天川荘の宿六の戯言

北信濃渋温泉から四季の味覚と風景をお届けします。

五月晴れ

2022-05-12 21:27:04 | 日記
宿六、連休も終わりほっとしているところだ
買い物のついでに、町内をドライブ

リンゴの花が咲き誇っている


でも早過ぎはしないか?



昨年も開花が早く、降霜による被害で壊滅状態になったのだ
リンゴの品薄と、品質の低下のダブルパンチに見舞われ
出来のいまいちのリンゴに高額な料金を支払い、贈答品とした

今年もその再来にならぬ様にと、切に思う
何もできない宿六は、おろおろと好天を願うばかりだ
強風、霜、雹と夏の異常な高温は勘弁してもらいたい

宿六にとっては、リンゴは果物であることはもちろんだが
大切な調味料でもあるのだ

使い方は教えることはできないが、いつか一部だけ教えるね

ところで写真、宿六上手じゃないけど信州の景観の良さ伝わるかな?
この地に住み続けて、本当に良かったと心から思えるんだよ



信州はどこに足を運んでも、素晴らしい景観を見せてくれるから
きっと、知らぬうちに心を穏やかにしてもらっているのかもしれない

ジムに通い体を整える人、ヨガで瞑想する人といろいろあるが
この素晴らし景色だけで心が和めば、人生が豊かになると思う

でもこれも人それぞれで、この素晴らしい景色を毎日見てても
部屋の壁紙を見ている様に、何の感動の感じない人もいると思う
やはり毎日の僅かの変化を、見逃してはいけないのだ

今宿六、或る山椒の木を毎日観察している
今収穫すればとびっきり美味しい、佃煮になるが
いやも少し待とう実が膨らみ好みの大きさになったら
ちりめん山椒を作ろう、市販品は山椒が少なすぎる
自分好みにパンチの利いた製品を作ろう

あそこの朴木の葉っぱ、梅雨明けの何時頃に収穫しようかな
これで新しいメニューを作ろう

近所の破竹、葉が随分焼けたけど大丈夫かな

川の水、褐色から水色に代わったな
そろそろ透明になるな、岩魚の活性が上がるな

等とぼんやりと考えている

物事の、流行には鈍感な宿六だが季節の移り変わりには敏感でありたい

皆さんも、近所にある一本の木の変化を一年観察してみて
とくに芽吹きから新緑,さらに深緑まで多くの気づきがあるはずだ

そのうち、人間の観察もうまくなるよ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菜の花まつり

2022-04-28 19:21:11 | 日記
昨日、用事があり飯山市に出かけた、道中あちらこちらに
菜の花が咲き乱れている

もしやと思い帰りは、飯山市の菜の花公園に足を運ぶ
咲いている、しかも満開に近い




菜の花祭りは5月3日から5日までの予定だが、開花が早すぎたようだ
あたり一面に、菜の花の芳香が漂う
蜂蜜の匂いに似ていて、とても甘い
この地は、かの有名な高野辰之が小学校の教師として赴任してきて
この風景を見て有名な、朧月夜の作詞をしたとされている

確かにこの小さな丘の上に立つと、頷ける




渋温泉から車で30分とアクセスもよいので、時間の余裕があればお薦め

天気が良ければ、馬曲温泉の露天風呂もおすすめで、浴槽からの景色が抜群

菜の花公園から数分で、小さなレストラン
土曜日はイタリアンという、変わった名前の店がある
ただ超人気店なので、入店できないかもしれない
午前のやたら早い時間に出かけて、店のテラスで読書をしながら開店を待つ
静かなのでページが進むので、読みかけの本必携

宿六はこの店のサラダが大好き、3~4人前を大皿で頼むといい
パスタとピザも,よその店にはない味わい
入店できることを宿六、願ってあげるね

幸運を祈る

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

開花

2022-04-20 16:57:34 | 日記
天川荘の桜が、例年よりかなり早く開花した
ただ残念なのは、冬の大雪で折れてしまい細い枝のみが残り
昔の面影はなく、寂しい限りなのだ






