波打ち際の考察

思ったこと感じたことのメモです。
コメント欄はほとんど見ていないので御用のある方はメールでご連絡を。
波屋山人

世界各国の森林率を見て思うこと

2008-04-06 03:30:55 | Weblog
日本在住のオーストラリア人、マーガレット・プライスさんの著書「神楽坂日記」に、日本は水資源が豊かな国だ、というようなことが書かれていたと思う。
たしかに、日本では水が不足している地域は少ない。

ほとんどの欧米や中国の主要都市は、日本の半分以下の降水量しかない。
だから、欧米や中国の方が街がほこりっぽくなっていることが多いし、人々の肌も乾燥していることが多い。
雨が多いとうんざりすることも多いけど、わるいことばかりではない。

・世界各国の降水量
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jdf/Dambinran/binran/TPage/TPKurabeKousui.html

雨が多い日本では、田んぼでも畑でも庭でも公園でも、放置しておけば数年のうちに草で覆われ、木が生えてやがて落葉広葉樹や常緑広葉樹が多い雑木林となる。
下草も多く人が足を踏み込むのも難しい林となる。
山岳地帯の、高齢者ばかりの限界集落は、数十年もすれば森に飲み込まれてしまうのではないかと言われている。
日本は庭や畑の草抜きがたいへんだけど、植物の生育には適している。

日本より湿度が低く気温も低い欧米では温帯ではなく冷帯に属する地域も多く、下草の少ない針葉樹林が多い。下草が少ないと森の中を歩くのは簡単。

植生にはその地域の気候が大きく影響するから、森林面積を増やすことがむずかしい地域も多い。降水量の少ない地域では木が育たず、どうしても草しか生えないところも多い。

中国は降水量が少ないことに加え、人口増加や工業化の影響で砂漠化が進行している。
オーストラリアも旱魃が続き、砂漠の面積が拡大している。

ただ、かつて森林に覆われた地域で、気候があまり変動していないのに森林が少なくなっている地域も多い。
それは、都市化された地域だったり、穀物や家畜の生産工場と化した地域だったり。

近年では、ブラジルの森林消滅が進行している。穀物やバイオエタノールを得るために森林を伐採してサトウキビ畑や大豆畑・小麦畑にしたり、牧牛を育てるために牧場を作ったりしている。
均質の商品を大量に生産するためには、広い土地を利用することが必要なのですね。
一昔前の悪しき資本主義というか、下手な生産性至上主義でしょうか。

横浜や多摩や私鉄沿線は、ほんの100年前は山や林だったところが多い。それが切り崩されて今では崖の上にまで家々が並んでいる。

ドイツやイギリスやアイルランドなども、2000年前は都市部のローマやギリシャから遠く、うっそうとした森に覆われていた。
それが、今ではドイツ30%、イギリス12%、アイルランド10%程度の森林面積しかない。平地の林が伐採され、牧草地や農地にされた。


地球温暖化に関連して二酸化炭素の排出量を削減しようという流れがあるけど、それと平行して、地球規模での緑化運動を進めてもいいのではないだろうか。
森林面積を増やすことは地球環境の浄化につながる。
森林は二酸化炭素を吸収し、酸素を排出し、多くの生命を育み、地表の温度を下げ、環境を安定させる。

私は、世界の緑化を日本政府が提案し、国連が主導して緑の地球作りを進めてもいいのではないかと思う。

具体的には、各国の森林率50%を目標にするのだ。
2000年前の地球は70%以上が森林だったのではないか。
それが今30%まで下がっている。最大の原因は、人類の存在と活動。

また、すでに森林率50%を超えている国でも、地域ごとの森林率を見ればいい。
東京都の森林率は36%、埼玉県と千葉県が32%、大阪が31%。
これを50%以上にすることを目標にしてもいい。

・都道府県別森林率
http://www.rinya.maff.go.jp/toukei/genkyou/shinrinritsu.pdf


世界の森林率は約30%。
東アジアは約20%。
日本や韓国は60%以上だけど、モンゴルや中国の北部・西部は森林率が10%以下。

アメリカ、カナダ、メキシコはそれぞれ33%程度。
ヨーロッパは、フィンランドは70%以上、スウェーデンも70%弱の森林率だけど、
スペイン、イタリア、ドイツ、スイス、ギリシャ、フランスなどは30%前後。
イギリス、オランダ、アイルランドなどは10%前後。


北海道や、イギリス・フランスなどのヨーロッパの田園地帯は美しい。
広く開けた牧場の、小高い丘に生えている牧草は絵になる。
だけど、そのような風景を見ると私はこんなことをふと感じる。

「この風景はとても美しい。すばらしい。だけど、ここは何十年もむかしは木々に覆われていたのではないか。土地が、苦しんでいないか。
かつてこの土地を覆う木々が日陰をつくり、落ち葉を供給し、水分をキープし、動物や微生物など多くの生命を育んでいた。
その世界が一掃されたあとのシンプルな牧草地帯は、多くの水をキープする力もない。そのうち降水量も減ってしまうのではないか。貴重な生態系を滅ぼし、環境に大きな影響を与えているのではないか」



