路上の邂逅…2月

ストリート
Double Orange
Survive (初)女の子4人のボーカル&ダンス
Candy
Yuka (初)ギター弾き語り
藤沢美樹 (初)キーボード弾き語り
RAM
arie (初)女性ボーカル
・ピース
Aurora (初)女性ボーカルと男性キーボード
Natsural
with a will (初)キーボード弾き語り
七川礼位
伊吹唯
YOCCO
apr. (初)女性ボーカルと男性ギター
viviwet
いわさききょうこ
栗原優 (初)ギター弾き語り
ネロウメロウ (初)女性ボーカルのバンド
ヒトミリリィ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

井上陽水奥田民生@お台場

老若男女、まさに様々な観客。若い女性がやや多めで、拍手歓声の中から多く民生コールが聞こえた。
左に井上陽水、右に奥田民生。スタートは陽水がボーカルで、奥田民生のハーモニーが乗っかった。そして挨拶も、井上陽水から。奥田民生があいづち。ただどちらが主導というのでもなく、二人揃ってとりとめのない、脱力したトークを展開する。陽水がへんなこと?を言い出し、奥田民生が笑って反応する。そんな進行。やたらホモネタを引っ張る。
二人で作った最初の歌は「アジアの純真」かと思ってたら、違ったんだねーと後で両人も知ったらしく、その曲も歌ったりする。奥田民生が演奏を失敗するハプニングもあった。弦が一個違ったと言っていた。貴重なものにお目にかかれましたね、と陽水。
陽水が作った歌を奥田民生が歌い、奥田民生の曲を陽水が歌う、なんてこともやった。
さて観客だが、すし詰め状態である。総じておとなしい。アンコールも黙々とした手拍子だったし。
そのアンコールで「渚にまつわるエトセトラ」を、アジアの二番煎じ、と堂々紹介しちゃってたのが、何かさすが大物ふたりって感じがした。個人的にはかなり笑える…ぬるくて楽しいライブでしたよ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

akB@新宿

糸川マコト  (初)
ギター&ボーカルに、ピアノの伴奏。
結構低めで迫力のある、ハスキーな歌声。多少の粗さはあるが、一方で明るく高めに響く部分が魅力的にも聞こえる。ちょっと拍手のしどころが掴みにくかった。

おまみ  (初)
ギター&ボーカルに、パーカッション。低めだが、通りの良い歌声だ。ちょいエスニックを彷彿させるサウンドも印象的。お喋りが少し緩慢ではあったな。もっとギュッと詰まると良さげである。

yuka
ボーカルに、ピアノ伴奏。アダルトな歌声だ。大人だ。ちょっとムーディでバラードが中心。すっごいけだるいトーク。やっぱ大人だ。

akB
ギターをジャカジャン弾きながら、潤いのある…かつハスキーだという、矛盾してるような、でもそう表現するしかない歌声。ギターを弾く姿が絵になるアーティストさんである。今回はピアノとパーカッションのサポートもあり。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鈴木亜美@渋谷

070208_2209~01.jpg

鈴木亜美は白系のナイトドレスで現れ、高椅子に腰掛ける。バックにはアコースティックギターとピアノ。登場時には、観客から拍手と、若干の亜美ちゃーんコールはあったが、静かなスタートと言えた。落ち着いた歌の流れに乗って、白いサイリウムがそっと揺れる。サイリウムは物販に置いてあった。
会場内はギュウギュウ詰め。22時半スタートの夜遅い公演である為、二十歳以上でないと入れない。男性が圧倒的に多かったが、女性も少しいた。
短い挨拶を挟んでアコースティックで数曲歌い終えた後、暗転。ふうっと大きな鈴木亜美のため息が聞こえた。ひと段落してワインを飲みながら、観客と会話しながら話を進めるという設定らしいが、鈴木亜美も驚くくらい混みすぎていて、だいたい鈴木亜美によるグダグダトークとなった。内容としては、私ってタフだと言われるけど、それは学生時代の陸上のお陰とか、デビュー時の番組の話、アミーゴというあだ名は小学生の頃に先生から付けられたとか。それから休業中、自分でホームページを作って感動したとのこと。偽者と思われないように、子供時代の写真をたくさん貼ったのだとか。当時もらったメッセージは全てプリントアウトして、大事に保管しているということだった。途中、だってー凄い見られてると観客の目線を気にし出したり、当時のこと覚えてるけど覚えてないんですよとか言い出したり、バックの演奏者の名を失念して、とうとう呼び間違えるなど、まあグダグダ感が好きな人にはたまらない展開も見せる。
後半は打ち込みの音も入って、アップテンポになる。ここから観客の手拍子とか掛け声も入る。んで午前零時が近付いてくるとライブを一旦中断、前方の観客一人一人、応援お祝いメッセージをアドリブで収録する。頃合を見計らって再び歌、曲のイントロに合わせて、60秒前からスクリーンでもカウントダウン。年越しみたい。
午前零時ぴったり、金のテープが発射され、ハピバスデー♪の合唱となり、目頭を押さえる鈴木亜美。ケーキのローソク消しセレモニーも無事に行われる。
この後、鈴木亜美は袖に下がる。スクリーンで友人のお祝いコメントが流れて時間を繋ぎ、戻って来たら、ロングTシャツにジーンズのラフな格好。ここからはバックダンサーも付いて、盛り上がる内容になった。観客サイドには束のサイリウムとか、ハイジャンプも見受けられた。ギュウギュウなので派手にはできなかったが。
終了は零時半頃、しばしアンコールの声援が響いたが、結局アンコールはなかった。渋谷ももう、終電間際の時間だしね。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

