天川荘の宿六の戯言

北信濃渋温泉から四季の味覚と風景をお届けします。

常陸秋の新蕎麦が入荷

2018-02-15 12:44:06 | 日記
先週、待ちに待った常陸秋が入荷したのだ
その時点で記事にして皆様に伝えようとしたが

待てよ、お客様の意見を聞こう



ということで一週間延期した

連休中に、連泊していただいたお客様に信濃一号と常陸秋を
食べていただき感想を聞いてみた



その中で鋭い感想を述べた中学一年生の男の子の意見
「信濃一号のほうが腰は強い、味や香りは常陸秋のほうが強い,でも食べ進むと
信濃一号のほうが飽きが来ない」は、は、は するどい

正に彼の言う通り

要は好みの問題で、最終的にはお客様が気に入ってくれればよい
美人がいいか、かわい娘ちゃんがいいかぐらいの問題

宿六は、美人も可愛い娘ちゃんも好き、スレンダー系もぽっちゃり系もね

この蕎麦粉、今年最後の入荷になりそうだ
知り合いの蕎麦好きに,打って差し上げよう

そうそう、弟子たちにもおすそ分けをしないとね
配達はしてあげない

ほんの僅か、冷凍庫で保存しよう

あるお客様の意見を聞くために
その時が楽しみな宿六なのだ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地獄谷野猿公苑 | トップ | 弟子たちの新年会と蕎麦打ち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事