はぴの自作カフェ 2nd

子育てと仕事に勤しみながら自作PCを模索する漢の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【不可解?】Athlon 200GEとAsRock B450 ITX/ACでM.2 SSDがx4の速度で動いた!!?【悲報】拡張スロットは使えない!?

2018-11-01 17:03:51 | 低消費電力APU

みなさん、こんにちははぴです^^
今年ももう2か月しかありません、もう年の瀬で気が慌ただしくなっている今日この頃です。

さて、前回よりイジイジしているAthlon 200GEですが、巷の情報でM.2スロットがx4で動いているなどどという嬉しい誤算があるらしい???
ということなのでその情報は本当なのか検証しておりました。

そしてGIGABYTE B450 I AORUS PRO WIFIでの検証途中・・・
!PCI-Express x16スロットが認識しない!ことが判明!
ITXマザー唯一の拡張スロットが使えないっ!のです><

そもそもMINI-ITXマザーなのでUSBや、有線・無線LANはそろっているので不便じゃないといえばそうなのですが、やはり不便です^^;
TVチューナーや、ストレージ、オーディオPCにしたければサウンドカードなど、その時々に必要なものを挿したくなりますし。
公式で発表されているPCI-Express Gen 3 x4のスロットとして使えるはずなのに??です。
現在のところ唯一の拡張スロットは使えない状態です。認識も何もされません。
MINI-ITXマザーですから拡張スロットは1本です。Micro-ATXや、ATXの拡張スロットが多めにあるマザーでどのような拡張スロットの配置なのか情報が欲しいですね。
それらのマザーでは拡張スロットのうち使えない物や、PCI-Express x4のスロットがあるものか、またAthlon 200GE固有の制限が他にもあるように思われます。


さて、他のMINI-ITXマザーではどうなのか急遽調べてみることにしました。(普通にGIGABYTE B450 I AORUS PRO WIFIそのものが故障している可能性もあるので;;)

AsRock Fatal1ty B450 Gaming-ITX/ACにてAthlon 200GEを搭載しM.2 SSDにはIntel 760pを搭載しOSインストール。
まず、唯一の拡張スロット(PCI-Express x16形状)ですが、認識していませんでした@@
GIGABYTE B450 I AORUS PRO WIFIマザーと同じ症状><;


そして、M.2 スロットに搭載したSSD Intel 760pのCrystalDiskMarkの測定結果です。

本来はM.2スロットはPCI-Express Gen 3 x2の帯域幅(16Gb/s=2GB/s)しかないはずですが・・・x4になってる

INTEL SSD 760p 256GB M.2 PCI-Express Gen 3 x4(帯域理論値32Gb/s=4GB/s)で接続している模様@@
CrystalDiskMark 6.0.2 x64

SeqQ32T1 Read  3160.0MB/s  Write 1136.9MB/s
4KQ32T1  Read   794.5MB/s Write  497.1MB/s
Seq           Read   321.1MB/s  Write 202.1MB/s
4K             Read   51.04MB/s Write  123.3MB/s


2018/11/01時点 BIOS 1.20 ~ 今後の対応で変わってくる可能性があります。




PCIのツリー表示が詳細に表示できるHWiNFO64を使用してみました。
APUなAthlon 200GEは内蔵GPUにRadeon Vega 3を搭載しています。
CPUとの内部接続はPCI-Express Gen 3 x16での接続みたいです・・・






まずは、マザーボード関連
PCI-Expressx1が6個、PCI-Expressx4が2個、PCI-Expressx16が1個搭載されているようですが、これMINI-ITXマザーなので無意味ですね。
内部チップとの接続に利用されている模様です。







さて、ここからが重要!
Athlon 200GEから生えている「PCIe GPP Bridge[6:0]」と呼ばれるもの。
これはB450チップセットとの接続に使用されているようでPCI-Express Gen 3 x4ときっちり公式発表通りの接続。
ツリーの表示からUSBポートとB450チップセット内蔵のS-ATAポート、PCI-Express Gen2 x1接続で有線LANと無線LANに使われています。






もう一本「PCIe GPP Bridge[6:0]」が出ておりましてPCI-Express Gen 3 x4の帯域。
でこれはなんとx4の帯域のままM.2スロットに接続されている様子@@
AsRock Fatal1TY B450 Gaming-ITX/ACの場合にですが、しかも2018/11/01BIOS1.20時点です。
この場合、Intel 760p SSDとx4で接続されていますw

本来なら、ここはPCI-Express Gen 3 ”x2”のはずです。
というよりも自由に組み合わせ出来る?ということでしょうか?
公式では、PCI-Express Gen 3 x2とS-ATA x2の構成ですが、ここをPCI-Express Gen 3 x4にも出来るってこと?






次にあるのは、Athlon 200GEの内部コネクトにあたる「Internal PCIe GPP Bridge 0 to Bus A」
ここはPCI-Express Gen 3 x16の帯域で、GPUのRadeon Vega 3とUSB 3.1コントローラーがぶら下がっています。





もう一本、Athlon 200GEの内部コネクトがあり「Internal PCIe GPP Bridge 0 to Bus B」
こちらもPCI-Express Gen 3 x16の帯域で、Athlon 200GEが搭載するS-ATAコントローラーにつながっています・・・
・・・S-ATAコントローラーにx16レーンも帯域がいるんですかね?ここいらはちょっと不思議な気がします。






引き続きMINI-ITXマザーの拡張スロットが使えない状況に陥っています。
PCI-Express Gen 3 x4のスロットはいったいどこにいったのか行方不明なんですが、引き続き調査していきたいと思います。
ちなみに、GIGABYTEの「AMD Athlon 200GEプロセッサー対応状況について」のニュースでは、GIGABYTE B450 I AORUS PRO WIFIマザーは拡張スロットがPCI-Express Gen 3 x4で使えるとなっています。
AsRock Fatal1ty B450 Gaming-ITX/ACの製品情報ページでは、Athlon 200GE使用時、拡張スロットはx4モードで動作するとの表記があります。

・・・こちらの環境では使えない・・・なんでだろう。




にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 35WなAthlon 200GEはAMD期待... | トップ | Athlon 200GE!1.0.0.4Cアッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

低消費電力APU」カテゴリの最新記事