Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「ゴールデンスランバー」

2010年01月31日 00時16分48秒 | 映画(2010)
あのころの絆。取り戻そうとするイメージ。


伊坂作品は原作を読んだこともなく、映画も昨年「重力ピエロ」を観たのみである。

でも何かこれ特徴じゃないかなと思ったのは、一見荒唐無稽と思えそうな舞台設定と細かな伏線を張り巡らせた筋書きだ。

総理大臣が市街でパレードだとか、アイドルを助けてヒーローになった宅配業者だとか、およそ現実社会では起こり得ない話なのだが、それでも進むうちに引きつけられるし、むしろそのあり得ない設定からも効果的に要素を引き出していく。

本作はファンの間でも最も映像化に向いていると言われているそうで、確かに圧倒的な苦境に立たされる主人公が生き延びいていく仕掛けには感心させられることしきりだった。

特にクライマックスから先は、以前の様々な場面へつなぐ糸が放出される。まさに次々に打ち上がる花火のごとし。たいへんよくできました。

あと好感が持てたのは、主人公・青柳と周りの人々がスーパーヒーローとは程遠い無力の人間であったこと。

青柳ができるのはとっさの大外刈りくらいだし、友人や同僚も力がない故に青柳の信頼に応えられないどころか、苦境に陥れるきっかけになってしまう有様。

ただみんなの救いたいという気持ちがかろうじて青柳を逃げ続けさせたというところがすばらしい。力はなくとも繋がっているというイメージが人を強くすることもあるのだ。

青柳を演じたのは絶好調の堺雅人。大河ドラマ「新選組!」では剣の達人・山南を演じたが、風貌は武闘派とは程遠い。原作はともかくハマり役だったと思う。

竹内結子は置いておいて、脇を固める俳優陣も役柄と相まって個性的でおもしろかった。特に永島敏行は怪演だった。

そして、仙台である。

いくら遠い昔とはいえ、25年べったり張り付いて暮らしていた土地だ。どこの建物だとか、どこを走っているとか、そりゃ結構分かるよ。

母親から聞いていたとおり実家のマンションも登場した。一瞬。分かる人には分かるってとこかな。

無理のない逃亡ルートという触れ込みだったけど、やっぱり切り貼りはあるんだね。

黄色い廃車が放置されていたところは小学校まで住んでいた家の近くだ。ちなみに八木山動物園やベニーランドとはかなり離れた場所である。

でも劇中で、昔の思いに巡らせるときは、誰か同じ思いを持っている者がいるみたいなことを言っていたと記憶しているが、自分自身、昨年から急に仙台に縁があることが増えてきた実感がある。

あのころの仲間もそんな思いでこの映画を観るのかもしれない。

(85点)
コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 「ラブリーボーン」 | トップ | 「恋するベーカリー」 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは、お久しぶりです (パピママ)
2010-02-04 00:36:02
コメントありがとうございました。
引越しされたのですね。
ブログのタイトルも変えて、新規一心ですね。
この映画は中々内容も充実していて、最後までハラハラしどうしで面白かったです。
あの、七夕の前夜祭で上がる花火は綺麗でしたね。思いがけない花火の使い方にも感心しました。
仙台の街も、意外と美しく撮れているのも良かったです。
返事遅れました。 (クラム)
2010-02-09 01:11:46
パピママさん、こんばんは。

いろいろ突っ込みどころもあるのですが、押し切ってしまう力がありました。
花火の使い方なんてかなり突飛でしたけど、とにかく見映えがよかった。

「意外と美しく」なんて謙遜ですね。
一般的な評価としては仙台はとてもきれいな街のようですよ。
地下鉄東西線の工事でけやき並木が失われちゃってるのは残念ですが。

コメントを投稿

映画(2010)」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

ゴールデンスランバー (だらだら無気力ブログ)
2008年の本屋大賞や山本周五郎賞を受賞した人気作家・伊坂幸太郎の同名 ベストセラーを『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』 に続いて中村義洋監督が映画化。 仙台を舞台にある日、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられた男が、決死の 逃避行をする様をスリ...
ゴールデンスランバー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ある日突然、首相暗殺犯人に仕立てられた平凡な男の2日間にわたる逃亡劇。 原作はベストセラー作家の伊坂幸太郎。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』についで、伊坂作品3度目の挑戦となる中村義洋。完成した本作は、大人気コンビによる最...
映画「ゴールデンスランバー」@東宝第二試写室 (masalaの辛口映画館)
 客席は満席の為に座れない人用の補助椅子も出された。映画終了後には中村義洋監督、製作の宇多川肇氏と観客のティーチインが行われた。     映画の話 凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の...
『ゴールデンスランバー』 片目を開けて眠れるか? (映画のブログ)
 " きっと、つながる " というコピーのもと『フィッシュストーリー』が公開され、『サマーウォーズ』では " 「つながり」こそが、ボクらの武器...
ゴールデンスランバー (Akira's VOICE)
「よく出来ました」止まりだけど面白い。  
ゴールデンスランバー (堺雅人さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、伊坂幸太郎さんの同名小説を中村義洋監督が映画化した『ゴールデンスランバー』に青柳雅春 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
「ゴールデンスランバー」 ~懐かしいビートルズの曲が流れる青春コメディ (取手物語~取手より愛をこめて)
「アビイー・ロード」、何度聴いたことでしょう。
「ゴールデンスランバー」:新橋駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}お。こんなところで牛タンとは珍しい。 {/hiyo_en2/}牛タンといえば、仙台よね。この店も仙台にあるお店らしいわよ。 {/kaeru_en4/}杜の都でモリモリと、牛タン食ったか、永島敏行。 {/hiyo_en2/}なに、それ? {/kaeru_en4/}いや、仙台を舞台にした映画「ゴ...
「ゴールデンスランバー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 伊坂幸太郎原作の同名小説を映画化。総理大臣暗殺犯に仕立て上げられた男の、果てしない逃亡劇を描く。 本作の面白いのは、主人公がまったく普通の一般市民であり、対する敵勢力が個人はおろか生半可な組織では到底太刀打ちできない、国家規模の権力を有する点にあると...
ゴールデンスランバー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴールデンスランバー』を吉祥寺で見てきました。  伊坂幸太郎氏原作を映画化したものは、これまで『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フッシュストーリー』、それに『重力ピエロ』を見てきましたし、『クヒオ大佐』で類い稀な演技を披露した堺雅人が主役を演じもす...
『ゴールデンスランバー』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ゴールデンスランバー」□監督・脚本 中村義洋□脚本 林 民夫、鈴木謙一□原作 伊坂幸太郎(「ゴールデンスランバー」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季       大...
ゴールデンスランバー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ゴールデンスランバー 制作:2009年・日本 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季 あらすじ:凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライ...
ゴールデンスランバー(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[ゴールデンスランバー] ブログ村キーワードゴールデンスランバー(GOLDEN SLUMBER)キャッチコピー:無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲製作国:日本製作....