AManTo天然芸術研究所

大地のため、時代のため、消費されないアートを求めて…
EART(天然芸術)の今を紹介するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゆみちゃん天人卒業!

2005年09月01日 | Weblog
今日で天人経理担当のゆみちゃんが卒業する日!

3年前、ある野外イベントで知り合ったゆみちゃん。
ふとしたことから天人に来ることになって、常連→厨房スタッフ→文化教室担当→経理
へと天人の一番大きな変化を遂げた3年を一緒に過ごしてくれた事になる。

なんでも翻訳の仕事をするため、資格を取る勉強をするんだとか…頑張ってね!
天人は「響育」をキーワードに文化創造をしている。
響く育つだから誰が先生というわけではなく、お互いが先生…。
いやそれを通り越して自分自身が先生なのだ。

響き合い、協調するなかで自分のポジションを探し、作り、コミニティの役割を
果たす中で、自力で成長する。すると自然に自分を見つけてそれにチャレンジしていく…。
(経理担当は、天人の中でも大変な仕事。オルタナティブな運営を研究している天人は
一般のコンサルタントの筋道が通らない場合も多い、スパーマネジャーのサチの全面協力の基、
実務面の日々の地道な業務を淡々と続けてくれた。
彼女にはお礼の言葉をいくら言っても足りないぐらいだ。

僕が響育の意味で彼女の役に立てたのは大雑把なこの性格で、嵐を巻き起こす僕を、
反面教師として彼女が勝手に学んでいった所ぐらいだろう(笑)!!
ゆみちゃん!色々ありがとね(^^)!)

子供は誰でも良き大人に成りたがっているとよくいうが、この「良き」の意味とは、
廻りに役に立つ人間になりたいという原子的根本欲求の部分がその最大のものの一つだろう。
最初は両親、家族、学校、地域、社会とその枠はその人の器の大きさの中で大きくなっていく。

そこで単なる願望情趣に専念するのではなく絶えず、自分の必然、周りの必然、社会での必然
の3つを満たす事を見つけこなしていけることを自分の幸せとしていく価値観は
次世代の新しい生き方の根底をなす、価値観のパラダイムシフトだ。

現代人からみれば、一見フラフラ生きているように見えるかもしれないけれど、
その人の成長は、その星の、その生態系で
存在する地域社会の中での自分の生かし方をもっとも最短距離で見いだせていく…。

それは、けして自分の得意なものばかり、やりたいことだけやっていればいいというわけにはいかない事もあるもある。

自分が仲間為にできる事、すぐ隣の人の為に出来る事を幸せの種まき積み重ねていった時どんなに変化する環境の中でも、いやその渦中だからこそ、けして代わらない、
「自分という存在」が、いつも中心にいる事に気づく
(最初は人に振り回されるんだろうけどね^^)

彼女は、カフェがしたいわけではなかったし、
経理の知識が豊かであったわけではない、
その段階、段階で自分の可能性を伸ばし枠を広げ、役に立ち続ける事で自分の中での
次の不可能に挑戦していったのだ。
一見、周りのためではあるが、自分のために彼女が自主的に選んで来たことなのだ。
(これは実はとても伝統的な太古から続く人の成長する王道でもある。)

彼女も人生に迷いながら、ここに来て、多くの人に出会い自分を再生した。
そしてその上にたって自分の人生感を造っていった。


そしてなにより、天人での典型的な成長の雛型を皆に示してくれた彼女は、
第一級の卒業生だといえる。

天人の設計図では、卒業した人が又一回り二周り大きくなって
帰ってきてくれてまた別の角度からムーブメントに参加してくれる場合が多い(
大体今のところ2年周期が多いだろうか?)

それまで天人は形を変え姿を変えて、その魂の岩盤だけを変えるところなく、「時代の奉仕者」として頑張っていくので、又、いつでも戻ってきてください!
又、「時代のサーフィン」をして思いっきり遊びましょう!
そして3年間本当にありがとう!!
ゆみの未来に乾杯!!
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日はBPC(バーペーシー)の日? | トップ | 愚直が稽古場にやって来た! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事