ミルクティーの午後のつづき

好きなこと あんなこと こんなこと

春は来たの?

2017-03-07 12:08:59 | 日々のこと
先週木曜、都立高校の合格発表がありました。
子供は学校から、私は発表の時間に着くように家を出た。
校門に近づくと、既に合格したのであろう生徒たちの喜びの声が聞こえてくる。



受験番号の載ったボードの前に立ち尽くすチュージを見つけた。
さりげなく隣へ。
目線の先を追うと、チュージの受験番号は、ない。


ないね。

「ボクって29でしたっけ?」←29は、ある。

いや、28だね。

「やっぱり?はは、何回見ても、ないな。」


うん、そうだね。
じゃあ、お母さんは帰るね。チュージも学校に報告しないとね。

「うん。」


私はその足で銀行へ行き、私立の入学金を振り込んだ。


まぁ、内申点が足りない、合格率の低いとこにチャレンジした結果なので、こうなることは覚悟していたのだけど、やっぱりちょっとがっくりきたな。
それはチュージも同じだったと思う。
ボードで受験番号を見ているチュージの背中を忘れられない。



でもそんなこと言ってても仕方ない。私立に縁があったと思って、そこで悔いのない高校生活を送ってほしい。


学校から帰ってきたチュージは、既に気持ちを切り替えたのか、サバサバしていた。

「ま、別に私立の方でも良かったし。」

こっちは金かかるから都立が良かったよ!(←私、心の声。


そんなに落ち込んでなくて、良かったのか何なのかww


次の日には高校へ足を運び、入学手続きとか制服注文とか色々。
あっという間だなー。


来週金曜日は卒業式です。
泣く予定はありません。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アリガトゥショコラ | トップ | 春の嵐にぐるぐる »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そっか (マリーコ)
2017-03-09 11:27:17
うん。ほんと高校も大学もどこに縁があるのかわからないもんね。

憧れの高校に受かって燃え尽き症候群、とか言いたくないけど、そんな感じで転学した娘。

今でも、あの時落ちてて私学行ってたらどうなってたんやろ?充実した女子高生を送れたのかも…なんて言ったりも。

チュージくんもそこでいい友達でも出来たら万々歳!
新しい生活楽しめますように!

親はどうなっても切ないね。切ないのプロになるね。いや、プロになってないから毎日辛いのか(^_^;)
マリーコさん (ame)
2017-04-13 18:01:07
一カ月以上コメント返信できなくてごめんなさいっ!!

チュージは高校生活始まって一週間経ちましたが、まだ友達とかできてない模様…
元々友達作りが苦手で時間がかかる子なので、そのうち何とかなるとは思うけど、楽しんでるのかなぁ。

切ないのプロ!!!
そうかぁ、いっそのことプロになってしまえばつらくないのだな。
ずっとアマだな…。

コメントを投稿

日々のこと」カテゴリの最新記事