くらのすけのもろもろ日記

近所の野良を中心にねこの写真やへぼ碁にでかけ、戯言等々 徒然に書き記していきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHK杯囲碁トーナメント

2010年11月07日 | 囲碁
地味地味対決。
級位者の私が観ても序盤から白が弱い石かかえて苦しそう。
本来ならそこからプロの技がさえて二転三転するのでしょうが
今回はそのまま黒が押しきったような印象。
しかし丁度時間になったところで投了とは、
対局者の見えるところに放映時間にあわせた時計でもおいてあるのかいな。

あと台湾の囲碁webサイト www.yigo.orgに
NHK杯10月18日(月)張栩棋聖vs趙治勲9段  趙治勲9段の勝ちとありますが
はやりの機密流出か?それともがせ?日時は実際の対局日かな
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 小笠原諸島(7) | トップ | 小笠原諸島(8) »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
地味 (saitoukoukou 三歳児)
2010-11-08 00:18:26
はじめまして。saitoukoukouと申します。

NHKは地味地味対決でしたね。どちらのかたも名前をしりませんでした。

解説の男もなんとなくしっているけど…といったかんじです。





華がないメンバーでした。

奈穂様が一人輝いていました。

いいたい放題ですいません。
地味だけど (有馬街道)
2010-11-08 13:49:42
あの対局者二人は、どちらも挑戦者決定リーグ戦に入ったことがある、かなり強い棋士ですね。

碁ですが、黒は力を出して必死に攻めているけど、白も地が多いから、むしろ黒が大変かなと思っていました。

終盤、白が筋よくいきすぎたためにかえって損をしてしまいました。強すぎるがゆえの失敗というやつですね。
こんばんは (くらのすけ)
2010-11-08 20:23:35
saitoukoukou 三歳児さん
やっぱりそう思いましたか。まあ50人ちかく花のある棋士を集めるっちゅうのが無理でしょうから、こういう対局も自分なりにたのしめるようにならねばと考えます。
聞き手の菜穂さんは今年で丸2年、来年はどうなるのかと早くも心配しております。
聞き手はやっぱり華が必要だと思いますので

有馬街道さん
まあ毎度治勲さんのような解説は望みませんが
地味な対局で解説も難度高いと。この日は上級者向けの1日だったかと。

コメントを投稿

囲碁」カテゴリの最新記事