Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「プロメテウス」

2012年09月23日 09時39分07秒 | 映画(2012)
驕れる者の末路ということかな。


あの「エイリアン」からほぼ30年。R.スコットがまだこの手の作品を作ることが意外だった。

冒頭。地球と思しき壮大な原風景に一人佇むエイリアンが自ら果てる。

その後は、歴史的発見に感化された学者や技術者たちによる人類の起源探索となる。

高貴な次元に立つはずの学術的アプローチは前半早々に絶望的な展開へと変貌するが、その破たんのきっかけは外からと内からの2本。

惑星に巣食う未知なる生物はともかくとして、探索の助手として開発したロボット・デヴィッドの不可解な行動は、創始者を気取ろうとした人類への報いととればよいのか。

闘う船員。逃げる船員。窮地に陥ったときにとる行動はそれぞれだ。おそらく冒頭のエイリアンも、苦難の果てに自分らの種族を守るためにあのような行動をとったということではないだろうか。

しかしながら、かたや人間は、多くの犠牲を出しながら地球の危機を何とか守ったのも束の間、新たな宇宙の旅へと向かう。エゴまる出しの主人公が悲しい。

元々が高慢な人間によるミッションであり、キャストには一切感情移入はできなかった。

C.セロンの役は何考えてるか理解できなかったし、G.ピアースに至っては何処にいるのかすら分からなかった。

その中で不気味な存在感で一人役得だったのはM.ファスベンダーであった。

あとは地球と惑星、俯瞰と接近いずれの画も、映画ならではの迫力と美しさに溢れていた(ちなみに観たのは2D)。

(65点)
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 「ロックオブエイジズ」 | トップ | 「アイアンスカイ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は☆★ (mezzotint)
2012-09-25 19:24:41
クラムさん

こちらにも、、、。
これは今一つでしたか。あ!確かにシャーリーズの役
は何を考えているのかは理解出来ませんでしたね。
何となくお添えもののような感じみたいな気がしたり。

雰囲気はとても私的には好みでした。
これはそんな感じで観た方が良いのかも。。。
続編もあるようですが、一体どんな風になるのやら。
積極的な評価は難しい (クラム)
2012-09-30 00:13:17
後からいろいろなレビューを見たのですが、思いっ切り解釈を間違っているみたいです。
それもちょっと気に入らない。

雰囲気は嫌いじゃありません。
ただ、エイリアン系は多く作られるようになりましたから。
続篇はどうしようかな。
S.セロンが新たな展開を見せるようだったら考えようか。

コメントを投稿

映画(2012)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

プロメテウス(3D字幕) / PROMETHEUS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 人類はどこから来たのか? という、小学生の頃から考えてたような根本的な謎に迫るミステリーを   リドリー・スコットが監督 なんて言われて 決して「エイリアン」の前日譚とは謳ってませんが 確実にソ....
プロメテウス(2012)☆★PROMETHEUS 2D字幕版 (銅版画制作の日々)
 人類は どこから 来たのか。 人類最大の謎、それは《人類の起源》 好き度:=80点 MOVIX京都にて鑑賞。 リドリー・スコット監督によるSF映画。1979年のスコット監督で有名な「エイリアン」の前日譚として企画されたが、『エイリアン』シリーズから独立した....
プロメテウス (風に吹かれて)
未知との遭遇は控えましょう触らぬ神に祟りなし公式サイト http://www.foxmovies.jp/prometheus監督:リドリー・スコット 考古学者エリザベス・ショウ(ノオミ・ラパス)が、地
プロメテウス (だらだら無気力ブログ!)
あの有名な作品に繋がる一本だったのか・・・。
プロメテウス3D    評価★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ブレードランナー』『グラディエイター』など、映画史に残る金字塔を打ち立ててきた巨匠リドリー・スコットが、人類の永遠なる疑問“人類の起源”に挑んだ壮大なミステリー。人類の起源にかかわる重大な手掛かりを発見した科学者チームが、謎を解明するために宇宙船プロ...