奄美海風荘ブログ

カメラを持って出かけます。植物や本など。
04年4月11日~14年11月04日までブログ人(から移行)

鹿児島県知事選挙 投開票日 

2020年07月12日 | 日記・エッセイ・コラム

奄美市第一投票所 奄美文化センター 名瀬長浜町517番地奄美振興会館 今日昼頃写す

20時半ごろ、一部で塩田康一氏の当確が出されているが

当確をまだ出していないNHKは以下のように報じている。

現職や前の知事など7人が立候補した鹿児島県知事選挙は、12日、投票が行われました。NHKの出口調査によりますと、新人で、九州経済産業局の前の局長の塩田康一氏と、現職の三反園訓氏の争いとなっています。

鹿児島県知事選挙に立候補しているのは、届け出順にいずれも無所属で、
▽元高校教諭の武田信弘氏(66)
▽共産党が推薦する医師の横山富美子氏(73)
▽鹿児島テレビ元アナウンサーの青木隆子氏(57)
▽自民党と公明党が推薦する現職の三反園訓氏(62)
▽立憲民主党県連が推薦する前の知事の伊藤祐一郎氏(72)
▽九州経済産業局の前の局長の塩田康一氏(54)
▽鹿児島大学の元特任助教の有川博幸氏(61)
以上の7人です。

ネットで調べたところ塩田康一氏は鹿児島市うまれだが、父親の転勤で、幼稚園から小学校までおよそ3年間徳之島で暮らした経験があるそうだ。

コメント

動画 大浜のオオハマボウ 大浜朴 アオイ科の常緑高木 別名ユウナの木の下で 波音を聞きながら

2020年07月11日 | 植物

200711 大浜のオオハマボウ 大浜朴 Talipariti tiliaceumアオイ科の常緑高木 別名ユウナの木の下で

コメント

動画 200710大浜海浜公園奄美市名瀬 ちょっと夏っぽい雲

2020年07月10日 | 海の風景

ちょっと夏っぽい雲 大浜 

200710大浜海浜公園奄美市名瀬

コメント

村田新八 2年前の記事(西郷どん)のつづき

2020年07月09日 | 歴史 民俗

 2年前の記事 リンク

西郷は3つ目の遠島地、沖永良部島から元治元年(1864年)、赦免され、
鹿児島へ帰還の途中、喜界島へ寄って同じ遠島人の村田新八を鹿児島へ連れ帰っている。
(無断で?よくこんなことが許されただろうか)(要研究)

村田の遠島は、西郷の一度目の奄美大島龍郷での島暮らしから
帰藩後、西郷が、有馬新七らの京都挙兵(寺田屋騒動)を扇動したとして国父久光の怒りを買い
いわば西郷に連座してとらえられたのが原因。
西郷は徳之島(のち沖永良部)、村田は喜界島に島流しとなった。

薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(高見馬場方限)生まれの村田新八
は少年のころから同じ加治屋町山之口馬場生まれの西郷隆盛に兄事し尊王の志を抱く。

村田が西南戦争で死の直前(城山)まで「風琴」(アコーディオン?)を弾いた話は、テレビドラマ「田原坂」(1987)のシーンを覚えている。大河ドラマ「翔ぶが如く」(1990)にも出てくるという。

だが当時は、村田の遠島のことや、維新なり明治4年(1871年)、村田が西郷の推挙で宮内大丞に任命され、その年、岩倉具視遣欧使節団の一員に加わり、欧米視察に出発、(明治7年(1874年)視察から帰国)したことは知らなかった。

世界の最先端ヨーロッパで見聞を広めた村田が、ナゼ西南戦争で西郷軍にかけつけることになったのか。
(開明派の西郷への従軍は、ほかにもある。(要出典)

村田の従軍は少年時代から西郷に兄事した情実や義理だけからだろうか?

