太極拳・八卦掌・戴氏心意拳  サークルウォーカー

愛知豊川・豊橋中国武術サークル
豊川中国武術愛好会の伝統中国武術練習日記

掌友会・推手倶楽部中部同好会

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010年5月 戴氏心意拳講習会 in 東京

2010-05-02 22:13:50 | 日記
今週は東京で王喜成老師をお招きしての戴氏心意拳・講習会が開催されるとの事でしたので、豊中からも希望者を募って参加してきました。

今回挑戦したのはYさんと私(管理人)。
特にYさんは土・日と泊まり込んで、という大変な熱心さです。
管理人は日曜日の2コマのみ参加させて頂きました。
(以下は管理人の体験記です)


豊中でばんこうさんやIさんがやっているのを見たことはありましたが、正式に習うのは初めてです。
基本であり、もっとも重要な丹田功からスタートしました。
これが出来ないと以降何をやっても形骸化するそうです。

動作的には簡単そうに見えます。
しかし、これを「要求」を満たして行うのは大変難しい、というか体が出来ていないとヘンな動きになるのです。
今回の講習では管理人は丹田功しかやりませんでしたが、これだけで大汗かきました。

動きからして足腰に負担がかかりそうだ、と思っていたのですが、練習後、むしろ肩や胸の辺りに負荷がかかっていた事に気づきました。
私の様に肩周りの拘束がひどい人が稼働を良くするのに有効ではないかと思います。
(もっとも帰りに歩いたり階段を上ったりする時すごくキツかったので、下半身にも相当負荷がかかっていた様ですが・・・)

講師の王喜生老師は30代と伺っていましたけど、まるで少年の様に肌がツヤツヤで若々しく、エネルギッシュな方でした。
大変な功夫をお持ちです。
もし一撃くらったりしたら・・・考えるだけでも恐ろしいです(笑。
バン!と弾けるような激しい発勁でありながら、それを柔らかくコントロールされている、というか、うまい表現が見つかりませんけど、精妙なものを感じました。

そういえば鹿児島から来られた原田先生もお肌ツヤツヤでした(笑。
心意拳には若さを保つ効能があるかもです。
女性におすすめですね(笑。

今まで八卦掌と太極拳だけで充分だ(というか、それ以上学べるような容量がない)、と思っていましたが、今回の講習を受けて見方が変わりました。
戴氏心意拳は体を練るのにとても良い武術だと思います。
今後も丹田功だけは続けて行きたいです。


指導をして下さった王喜成老師、原田先生、江口先生、通訳をして下さったEさん、運営をして下さった本部のMさん、お相手して頂いたしぁいさん、どうもありがとうございました。
この場をお借りして感謝の気持ちを伝えたいと思います。
大変有意義な1日でした。

豊中に心意拳クラスが生まれる日も、そう遠くないかも知れません(笑。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太極拳 八卦掌 「功力」 | トップ | 太極拳 八卦掌 「心意拳ブ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Nさんお疲れ様でした。 (Y)
2010-05-04 01:40:01
帰宅直後全身に疲れが一気に押し寄せてバタンキュー状態になってしまいました。
今でも肩甲骨周りと腋下あたりに筋肉痛が少し残っています。

今回初めての講習会で合計4コマ丹田功のみをやっていましたのでまだ何とも言えません。
ただ、王老師の
 ・慌てずゆっくり正確に練習する事
 ・すぐに結果が出ない事を恐れない事(だったかな?)
を思い出しながら毎日少しづつでも丹田功を続けてみようと思います。

次回も講習会がありましたら是非参加したいと思います。
今回???だった事が感覚として「!」になるかもしれません。
お疲れさまでした (静岡のN)
2010-05-04 09:30:05
●Yさん

講習会お疲れさまでした。
一緒に練習できなかったのが残念ですが、またチャンスがあったら行きましょう。

豊中でも時々丹田功をやりましょうかね(笑。
Unknown (しぁい)
2010-05-10 00:58:26
今更ですが、お疲れ様でした。

講習会終了後、2日とも帰りの電車で熟睡するほど疲れました。
3日は1日中寝てました。

でも、充実した講習会だったと思います。
私のブログでも、遅ればせながら記事を書きましたので、気が向いたら見てみてください。

プロフィール写真も久々に変えてみましたよ。
お疲れ様でした (静岡のN)
2010-05-10 12:27:19
●しぁいさん

先週の講習会、お疲れ様でした。

私など2時間丹田功をやっただけでヘタっていたのに、丸2日フル参加とは、さすがに鍛え方が違います(笑。

ブログも拝見させていただきますねー。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事