知財、何でもカンでも

知財に関する話題をそれこそ何でもかンでも提供していきます。

公道マリカー訴訟

2018-10-15 19:14:26 | 日記

事務所の近くは秋葉原に近いので、列をなして走行する光景をよく目にしていました。
運転者は、海外からの旅行者のようで、日本人を見かけることはありません。
最初のころは任天堂がやっているのかと思った人は多いと思います。

それがそうではないとわかると、いくらなんでも、あのコスチュームでは、このまま続けることはできないだろうに、と感じたと思います。

東京地裁は9月27日、任天堂の主張を認め、被告会社に対し、キャラクターのコスチューム貸与など不正競争行為の差止と損害賠償金の1000万円の支払いを命じる判決を下したとのことです。

でも損害賠償金が1000万円とは、あの世界的キャラクターの知名度をイメージすると、安くないですか?
判決文が公開されていないので、よくわかりませんが、損害の賠償ですので、損害額としてはその程度、ということでしょうか。
事故も起きていたということですので、キャラクターのイメージは著しく損ねられた、と思います。
日本の裁判、あまり魅力ない??

今日も走っていますが、被告会社は控訴したとのこと、知財高裁の判断が待たれます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 弁理士分布 | トップ | 弁理士、弁理士志望者募集中 »

コメントを投稿