西郷の思想や国家ビジョンに共鳴して行動した側面はなかったのだろうか。

村田はイギリスの工場視察の際、労働者の労働条件や生活のあまりの過酷さに
驚いたという(要出典)

西郷も村田も奄美での薩摩藩による過酷な黒糖収奪、島民の暮らしぶりを
つぶさに見聞きし経験している。

村田はイギリスの都会の労働者と、自然に囲まれた南の島でつらいとは言え
テゲテゲのらりくらりがゆるされた島んちゅの実態を比べてみたのではなかろうか。
(要校正)最期まで西郷は農本主義の考えがあったと言われる(要出典)

コメント

海辺の★完熟アダン

2020年07月08日 | 田中一村

 

 

コメント

北斎の赤富士の「買い物袋」 

2020年07月07日 | 日記・エッセイ・コラム

葛飾北斎の赤富士 凱風快晴(がいふうかいせい)

これは、商品名はコンパクトバックというものだった。500円もしなかったと思う。
こどものころは、(山稜が急こう配で、頂上付近の筋(溶けずに残った雪渓)やイワシ雲の縞も色も年寄りじみて見えた)違和感があった赤富士。

が、歳をとるとともに大逆転の魅力が増してくる(画面下の樹海の色とその他の赤、こげ茶、青、白のバランスが絶妙)。

===

ポリ袋が海洋ゴミに占める割合がわずか(容積ベースで0.3%、重量ベースで0.4%)である
といったデータもあり、マイバックを用意しても袋つめするスペース(サッカー台)がない
コンビニなどでは、商品破損などさまざまな問題もあるらしい。

またマイバックは、汚れが気になるひとは頻繁に洗うだろうから、その分洗剤、水、電気を
使うし、エコといえるかどうかもよくわからない。
衛生面や、感染症のリスクの上からも安価なレジ袋と比較してどーなのだろうと疑問などが
呈されている。

============wikipedia赤富士(あかふじ)とは、普段は青っぽく見える富士山が、主に晩夏から初秋にかけての早朝に、雲や霧と朝陽との関係から富士山が赤く染まって見える現象をいう。 

浮世絵師・葛飾北斎は、天保2年(1831年)に『富嶽三十六景』の1図として、「凱風快晴」と題する赤富士を描いている。 


代表作の『富嶽三十六景』(合計46枚)のうち
有名で人気のある3作品のうちのひとつ

21. 神奈川沖浪裏(かながおきなみうら)

32. 山下白雨(さんかはくう)黒富士

33. 凱風快晴(がいふうかいせい)赤富士

落款 北斎改爲一筆(ほくさい・あらため・いいつ・ひつ)

 

 

コメント

奄美地方の昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値)奄美

2020年07月05日 | 気象 お天気

 

↑↓ホウオウボク(鳳凰木)は、マメ科ジャケツイバラ亜科の落葉高木。
原産はマダガスカル島。樹高は10-15m。
きのう奄美市名瀬長浜町de写す

気象庁 昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値)奄美

奄美地方の梅雨明けの平年値は6月29日ごろ(同梅雨入り5/11日)ですが、
7月にずれ込むことも珍しくはない。
最近では去年の7/13日 2015年と14年のそれぞれ7/6日 7/4日

1951年以降統計上は、1983年と2010年のそれぞれ7/15日が最も遅い記録


梅雨入り(気象庁データ)    
     
   今年            平年       昨年

沖縄 5月11日ごろ  5月9日ごろ 5月16日ごろ
奄美 5月10日ごろ  5月11日ごろ 5月14日ごろ
九州南部 5月30日ごろ  5月31日ごろ 5月31日ごろ
九州北部 6月11日ごろ     6月5日ごろ 6月26日ごろ

 

梅雨明け 今年           平年      昨年

沖縄  6月12日ごろ  6月23日ごろ 7月10日ごろ
奄美    6月29日ごろ 7月13日ごろ
九州南部   7月14日ごろ 7月24日ごろ

コメント

サルスベリ(百日紅(ヒャクジツコウ)、猿滑、紫薇 ミソハギ科の落葉中高木。

2020年07月03日 | 植物

子の花咲くと、夏を思い出します。

葉は通常2対互生(コクサギ型葉序)、対生になることもある。wiki

コメント

甘夏みかんの種から芽が出た

2020年07月02日 | 植物

↑ ブログヘッダー画像を更新しました。

前景は、4週間ほど前にこの動画を見て、市販の(or 知人からいただいた甘夏)みかんの種

をこちらの動画を見て、卵の中身と取って腐葉土を入れ、土の表面を乾かさない程度の水やりをしながら室内の日当たりのよい場所に置いてあったもの。(外の普通のプランターでも発芽が数本みられる。サクランボ二三種とほかにビワなど)

