Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「ザ タウン」

2011年02月11日 02時08分30秒 | 映画(2011)
それはしがらみの象徴。


タイトルが「タウン」である。都市でもなく村でもない独特のねっとり感。

その昔「シムタウン」というゲームがあった。「シムシティ」同様に町を発展させるのが目的なのだが、道を歩いている人の顔がはっきり見えるのが大きな違いだった。

顔が見える。言い方を変えれば面が割れる。

隣人とあいさつもしない都会は困りものだが、一度深みにはまったら抜け出せない閉塞感は恐怖ですらある。

主人公のダグが暮らすチャールズタウンは強盗犯罪の絶えない町。それもそのはず、ダグを含む4人の仲間は親の代からの強盗グループなのだ。

かつてプロホッケー選手を目指していたダグだが、挫折を経て今ではグループの中核を担う頭脳に。

不幸な生い立ちや抜けられない環境に同情や共感ができるかどうかで、本作の好き嫌いは決まるのかもしれない。

どう言い訳したって犯罪は犯罪。被害者の女性と恋愛関係になって、あわよくば足を洗って幸せに暮らそうなんて、そんな虫のいい話が許せるものか。と感じてしまったら、はいおしまいである。

その点B.アフレックは際どい。

少なくとも劇中の姿は善人に近いから、ふと気を抜くと肩入れしそうになる。

でも冷静に考えれば、何もないのにクスリやアルコールを断っている強盗なんているのかいなとも思うわけで、なんとも評価しづらい。

ただそのあたりを抜きにすれば、ダグと被害者クレア、ダグと仲間たち、一味と警察といったそれぞれの駆け引きは、緊迫感に満ちて非常に見応えがある。

クライマックスでは、破滅へと向かう切なさの一方で冷静に切り抜けを図るダグの姿が印象的だ。

町とともに生き、町に骨を埋めた仲間と決別した彼を待つ運命とは何か。彼が語るとおり、先に開けた道は途方もなく長い。

(80点)
コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 「完全なる報復」 | トップ | 「太平洋の奇跡 フォックスと... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2011-02-11 21:04:44
こんばんは☆
クラムさんも高得点ですね♪

ベンの作品は次回も期待だな~、
ジェレミーレナーもいいし、
ジョンハムもうん、この人海外ドラマの勇名な人ですよね。映画ではあまり見ない顔だけどキャストがまた皆いいんですよね☆
前回は (クラム)
2011-02-12 06:08:10
migさん、おはようございます。

B.アフレックの監督デビュー作は、こちらでは劇場公開されなかったんですね。
今回も特に一般の目を引く要素がなかったのですが、
観られたことは幸運でした。
まじめ(そう)で才能のある人だと思うので、いい仕事を期待します。

コメントを投稿

映画(2011)」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

ザ・タウン (Akira's VOICE)
犯罪を甘く描いたらダメだ!   
ザ・タウン/ THE TOWN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ~むと「
その街の男~『ザ・タウン』 (真紅のthinkingdays)
 THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長クレア(レベッカ・...
ザ・タウン ()
人は生まれるときに その生まれを選ぶことはできない 一発逆転など 世の中のほんの一握り 誰が道端の花を温室に移すだろうか 反対に 温室の花に、道端で咲け! やれるはずだ! と誰がそんな酔狂なことをするのか 強盗稼業が脈々と受け継がれる街に生ま
ザ・タウン (だらだら無気力ブログ)
チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが 宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となる ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。 強盗を家業とする主人公が、ある女性を愛したばかりに仲間...
この 町 だから (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「ザ・タウン」を鑑賞しました。 銀行強盗犯のリーダーと人質にされた女性の愛 強盗仲間、家族、警察、タウンでの人間ドラマ ベン・アフレック監督・主演 良く出来た クライム・ドラマでした ストーリーとしては そこまでのことはないのですが ...
「ザ・タウン」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
「ザ・タウン」って、どこ? ちゃんと映画観てた?何度も出てきたぜ、ボストンのチャールズタウンって。 マッちゃんもハマちゃんもいなかったけどね。 それは“ダウンタウン”だ。こっちは、チャールズタウン。 お笑いとは関係なかった。 笑いもひきつるコワい街だからな...
ザ・タウン 地元のしがらみが今は懐かしい (労組書記長社労士のブログ)
【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野暮用も消化でき、そして仕事も出来て、久しぶりの友人にも会えた....
『ザ・タウン』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー...
映画「ザ・タウン」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ザ・タウン」観に行ってきました。 年間300件以上もの銀行強盗事件が発生するマサチューセッツ州ボストンのチャールズタウン(略称「タウン」)を舞台に繰り広げられるクライム・アクションドラマ。 作中では暴力が振るわれたり銃撃で頭を貫かれたりする描写や...
映画:ザ・タウン The Town 意外にクラシカルな仕上がりにニンマリ。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。 彼に、強烈な個性がたく....
ザ・タウン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
監督第1作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」が好評を博した俳優ベン・アフレック(「消されたヘッドライン」)が主演も兼ねた監督第2作。ボストン北東部の犯罪多発地帯を舞台に、犯罪 ...
[遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。  でも、映画を観る前も体調は万全じゃなかったが、映画を...
ザ・タウン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。  いずれも...
『ザ・タウン』 事件のたびに変わるのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『ザ・タウン』を観た翌々日、再び映画館に足を運んで『ザ・タウン』を観た。こんなことは初めてである。  1度目は大いに楽しんだ。2度目は脚本の妙に感心した。  本作では、後の...
映画『ザ・タウン』を観て (kintyre's Diary~Goo Version)
11-13.ザ・タウン■原題:The Town■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚本:ベン・アフレック□脚本:ピーター・クレイグ□撮...
ザ・タウン (The Town) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2010年 アメリカ映画 150分 ドラマ 採点★★★★ 私が生まれた田舎町は、県内で一番大きな街である仙台まで電車一本で行けるってこともあってか、駅前にはサラリーマン族や商店などちょっと裕福な人が集まり、線路を...
ザ・タウン (RISING STEEL)
ザ・タウン / THE TOWN 2010年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ベン・アフレック 製作:グラハム・キング  バシル・イワニク 脚本:ベン・アフレック  ピーター・クレイグ ...