はぴの自作カフェ 2nd

子育てと仕事に勤しみながら自作PCを模索する漢の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

EPYC

2018-03-17 15:39:23 | サーバー機

こんにちは、相変わらず花粉症で鼻グズグズ中のはぴです^^

去年ZENコアベースのRyzenが発表・発売されましたが、サーバー向けにもOpteronの後継としてZENコアの「EPYC」シリーズが投入されていました。

・・・捕獲してみました。





マザーは先に到着済みでしばらくお飾り状態でした。





SP3ソケットと呼ばれるものですがTR4ソケットと形状が同じものです。
とはいえThreadripperなCPUは搭載不可能。




こんな組み込みになります。KGPE-D16+Opteronを彷彿とさせます。





CPUクーラーはNOCTUAのNH-U14S TR4-SP3を使用。TR4クーラーと互換性がありますので、TR4対応クーラーはSP4対応でもあります。





Windows 10はサポート外のようですが、インストールも出来、起動も問題ありません。暗号化コントローラーなるドライバが認識されませんがそれ以外は正常に認識されている様子。





Radeon Vega Frontier EditionはEPYCシステム上だとクロックが正常に認識されず;;








NUMAノード数としては、8個になります。
コア数は64コア、スレッド数は128スレッド。




CINEBENCH R15を回してみました。

EPYC 7501
CINEBENCH R15
OpenGL      84.99fps
CPU-Multi    5779cb
CPU-Single    118cb

Opteron 6376 64コアのCINEBENCH R15はMulti 2058cb(Single 46cb)だったのでIPCの向上はAMD CPUにとっては一番良い結果をもたらしているといえます。





消費電力
Windows 10起動後 アイドル時 167.4W
CINEBENCH R15 負荷時   469.5W

CPUの負荷で500W近い消費電力となります。
GPUの負荷はさらに上乗せとなりますので、1000Wクラスの電源は必要不可欠ですね。



にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Ryzen 5 2400GでのcTDP35W設... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

サーバー機」カテゴリの最新記事