園芸は苦手で発芽の経験は始めてだ。

以下の写真の6個のうち2個が数日前から伸びはじめ、あとほかに2個の発芽が現在確認される。

コメント

『日本はすでに侵略されている』 新書 – 2019/11/14

2020年06月30日 | 本と雑誌

『日本はすでに侵略されている 』(新潮新書) – 2019/11/14 
平野 秀樹 (著)

書店の、よく行くコーナーに棚差しの文庫本。
面陳の新刊本ではない。よく見つけたものだと思う(棚刺しの本は派手な多面陳列の新刊本より、売れているからこそ残っているという見方もできるのだから、目を凝らしてみるべきだろう思う)。

が見つけた時、不覚にも奄美との関連はすぐには思い浮かばなかった。
タイトルは扇情的ではあるのだが、「昔からよくあるタイトルの本だな」
と思ったからかもしれない。(類似の本は過去何冊か読んだ)

何気にページをめくると、奄美の地元紙に掲載された不動産広告の写真が目に入った。
「山求む!」どんな山奥でも条件が満たされた買取もいたします。 XX不動産」
という2013年の不動産広告」だ。p53

中国の膨張戦略による日本の「国土の不明化」の恐れは、沖縄・奄美・対馬や北海道などの
辺境ばかりではない、東京ののどもとの横須賀などでもおこっているという。

また、不明化は土地ばかりではなく、人・税・エネルギー・統治にも。

著者のプロフィール:1954(昭和29)年兵庫県生まれ。九州大学卒。農学博士。農林水産省中部森林管理局長、東京財団上席研究員などを経て、2019年11月現在、国土資源総研所長、姫路大学特任教授

本書で紹介されている具体的事例は、はじめて聞いた人にはかなりショッキングな内容だろうと思う。農学博士という著者の経歴に注目するといくつか興味深い注目の記事があった。

P195 次の世代のことをよほどの幸運に恵まれない限り、別種や外来種の侵入によって駆逐されてしまいます。P195の箇所で、

先週のニュースになるのか、自民党広報のツイッターで、憲法改正の必要性と結び付けたダーウィン進化論について、「誤用」だとの指摘が相次ぎ、専門家の立場からも「進化論を人間社会に適用するのは基本的に全部間違いだと、自民党広報のツイッター側は旗色がわるい。

この話題と結び付けて考えてよいのか、よくは分からないが、本書の指摘する問題は、ツイッターなどで見られるこうした右か左かのレッテル貼りが優先する議論とは別の問題だろうと思われる。

本書の指摘は島に住んでいると陰謀論にも、オオカミ少年にも思えない気がするのだが・・・。(奄美の自衛隊配備については、奄美駐屯地や奄美警備隊などで検索しました)

==

本書に引用されている、大戦末期、奄美の加計呂麻島で特攻隊長だった作家・島尾敏雄の次の言葉は他のいろいろな文献にも引用される。
P58「日本の歴史の曲がり角では、必ずこの琉球弧の方が騒がしくなるといいますか、琉球弧の方からあるサインが本土の方に送られてくるのです。そしてそのために日本全体がざわめきます」
(ヤポネシアと琉球弧『新編・琉球弧の視点から』所収 P58

著者は、「奄美は今、この国の命運にシグナルを発しているようです」と述べる。

===

amazon 内容(「BOOK」データベースより)
北海道から南西諸島まで、急速に進む外資による国土買収。裏にいるのは、今や覇権・膨張主義をあらわにする中国だ。四半世紀前の李鵬首相の予言、「四〇年後に日本はなくなっている」を現実化するかのように、広大な過疎地や軍事要地となる島々で数多の買収劇が進行する。対する日本は何も対策を講じないまま、目先のインバウンドに浮かれている。土地所有の不明化から社会制度タダ乗りまで、溶解するガバナンスの実態を徹底検証! --このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。    

 

 

コメント