佐藤ひろこ、笹生実久、シミズリエ@荻窪

佐藤ひろこのイベントだから、最後に出るのが普通じゃん。でもみんな酔っ払うでしょ、嫌だからオープニングアクトは譲れないよ、とのっけの佐藤さん。この人の悲しい歌は、切な過ぎる。乾いた歌声、豊かな表情も相まって、そう感じる。文句はないが、何だろ、ある種、決まりすぎるところがあるのかな。

笹生実久
そーっと、しんみり。しとやかなギターの弾き語りでは随一のものがある。そのしとやかさで、ちょっと変なお茶目トークをする。とぼけぶりがだんだん強烈になってきてないか…。

シミズリエ
グランドピアノを演奏するところを見るのは初めてか。どちらかと言うとポワンポワンなエレキのイメージがあるので。それと関係あるかどうか分からんが、本人曰く、エレキから入ったのでピアノは得意でないとのこと。そのMCに反応して、声を上げまくる佐藤さん…。

佐藤ひろこ
パーカッションのサポート。パーカッションを加えて、佐藤さんは更に映える気がする。ソロなら悲壮さが目立つが、パーカッションの賑やかさが、それを覆い被せてくれるような、中和させてくれるような。
曲作りは身を削る思いだが、ライブは楽しいという話をした。
自らもパーカッションを叩き、向き合ってのセッション。サポートの人は水も使っていた。ウォータードラムって言ってた。非常に珍しかった。

ラストはしみりえがピアノ、笹生実久がタンバリンを叩き、演奏に加わる。
ライブ全体が、佐藤さんに引っ張られてる気がした。しみりえも、笹生実久も、みんな。佐藤さんはそういう盛り上がるライブを作ることができるアーティスト。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Salyu@横浜

暗転して拍手、バックにアニメーションが映る中、バンドメンバーが配置につく最中に拍手、演奏が始まり、ゆっくりとSalyuが歩み出て来て、一階の観客はスタンディングになった。観客層は成人中心で、成人は全般って感じだったかね。
Salyuはバンドメンバーをソウルメイトと呼んでいた。壮大なスケールのナンバーが続き、軽く振り付けなどもあったが、全体としては無難というか、波乱とかなかった。アンコールに、アコースティック編成での披露をした。本編は黒い衣装だったが、アンコールは白いドレスで、そっちのほうが豪華だった。まあその辺が変わっていたと言いますか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

石野田奈津代@渋谷

自由席で、後ろの方は立見も出た。各出演者の持ち時間が短くて、個人的に消化不良の感は否めなかった。なので一口感想にとどめておく。つだみさこ、イズミカワソラ+DAUGHTERは初めて観た。

つだみさこ
オープニングアクト、ピアノ弾き語り。すっごく落ち着いた雰囲気だった。

妃野アキラ
ピアノ&ボーカルで、ベースのサポート。今回はこれまたすっごく静かな雰囲気だった。

より子
ピアノ弾き語り。壮大というか壮烈、深い迫力があるよね。

イズミカワソラ+DAUGHTER
会話からスタート。2人のバイオリンのサポートで、イズミカワソラがピアノを弾きながら歌う。童謡的な子供っぽい歌声した、ほんわかなアップテンポ。後半はバイオリンが下がり、もう一人ピアノが入る。これでイズミカワソラ+DAUGHTER。

石野田奈津代
チョコチョコとした動作で現れ、観客を起立させ、発声練習をさせる。特に意味はなかったが、観客をリラックスさせる為だろう。言動が面白くて良いよ。それできっちりライブは締める。低くてしっかりとした歌声で。前半はギターの弾き語り、後半はピアノの弾き語り。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )