええ。ええ。



信じなくていいよー( ̄▽ ̄)



信じると笑われちゃうよー



歯ぁみがけよぉぉー



そんなポンチキーズも行きたがる!?
ナーンにも無い「真脇遺跡」に関しての興味深い!?お話は、過去記事の
巫女姫の太鼓
シェフの見る海
能登徒然
あたりを見て頂ければと。ええ。何卒。
能登の秘密がわかる
ニコニコBAR 9
あたりもナカナカ良いのではないかとも。ええ。ええ。
なので今回の記事は「能登徒然」の「2」となるわけです。
それでもって、今回の能登の徒然旅で殊更にカンドー的だったのが、
この「雨晴海岸=あまはらしかいがん」っていうトコロで。



上のリンク記事の中にも出て来る所なのですが、
あの源義経さんが逃避行中に雨宿りをした所......
ということで名前がついた場所です。
雨宿りをしたのは海岸にある大きな岩の穴の中だったらしいのですが、
風情ある海沿いの線路を渡ったトコロには、
その伝説の巨大な洞窟岩の上に「義経社」という小さな神社があるのです。
もちろん、先ずはその岩に登って、社(やしろ)にご挨拶を(^^)
美味しいお酒もお持ちしまして......





ココは知る人ぞ知る!世界でも唯一無二とも言える、
綺麗な海からそのまま3000メートル級の山々が聳え連なる姿が見えるという海岸。
海から天の壁の様に立ち並ぶ山々の美しさに、
ついつい泣き晴らしてしまう......と言われる名所。
しかし、流石に富士山級の山々が連なる、そんな
立山連峰」が頂上まで綺麗に見える様なことは一年を通してもナカナカ無く。
データでは年平均で100日あるかないか、だそうで。
それがこの日は、梅雨の季節の雨予報の中でしっかりと姿を現してくれて......
僕等は山が見えることに関してはカナリの諦め気分で行っていたので......
わたくし......



ちょーかんどー!!



してしまったのです。
僕的には何度も訪れているところではあったのですが、
この場所から立山連峰の頂上までが綺麗に晴れ渡って見えたのは初めて!
のことだったのでございます。ちょー泣けるー!!(T 。T)ぶぇぇ



この日のそんな風景が、
地元に住んでいる人達「以外」にとっては如何に貴重でありがたいモノなのか?
ということは、やはり上記した
シェフの見る海
という記事あたりで確認して頂ければと思いまするのです。ええ。ええ。

それでもって、この地でも!
今まで味わったことの無いレベルの光の柱が
三つ巴模様の太陽さんの姿と共に降りて来たりしまして......その、
この海岸での光柱(こうちゅう)は僕もこれまで経験したことの無いレベルのものでした。
一緒にいた友人達も驚き桃の木の初体験!で、
ワキャキャでアゲアゲな状態となっていて。
そーとー鳥肌的に感激していたと思われます。はい。

実際に光柱を体験したことがある人なら分かると思うのですが、
まぁ、本当に、なんなんでしょう。アレ。
一人じゃダメなんす。基本的に。
出てくれないのです。
どんなポンチキ能力があろーとも。ええ。

「一人でやりまちたー!」

なんていうお方わポンチキ以下のチッチキチーですから。ええ。ええ。
それは光柱では無く、光に包まれている感覚だと思われますし。ええ。
光柱というのは、幾つかのジグソーパズルの様なピース......
必要な人や魂さんがあって、それが必要分全て揃った上で、更に!
天の意図とパズルピースさん達の意図と意志が重な流ことによって、
更に更に、それでも!
リアス式海岸の様な複雑な輪郭を持つパズルピースさん同士がピッチリ!
と合わさる瞬間が起きないと、コレがマッタク降りてこないわけなのでやんす。
それらの要素のどれ一つが欠けても、
タイミングがわずかにズレても......
ダメなのでやんす。
そんな「偶然」を奇跡的に通り抜けると、皆のいる場が突然!
ある一定の範囲で筒の様に立体的にヒカリだして、
体も心もピカピカに軽々しく、あたたかく、嬉しくなる感覚に包まれちゃうのです。
お喜びーっ!って気持ち以外の全てが消えて無くなっちゃう感じ。

「成仏だい!サヨナラだーい!( ´ ▽ ` )ノ 」

ってな感じ。

「ありがとぉぉぉーーーっ!」

て、意味もわからず泣けちゃう感じ。
元気も内側からピカピカと湧き出るよーな、エも言われぬ溢れるパワー。
光る金粉の様なものがヒラヒラと手のひらや頭に降り注いでも来る感じで......
マッタク......



信じちゃダメだよー( ̄▽ ̄)



早く寝ろよぉぉー



この光柱が立った海岸の近くには、
言わずと知れた氷見(ひみ)という日本一有名な!?漁港があるわけでやんすけど、
特に有名なのはブリとか、ブリとか、ブリとか。
ちなみにコレが驚くほど美味しい氷見のお寿司さま。
「のどぐろ」を炙っちゃったりして。ええ。ええ。



「氷見前寿司」さん。立派に回ってるお店ですけど。ええ。
回ってないお店以上に!?美味いのですね。
なぜ氷見の魚が美味しいのか!?
はコレマタ前出の過去記事の方でチェックしてもらいつつ、
そちらの記事にお刺身さんなどの写真は載せちゃったので......
今回はお寿司の写真を載っけちゃいますのね。
こちらが噂のブリさんで。時期的に「寒ブリ」ではないのですけど。
でも、やっぱり半端なく美味しい。



前回記事で、

「能登のお気に入りを紹介するには一度ではとても無理でやんすな......」

と記していましたが、その時記せなかった美味しいものを、
また新たに幾つかリークしちゃいますとですね......コチラ!



