あまがさき山仕事体験隊のブログ

「山仕事の体験をしませんか!」のキャッチフレーズの森林ボランティア団体。現在、猪名川町、宝塚など4か所で活動中です。

寒い時期の山仕事

2018-12-16 13:36:34 | 森林ボランティア(宝塚自然の家)
昨日は「宝塚自然の家」での山仕事(森林ボランティア活動)でした。
寒いだろうと少し着こんでの参加、でも作業中は汗もかかずに快適ですね。
参加者は10名。
この日の昼休みに、先日の個人のお宅の庭木の処理の様子を報告しました。
 
頂上近くの作業場所に向かって。
この最初の登りが結構しんどいのです。
 
何年も前に狭心症の治療をしてもらった私ですが、また最近心臓が苦しくなりますので、飲み薬を頂いています。
少し休憩するとすぐに治まる状況ですが。

 

この日私は、傍芽再生して見苦しくなりだしたソヨゴなどの処理をしました。

 

処理している時に、こんな木を。

高級爪楊枝に利用されるクロモジです。

結構太いですね。

この枝を処理してクロモジ茶として愛用していますが。

今の時期のものはどうなのかなとそのままに。

しまった、爪楊枝用などに持ち帰ったらよかったのにね。

 

他のメンバーの作業です。

随分明るい空間に。

 

このメンバーのお一人が、「キノコがあるよ」と声を掛けてくれました。

こんなキノコでした。

もう冬だというのに、何だろうかと。

枯れ木の根元に発生している腐生菌。

 

お昼の休憩時にふと思い当りました。

ああそうだ、ハタケシメジだと。

とても美味しいいいキノコです。

車に積んでいる図鑑で確認もして。

ビニール袋を用意して、午後の作業の時に採取しました。

こんな寒い時季にも出るんだなあと。

 

今の時期は、こんな硬質菌ばかりです。

これはカワラタケ。

抗ガン成分があると評価された時もあって、私も焼酎に浸けて薬酒を作ったことがありますね。

 

私は午後も引き続き、ソヨゴなどの処理でした。

 

散策路を整備したメンバー。

私のチェーンソーを使って、大きな木を伐採したもので、補強をして。

立派なものです。

ご自分のこの日の成果の写真記録を撮っておられます。

 

この日も体を使っていい一日でした。

美味しいハタケシメジも持ち帰ってね。

 
コメント

山仕事ボランティアの特別活動

2018-12-14 12:35:14 | その他

12月11日の火曜日です。

かねてから依頼があった個人のお家の庭木の処理に取り組みました。
 
地区の民生委員さんから社協のボランティア担当を通じて依頼があったのです。
隣家とのほんのわずかな隙間で大きくなった一本の杉の仲間です。
持ち主は一人住まいの女性高齢者のお宅で、業者に見てもらったのですが、高額な費用は出せないと。
 
ベテランのメンバーで下見をしたのですが、これは足場も組まないとダメだから専門の業者の仕事だなと判断して。
 
でも、木登りのとても上手なメンバーにも見てもらわないとと、私は3度目の下見でしたね。
そのロッククライミングをされるメンバーの樋口さんは、やりましょうと。
 
それで、途中から参加した人も含めて6名のメンバーで朝の9時半から取り組みました。
 
こんな木です。

 

3階の部屋からの写真です。

 

こりゃ無理だなあと判断した時の様子。

 

さあ、この日の作業がスタートです。

 

隣家の庇も古いものなので上には登れませんので、はしごと木に登っての作業です。

 

先ずは枝の処理からです

 

下でも役割を決めて。

 

作業がだいぶ進んできましたね。

 

葉はごみ袋に入れて。

 

ほぼ枝葉が無くなりました。

 

担当の民生委員さんも大活躍。

すごい人ですね。

ゴミ袋を自宅に保管して下さって。

枝も運んでくださって。

 

幹は上から順番に玉切りして下に下ろして。

 

電動のチェーンソーでの作業です。

切ったものが落下して建物を傷めないように、とても慎重な作業です。

樋口さんの凄技を見せて貰いました。

 

生木は重いですね。

 

同じような作業を繰り返して、終了です。

 

隣の庇に落ちている枯れ葉もきれいにして。

 

切り株です。

庭での腰かけになりますね。

 

作業の終了は午後5時。
里山での作業だと、あっという間に倒す作業が終了となるのですが。
もう暗くなってきて、雨もパラパラと。
雨が降らずに、とてもラッキーな天候でしたね。
 
最後に、お家の方や民生員さんなども交えての記念撮影。
社協の職員の方達も応援に来てくれて、私たちの作業を感動しながら見守ってくれました。
私たちにとっても、普段の作業を見てもらうことは先ず無いことなので、この日の喜んでいただいた作業、丸一日かかりましたが、大満足でしたね。
ピントがぼけている写真ですが、この方がいいかもね。

