Natsural@高田馬場

グランドピアノを演奏しながら歌う3人のアーティストの競演だった。

小口麻里  (初)
力強いピアノに、力強くも清らかさのある歌声。愛らしくもあり、惹きつけられるには十分。歌のメロディもそれに見合った優しさであった。

Natsural(ナツラル)
この人のライブになると、時間がゆったりと流れる。歌や声はもちろんキャラや佇まいも含めて、そういう空間を作り出す。ピアノの演奏も柔らかい。ちょっと久々なライブのせいか、いつになく高揚したテンションでお喋りをしていたが、そのやんわりとした空気はいささかも損なわない。

木下直子  (初)
前の二人に比べると、深みがある。ギターの伴奏つき。演奏にしても歌にしても円熟していて、隙が見受けられない。そこがポイント。ユニットを組んでいるという戸城佳南江という人が一曲ゲストで歌った。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  masae、佐々... 路上の邂逅…6月 »