「牛屋=ぎゅうや」さんの氷見牛コロッケ!
さらにわ!地元のお友達が大推薦するジェラート屋さん
「マルガージェラート」本店さん!



能登半島の真ん中辺りの、山あいの平和な田園風景の中に忽然と!
現れるお店なのです。
おいらは基本の「チョコラータ&フレッシュミルク」に、サービスの
「一口トッピング」で
「つぶつぶイチゴシャーベット」さんを選んだのです(●´ω`●)ワクワク



でもって、ですよ。
こちらわ能登牛の野菜蒸し焼き定食さんですの。
「見附茶屋」さんのランチメニューさんで。ええ。ええ。



こんな風光明媚なズラ島
(以前も書いたけどハゲズラみたいだから!本当は軍艦島とか見附島)
を眺めながらね食べちゃうのですね。



あと、輪島牛のステーキドンブリ!さん。
お店は輪島、朝市通りにある「わら庄」さん。
こちらは別格の美味しさで。ええ。ええ。
痩せないと。僕さん。ちゃんと。ええ。



でも輪島といえば、これ!名物「藤田総本店」さんの「かかし」さん。
ウズラの卵とソーセージとフランクフルトがこんがりアツアツの揚げたてなワケです。
B級人としては外せませんのな( ̄+ー ̄)



そんなこんなの食べ物話ばかりをしていると、結局今回も......
能登のドープ&ヤバヤバスポットの話までは届かないのでヤンスなぁぁ......
むぅぅーん......まだ記す時期ではない......ってことなのかなぁ、
どーなんだろ......

また今度やね!(`_´)ゞビシッ!


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

コメント (12)   この記事についてブログを書く
« スケール | トップ | 大丈夫 »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (青葉)
2016-08-03 23:26:45
はじめまして。『青葉』と申します。1年前ぐらいからブログを拝見しておりますが、コメントするのは初めてです。いつにも増してポンチキな文章(?!)にもかかわらず、なんだか、感動してウルウルと涙ぐんでしまいました。
そして、このページを開いているあいだ、血管が拡張したのか、体がポカポカとしてきて、何か、あたたか〜いエネルギーをいただきました。
無性にamenouzmetさんにお礼が言いたくなったので、思い切ってコメントさせていただきます。
いつも、いつも、ありがとうございます
超ご多忙だとは思いますが、今後も更新を楽しみにしていますね。
青葉さんへ。 (amenouzmet)
2016-08-03 23:42:30
初めまして。青葉さんは能登に縁がある方ですね。
コソッと教えますと......実は、ヅラ島の写真の右上の雲さんは、トォォーーーッても、パワーあって尊い神様でございます。
今回の写真の幾つかには、そんな神的な力や姿が入っていたりします。
素晴らしい感性をお持ちですね(^^)
おふとりさま (プリリンねーさん)
2016-08-04 05:29:59
記事を読んでいると、食べてばかりだなぁと思いました。

出会ってからおふとりさまになった訳がよくわかりますな。

走れ!泳げ!と言われるのは、わかっておりますわよ。


前日が大雨だったとは思えない、清々しい1日でしたね。
カンドーの連続、神様ありがとう。ですね。

あの、長距離ドライブに連れて行ってくださったあなたにも、感謝です。

プリリンねーさんへ。 (amenouzmet)
2016-08-04 10:15:02
走れ!泳げ!飛べ!腹筋10回!ψ(`∇´)ψ
雲は完璧! (青葉)
2016-08-05 16:54:32
amenouzmetさん
雲の秘密を教えていただき、ありがとうございます。すごいですね!子供の頃から雲を見るのは好きだったのですが、このブログの題名のとおり、まさに雲は完璧な姿だったんですね〜〜。
 私は福岡在住ですので、能登ははるか遠いイメージですが、私に『いにしえの縁』があるとは、嬉しいです!ぜひ、機会を作って、このページに乗っているところ全部行ってみたいと思います。(揚げ物はちょっと無理かな〜〜
こんにちは❤ (ややあかひめ)
2016-08-05 18:11:18
早く寝ろよ~とブログでuzumetさんが雄叫びを上げてるのを見て、私が前回コメントをアップした時間は遅かったので反省しました。

余談ギリシャの神様といえばおふざけアニメポロポロポロンちゃんのお話で知った私でした。
知ってますか?クマクマカエルナハハデチョン
今回はそんなノリでしたね(^w^)
Unknown (す)
2016-08-05 22:36:49
能登に行きたいなぁ。
相変わらずお忙しそうですが、どうぞ御身お大切に。
青葉さんへ。 (amenouzmet)
2016-08-06 01:37:23
福岡はよく行きますよ(^^)友達も沢山いますので。
昔、糸島や北九州の神々は日本海を北上し、島根を通り、能登を回って、新潟から東北にまで往来していたのですね。
ややあかひめさんへ。 (amenouzmet)
2016-08-06 01:41:50
おちゃめ神ですな( ̄ー+ ̄)
す さんへ。 (amenouzmet)
2016-08-06 01:44:35
ありがとうございます!(^^)

コメントを投稿

美味い...パワスポ寺社」カテゴリの最新記事