コメント

高原ロッジでの今年最後の活動と忘年会

2018-12-10 11:22:20 | 森林ボランティア(高原ロッジ)

先日の8日の土曜日、猪名川町の「高原ロッジ・メープル猪名川」での山仕事(森林ボランティア活動)でした。参加者は10名。

 
休憩場所を変更して、その近くで作業開始です。
こんな倒木が谷筋に放置されています。
それをハイキングコースまで移動させて。
こちらの作業員さんたち、広いエリアを少ない人数で対処していますので、大変なんですね。

 

その大木をハイキングコースの補強に。

皆さん、とても元気ですね。

 

私はこんな風に見苦しい所をきれいにしていきます。

 

タカノツメの大木もこんな形で放置されていて。

ちょっとひどいですよね。

 

これはだいぶ前のものですね。

マツ枯れがこんな状態で。

ここはさらにひどいですね。

私はここも片づけて。

マツが腐ってとても軽くなっていますので、それほどの厄介な作業ではありません。

 

私はみんなより先を進めて。

ソヨゴを一本倒して。

 

ここから先は別の所有者ですので、入らないようにとその木を置いて。

 

このあたりの処理木を入れるいい窪みがありました。

私のこの日の作業はここまで。

 

皆の作業場所は。

ハイキングコースの補強が進んでいますね。

 

この日の作業終了時です。

とても綺麗になりましたね。

 

この日の記念撮影。

ご苦労様でした。

 

12月の第2土曜日はわが隊の忘年会です。

JR尼崎駅近くのお店に再度集まって。

今年は天候が不順で活動出来た日は例年より少なかったですが、来年も頑張りましょうね。

「あまがさき山仕事体験隊」随時メンバーを募集していますよ。体験参加も歓迎です!

文責:辰己

コメント

三木での活動、久しぶり

2018-12-02 17:44:52 | 森林ボランティア(三木)
昨日は三木での山仕事(森林ボランティア活動)。
先月もあったのですが、私は欠席でしたので、うんと久しぶりでした。
参加者は9名。
 
私はてっきり、前回の作業はうっそうとした竹林を整備したものだと思っていましたが、この場所だったとのことです。
 
うんと綺麗に手入れした場所ですが、すでに笹がどんどん伸びて。 

 

私はとにかく大きくなった笹を切り倒して。

 

サルトリイバラの赤い実をつけたものも結構ありますね。

持ち帰ろうと取り置いても、急峻な坂なので、そのままになったりして。

 

向かい側の以前手入れした山の紅葉がきれいですね。

 

まだ伐採はいいだろうと残しておいた木も相当に大きくなって、チェーンソー担当のメンバーが上の方でたくさん木を伐採してくれました。

 

ご夫婦で参加されているメンバー。

急な斜面で鋸での作業。

お元気ですね。

いい表情の写真を撮らせていただきました。

 

私がサルトリイバラを持ち帰ろうとしているのを見た仲間がいいのを下さいました。

 

次回の作業は、いよいよ竹が密集している場所の手入れになりますね。

余り気乗りがしませんが、最後のひと頑張りですね。

ここでの活動も10年だなと山の所有者の弟さん、そうでしたかね。

早いものですね。そろそろこの場所での活動は終了となりますね。

 文責:辰己
 
コメント

久しぶりの甲山神呪寺

2018-11-30 22:29:08 | 甲山神呪寺

11月24日の山仕事(森林ボランティア活動)は甲山神呪寺の四国88ヶ所巡りのコースでした。

 
第4土曜日はずっと雨などの天候不順で、5か月ぶりといううんと久しぶりの活動でしたね。
 
前回どこの手入れをしたかななんて。
 
いつもの昼食の休憩場所から活動スタートです。
この日は木を伐採したりせずに、台風の影響で、枯れ枝などがたくさん落ちているのを処理する作業がメインでした。

 

これまでのデポの上に沢山の枯れ枝を積み重ねて。

 

その近くの石像。

41番札所ですね。

 

十一面観音菩薩さんですね。

何となく可愛げがある菩薩さんですね。

 

つる植物がはびこっています。

これはなんというつる植物なんでしょうかね。

調べてみないと判りませんね。

 

作業終了時のスナップ。

1名が午前中で所用のため帰りましたが、この日は11名の参加でした。

この日、近くに住む学生さんが体験参加してくれました。

大学は農学部の林学科、3回生とのこと。

私と同じ大学・学部の後輩になります。

いろいろと楽しい会話を交わして。

これからしばらくここでの活動に参加してくれるそうです。

若い方の参加、大歓迎ですね。

 
コメント