ナツラル、大津貴子@高田馬場

移転して、内装はほとんど変わらないまま広くなった四谷天窓というアコースティック向けライブハウス。
このブログで良く取り上げるところの、ナツラルと大津貴子の直接対決が実現。他のアーティストさんは初めて観た。

伊達恵子(Ke-ko)
ピアノ、ベース、パーカッション、バイオリンのサポート。低くてハスキーでとても張りのある低音で、シャンソンかなーと思った。

ナツラル(Natsural)
キーボード演奏、前半はベースのサポートも。
しっとりした、とても美しい歌声。ほんわかしていて気品がある。ナツさんは、弾き語りをするようになって以来、回を追うごとに危うさ、たどたどしさは抜けて来ているのが分かる。その分だけ思い切りの良さが出て来た。切実さというか、赤裸々な本音っぽさを前面で感じるようになった。
お喋りの方は、相変わらず緊張していそうで、グダグダモード。まあ、ほんわかしてて本音っぽくて、これはこれで良い。

むさしのこまち
ボーカルとピアノの女性ユニット。高めに響いて耳に残る歌声。鐘の音のように。ピアノのコーラスも相まって、ムード感の漂う内容だった。

大津貴子
序盤はキーボード演奏、後半は立ってボーカル。ギターのサポート、終盤は更にキーボードも加わる。
全力で歌うってのが伝わって来る。限界ギリギリで、これを超えると乱暴と受け止められかねない。そういう歌声の出方をする。
立って歌う時は、軽快にリズムを取る。アップテンポの曲…キーボード以上に、ギターの小気味良くも深い音色が似合う。貴子さん自身、サポートを得ることによって安心感があるのか、より奔放で楽しそうである。バラードではいつになく凛々しくもある。
ただ段取りとか進行は、やっぱり苦手みたいね。ステージ移動は文字通り足元が危なかった。何というか、慌てないで落ち着いて。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« Bearsluck@秋... 小柳ゆき@お台場 »
 
コメント
 
 
 
行かれてたんですね。 (asacchi)
2006-10-02 23:22:41
この日は、新宿に用事があったので、そこが終わってから行って、スタッフの皆さんにお会いして帰ってきました。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。