昨年、F君とBBちゃんがこの桜が満開になったら照らすようにと
大型のライトをプレゼントしてくれたのだが、使う機会をなくしてしまった
春になったらと、意気込んでいただけに残念でならない

また違う使い道を考えよう
露天風呂の上のブナの木を試しにライトアップするのも面白いかもしれない
それとも内湯の外の植え込みでもよいかもしれない

いずれにしてもすっかりみすぼらしい姿になった桜だが
長生きしてくれることを切に望む
最低宿六よりは長く生きてほしいと思う

在りし日の姿も載せておくね



玄関先と、駐車場という事情から下から枝を支える添え木を立てることができず
危ないな、とは常々感じていたのだが手の施しもできないまま今回の結果になってしまったのだ

でも宿六、誰もこの木の下敷きにならずに済んだことに感謝している
自動車も被害がなかったことにも胸をなでおろした

夜中の2時過ぎに折れたことが運が良かったと考えている

桜が散ると毎年、花びらの清掃と秋の落ち葉の始末は結構な労力で
宿六が毎朝と夕方の作業が日課になっていたのだが
今年から少し暇になりそうだ

朝の散歩、復活しようかな

話少しそれるけど、前回のサラダの画像上げておくね
芹とクレソンのサラダ強烈な個性の持ち主だけど
この組み合わせ試してごらん
病みつきになるから

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

試し撮り

2022-04-10 17:47:44 | 日記
久しぶり
宿六、カメラ買いました
しかしブログのページに写真取り込めません

毎度のことでF君に泣きつく、いつもの事だがいやな顔をせずに
親切丁寧に教えてくれる、ありがたい
彼は昨夜、天川荘に宿泊客として一泊してくれたんだよ
春らしい料理が食べたいんだって

今回の料理の中で彼は芹とクレソンのサラダがお気に召したようで
ドレッシングの作り方を聞いたので教えてあげた
写真撮るの忘れたので文章で、皿の中央に芹とクレソンをこんもりと盛る
周りにホタルイカとベビー帆立を不規則に盛り付け色どりにプチトマトと
ラデッシュをちりばめるドレッシングをかけて提供
かなりきれい

ドレッシングは、アンチョビペーストをボウルに入れ砂糖、味の素、にんにく、しょうが汁
和がらしを加えて酢を注ぎよくかき混ぜる信州みそを加え味を見て焼みりんを加え旨味を足す、合わせ出汁で伸ばしオリーブオイルを加え撹拌して出来上がり
試してごらん、蓮根やワカメとも合うウドもうまい

今回、芹とクレソンは裏山で宿六が摘んだもの


やはり摘みたてがうまい
他にクレソンはお浸しにして粒マスタードで和える、これもうまい

春はいいよね、宿六しばらく草喰いを楽しむ予定
みんなもどうですか美味しいよ
食べ過ぎても、馬やウサギになったりしないから保証するからね
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

デジタルカメラと携帯電話

2022-01-30 18:10:34 | 日記
ずーと宿六、投稿をさぼっていたでしょう
言い訳を一言、宿六の長年使用していたカメラが不調になり
画面の取り込みが不能になったんだよ

「だったら宿六、携帯でやればいいじゃん。」と言われそうだが
実は宿六、携帯をいまだに所有していないのだ
家族の強い反対で、昭和の末期から時代が進んでいないのだ
家族の言い分は、宿六の性格から携帯をいじり始めたら
仕事にならなくなる

自分でもわかる、妙に納得
悲しい

でも宿六、遅まきながら気が付いた
今のご時世、携帯なしでは高度な登録など絶対にできないことを
近いうちにカメラを変えて
この秋までに携帯を持とうかな、などと考えている

電話としての機能より、超小型のコンピューターを手に入れるために絶対ほしい
やたら人とは通話はしない、別の目的が大きいのだ

何に使うかは教えないが、真剣に使うことになるだろう

まっ、そのうち気が向いたら教えるけどな

その様なわけで、今回は画像なし
言い訳だけの文章を公開
ごめん

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする