Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「オブリビオン」

2013年06月02日 00時24分05秒 | 映画(2013)
俺俺、ジャックハーパー。


ジャックリーチャーではない、念のため。観ていないけど。

予告がなかなか良かったので楽しみにしていた作品。近未来の地球って、かなりの確率で壊滅しています。まあ豊かになった世界ではドラマは生まれにくいのだろう。

序盤のジャックのミッション。どこか違和感を感じて、早々に疑いの目で画面を見るようになった。

それは映画として狙った方向なのかミスリードなのか分からないが、疑い出すとちゃんと全てが怪しいようにできている。ドローン、怖いよ。

大枠の予測は合っていたが、細かいところで意外性を感じられる部分はあったので、それなりに楽しむことはできた。

最も優秀な人材を取り込むことで効率的に地球を滅ぼそうとしていたのが、優秀さを求めたところにほころびが出てしまったという皮肉。

人を愛する気持ちは、数十年隔絶されようが、複写し過ぎて記憶が薄まろうが、簡単に消滅するものではないということも根底には流れていた。

ただ、ラストはどうかな。あれだとジャックは微かな望みではなく、致命的な敵失に過ぎなくなってしまうような気がするのだけど。

(65点)
コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 「中学生円山」 | トップ | 「ローマでアモーレ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰しております。 (なな)
2013-06-15 21:05:58
SF作品のあらすじを理解するのが苦手の私ですが
なかなか楽しめました。
トムの作品は毎回「まだアクションできるのか?」という
興味だけで観てしまいがちなのですが・・・

>人を愛する気持ちは、数十年隔絶されようが、複写し過ぎて記憶が薄まろうが、簡単に消滅するものではない
おおお,これそのとおりですね。よく考えたら。
ラストは私も?でした。そのためにあの52番のクローンが途中で登場したのかと
納得はいったけど・・・・。

映画館が遠い・・・ (クラム)
2013-06-30 05:50:26
ななさん、おはようございます。

この作品を観たのが今月はじめ。
1か月近く映画館を離れた生活をしていました。

T.クルーズはスターのオーラがあっていいですよね。
彼が出ているというだけで、作品に独特の格が生まれる。
この映画も彼の出演作ということで楽しみ度が上がっていると思います。

もちろんSFとしてもよくできていると思います。
ただ、これまでにも様々な作品があって、
その要素を想像させてしまうという点で、
若干損してしまっている部分があるのかもしれません。

コメントを投稿

映画(2013)」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

オブリビオン /OBLIVION (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 楽しみだったトムちん主演のSF、初日鑑賞 「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督が自身のグラフィック・ノベルを基に映画化。 エイリアンの侵略によって破壊され、全人類が他の惑星へと移住し...
オブリビオン (Akira's VOICE)
驚きと興奮とツッコミ。  
オブリビオン トム様的な映画で、なーんか消化不良なんですが・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=30 うち今年の試写会5】 予告編を観ている限り「宇宙戦争」的な香りを感じていたのだけど、うっかり観に行ってしまいましたとさ・・・。  エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へ...
オブリビオン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 偵察機ドローンがなぜかお気に入り(笑)
オブリビオン (だらだら無気力ブログ!)
映像が綺麗で面白かった。
「オブリビオン」☆美しくてクールな昼メロ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
とにかく映像が綺麗。 登場する宇宙船もバブルシップも超クールでスタイリッシュ! 最初から最後までトムちんをいっぱい♪堪能できる。 だけどストーリーは単純。なのにあえて2Dで勝負するその勇気を称えよう。
『オブリビオン』 その意味するものは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  TPP、すなわち環太平洋戦略的経済連携協定は、2010年代に話題になった言葉だが、それより以前からビジネスパーソンにはTTPが大切だった。  トリンプ・インターナショナル・ジャパン...
オブリビオン (風に吹かれて)
愛の記憶は消えない公式サイト http://oblivion-movie.jp監督: ジョセフ・コシンスキー  「トロン:レガシー」エイリアン“スカヴ”の侵略を受けた地球は、かろうじて彼らとの戦いに勝
『オブリビオン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オブリビオン」□監督・脚本・原作 ジョセフ・コジンスキー□脚本 ウィリアム・モナハン、カール・ガイダシェク、マイケル・アーント□キャスト トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン、       メリッサ...
オブリビオン ★★★★ (パピとママ映画のblog)
トム・クルーズが「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督と初タッグ。48カ国でNO.1のオープニング成績を記録した注目作。 映画はトム・クルーズ扮するジャック・ハーパーのナレーションから始まる。時は2077年。今から60年前、スカヴと呼ばれるエ....
『オブリビオン』を新宿ミラノ座1で観て、ノストラダムスの大予言的に頭パンク中ふじき★★★(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★SFだなあ】 ネタバレ前提で書いてきます。 と言いながら、正しいんだか、正しくないんだか、 世迷言を適当に飛ばしながら書いてきます。 ・登場人 ...
オブリビオン (虎猫の気まぐれシネマ日記)
トム・クルーズ主演のSFアクション大作。監督は,トロン:レガシーのジョセフ・コジンスキー監督。 舞台は2070年代の地球。攻撃してきたエイリアンとの戦いには勝利したものの,地球は放射能汚染により壊滅状態になり,生き残った人類は,土星の衛星タイタンへと移住を余...
『オブリビオン』もう一発ネタバレで (ふじき78の死屍累々映画日記)
絶賛ネタバレ中です ・大量のトム・クルーズによって滅ぼされた世界という設定で、  『ゴースト・バスターズ』の  「お前らが何によって滅ぼされたいか言って見ろ」  と言う ...
「オブリビオン」 独特の感覚、言うなれば滑空感 (はらやんの映画徒然草)
未来は見えないもの。 見えないものであるからこそ、見てみたい。 だから映画は、特
オブリビオン (いやいやえん)
トム・クルーズ主演、化粧っけのないオルガ・キュリレンコさんが、何故かオセロ中島さんと菊地凛子さんっぽく見えて仕方なかった^; カメラワークやSF的なガジェット類、遠くにかすかに見える建造物、文明が滅びた後の地球風景など、映像のスケールは圧倒的に美し...
オブリビオン (Oblivion) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 トム・クルーズ 2013年 アメリカ映画 124分 SF 採点★★★★ 「オッサンだからでしょ?」と言われればそれまでなんですが、どうにも昨今主流のCGの嵐映画ってのが苦手な私。ロケーション撮影に付きまとう様々な問題もクリア...