世界森林資源調査2005(FAO)という調査がある。
下記のPDFファイルの220ページから、世界各国の森林率についての記載がある。
英文だけど、興味のある人は見てください。
ftp://ftp.fao.org/docrep/fao/008/A0400E/A0400E00.pdf

国名 森林面積(1000ha) 森林面積(%)

ザンビア        42,452   57.1
ジンバブエ       17,540   45.3
マダガスカル      12,838   22.1
南アフリカ       9,203    7.6
ケニア         3,522    6.2
(東・南アフリカ合計) 226,534   27.8

スーダン        67,546   28.4
エリトリア       1,554    15.4
エチオピア       13,000    11.9
モロッコ        4,364    9.8
エジプト        67      0.1
リビア         217     0.1
(北部アフリカ全体)  131,048   8.6

コンゴ         22,471   65.8
コンゴ民主共和国    133,610   58.9
赤道ギアナ       1,632    58.2
カメルーン       21,245   45.6
セネガル        8,673    45.0
コートジボワール    10,405   32.7
ガーナ         5,517    24.2
ナイジェリア      11,089   12.2
(西・中央アフリカ全体)277,829   44.1

日本          24,868   68.2
韓国          6,265    63.5
朝鮮民主主義人民共和国 6,187    51.4
中国          197,290   21.2
モンゴル        10,252   6.5
(東アジア全体)    244,862   21.3

ラオス         16,142   69.9
ブータン        3,195    68.0
マレーシア       20,890   63.6
カンボジア       10,447   59.2
ミャンマー       32,222   49.0
インドネシア      88,495   48.8
ベトナム        12,931   39.7
スリランカ       1,933    29.9
タイランド       14,520   28.4
ネパール        3,636    25.4
フィリピン       7,162    24.0
インド         67,701   22.8
バングラデシュ     871     6.7
パキスタン       1,902    2.5
(南・東南アジア全体) 283,127   33.4

グルジア        2,760    39.7
トルコ         10,175   13.2
イスラエル       171     8.3
イラン         11,075    6.8
アラブ首長国連邦    312     3.7
イラク         822     1.9
アフガニスタン     867     1.3
サウジアラビア     2,728    1.3
カザフスタン      3,337    1.2
(西・中央アジア全体) 43,588    4.0

フィンランド      22,500   73.9
スウェーデン      27,528   66.9
ロシア         808,790   47.9
ラトビア        2,941    47.4
オーストリア      3,862    46.7
ポルトガル       3,783    41.3
スペイン        17,915   35.9
チェコ         2,648    34.3
イタリア        9,979    33.9
リトアニア       2,099    33.5
ブルガリア       3,625    32.8
ドイツ         11,076   31.7
スイス         1,221    30.9
ノルウェー       9,387    30.7
ポーランド       9,192    30.0
ギリシャ        3,752    29.1
フランス        15,554   28.3
ルーマニア       6,370    27.7
ベルギー        667     22.0
ハンガリー       1,976    21.5
デンマーク       500     11.8
イギリス        2,845    11.8
オランダ        365     10.8
アイルランド      669     9.7
アイスランド      46     0.5
(ヨーロッパ合計)   1,001,394  44.3

プエルトリコ      408     46.0
トリニダード・トバゴ  226     44.1
ジャマイカ       339     31.3
キューバ        2,713    24.7
(カリブ全体)     5,974    26.1

パナマ         4,294    57.7
コスタリカ       2,391    46.8
ニカラグア       5,189    42.7
グアテマラ       3,938    36.3
(中央アメリカ全体)  22,411    43.9

メキシコ        64,238   33.7
カナダ         310,134   33.6
アメリカ合衆国     303,089   33.1
(北アメリカ全体)   677,464   32.7

ミクロネシア連邦    63     90.6
パラオ         40     87.6
ソロモン諸島      2,172    77.6
パプアニューギニア   29,437   65.0
フィジー        1,000    54.7
ニューカレドニア    717     39.2
ツバル         1      33.3
ニュージーランド    8,309    31.0
オーストラリア     163,678   21.3
トンガ         4      5.0
(オセアニア全体)   206,254   24.7

コロンビア       60,728   58.5
ブラジル        477,698   57.2
ボリビア        58,740   54.2
ベネズエラ       47,713   54.1
ペルー         68,742   53.7
パラグアイ       18,475   46.5
エクアドル       10,853   39.2
チリ          16,121   21.5
アルゼンチン      33,021   12.1
ウルグアイ       1,506    8.6
(南アメリカ全体)   831,540   47.7

世界全体        3,852,025  30.3


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 贅沢な生活 | トップ | 書写山圓教寺、大樹玄承執事... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
森林を守るための具体的活動 (youteizan)
2012-07-15 09:24:40
大変興味深く拝見させていただきました。「各国の森林率50%を目標」は、とてもいいフレーズと感じました。また、ヨーロッパの各国の森林面積がこの2000年の間に激減していることも興味がありました。そこで、もしもお分かりであれば、各国の森林面積数値の時系列が示された文献をお持ちでしたら、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。
Unknown (ここな)
2013-08-18 14:14:24
ありがとうございました。
もう少し国の数を増やしていただけないでしょうか?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事