一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

出資馬の近況

タイムフライヤー 牡7 7/27(水)マイルグランプリ(S2)に森騎手で出走して3着
ケイデンスコール 牡6 8/21(日)札幌記念(G2)に古川吉洋騎手で出走予定
ゴルトベルク 牝5 8/2(火)NF早来放牧
キングスフィリア 牝4 8/20(土)の新潟競馬(瀬波温泉特別・ダ1,800)に岩田康成騎手で出走予定
ルコルセール 牡4 6/15(水)山元トレセン放牧
オーダーナチュラル 牡3 7/21(木)グリーンウッド放牧
ハイエスティーム 牝3 8/14(日)の新潟競馬(3歳未勝利・芝2,000)に川田騎手で出走して1着
レイフル 牝3 8/21(日)の新潟競馬(3歳未勝利・芝1,400)に出走予定
オーディブルコール 牝2 NF空港で育成中
パワフルボンド 牡2 OFリリーバレーで育成中
スウィートリーズンの21 牝1 NF空港で育成中
リュートフルシティの21 牡1 OFリリーバレーで育成中

ハイエスティーム、6戦目で待望の初勝利

2022年08月14日 17時00分48秒 | ハイエスティーム
2022/8/14 美浦TC
----------
8月14日(日)新潟6R・芝2000m(牝馬限定)戦に川田騎手54kgで出走、馬体重は428kg(+2)kgでした。レースでは、五分のスタートを切ると控えて中団馬群のなかで脚をためていきました。道中は馬場の良い外めを選びながら追走していきました。勝負どころで1番人気の馬が外から動いてくると、併せるように外から仕掛けていきました。直線に向いてからは少しギアが上がるのに時間を要しましたが、行き脚がつくと残り200m付近で早くも先頭に踊り出ました。いったん後続を突き放したものの、ゴール前では他馬の猛追に遭いましたが、何とか3/4馬身凌いで嬉しい初勝利を飾っています。勝ち時計は2:00.0でした。レース後、金成調教師は「ようやく勝ててホッとしました。川田騎手も前回の騎乗から思うところがあったようで、どうしても勝ちたかった。と言っていました。まだ成長途上の段階ですし、このあとは放牧に出して良化を促していきたいと思います。ありがとうございました」とコメントしていました。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


相変わらず馬体のラインが細くひ弱さは残りますが、仕上がりは良かったと思います。テレビ画面越しでもパドックの雰囲気は上々だなと。レースでは稍重馬場の影響か行きっぷりが今一つ。道中の鞍上の手応えが良くなく心配しました。それでも4コーナー手前から気合を付けて進出し、直線を向くと内に切れ込むように加速。スパッと抜け出し、そのままゴールまで凌ぎ切ってくれました。待望の初勝利。さすが川田騎手ですね。前回のリベンジをきっちりと果たしてくれました。この時期の未勝利勝ちは本当に嬉しい。一つ勝ったことで今後に繋がります。今日も直線でフラフラしていたようにまだまだ成長の余地を残す馬。今後の更なる伸びシロに期待です。ともあれ、本当に良かった。その一言。ハイエスティームと川田騎手、お疲れさまでした。
コメント (1)

ハイエスティーム、3枠6番(3歳未勝利)

2022年08月13日 21時08分48秒 | ハイエスティーム
明日の新潟6R(13:05)、3歳未勝利(芝2,000)に出走するハイエスティームの枠順が確定しました。3枠6番、川田将雅騎手での出走です。

1 1 シルミオーネ 牝3 51.0kg ▲原優介 萩原清
1 2 フォーユーランラン 牝3 52.0kg △小林脩斗 粕谷昌央
2 3 ノアチェリー 牝3 54.0kg 江田照男 大江原哲
2 4 イントロバート 牝3 54.0kg 木幡巧也 的場均
3 5 フレイムリリー 牝3 52.0kg ◇藤田菜七子 深山雅史
3 6 ハイエスティーム 牝3 54.0kg 川田将雅 金成貴史
4 7 ネージュプドルーズ 牝3 54.0kg 和田竜二 尾関知人
4 8 ブルーグラスソング 牝3 54.0kg 丸田恭介 大竹正博
5 9 ロンギングママー 牝3 54.0kg 石橋脩 黒岩陽一
5 10 ラベンダージェンヌ 牝3 54.0kg 菊沢一樹 和田勇介
6 11 ヒメゴゼン 牝3 54.0kg 柴田大知 畠山吉宏
6 12 キアナフリューゲル 牝3 54.0kg 内田博幸 和田勇介
7 13 ジャスコ 牝3 54.0kg 田辺裕信 尾形和幸
7 14 ニシノジャズ 牝3 54.0kg 武藤雅 水野貴広
7 15 アイスランドポピー 牝3 54.0kg C.ルメール 中川公成
8 16 アンジェラカフェ 牝3 54.0kg 武士沢友治 和田勇介
8 17 フィールドゲラン 牝3 54.0kg 野中悠太郎 小西一男
8 18 デルマセイレーン 牝3 54.0kg 戸崎圭太 鈴木慎太郎

前走はレース間隔が詰まっていた影響でガス欠状態になり失速。多少の不利もありましたが、それよりも体力的にきつかったかなと。そこから放牧を挟んでリフレッシュ。川田騎手も前回のリベンジがありますし、気合いを入れて乗ってくれるでしょう。ここでダメだと未勝利のリミットまでに再び間隔を詰めて使うことになり、前走のようにパフォーマンスを発揮できない可能性が高いと思います。実質的に今回がラストチャンス。ハイエスティームにとって勝負の一戦です。好発から流れに乗って先団で進め、抜け出す競馬が理想。初勝利を願って応援します。ガンバレ!
コメント (7)

ケイデンスコール、フルキチ騎乗で一週前追い切り

2022年08月11日 14時30分15秒 | ケイデンスコール
2022/8/11 函館競馬場
----------
8月11日(木)は芝コースで追い切られました。騎乗した古川騎手は「まだ動きに重い感じがあったので、これで変わってくれるといいのですが」、安田隆行調教師は「今週末と来週の追い切りで、ジョッキーに指摘された重さの解消を図りたいです」と話しています。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


休み明けということもあって、コメントからもだいぶ重め残りな雰囲気です。レースまでにどこまで仕上がってくるか。かなりのメンバーが揃うようで、万全の状態でも厳しいことが見込まれます。重め残りとなると参加賞で終わりでしょう。せめて動ける体で出てきて欲しいのですが・・・。
コメント

ゴルトベルク 、軽めの運動で馬体回復

2022年08月11日 14時17分45秒 | ゴルトベルク
2022/8/11 NF早来
----------
現在はトレッドミルで軽めの運動を行っています。レースのダメージはそれほどみられないものの、馬体が少し減っているので、軽く体を動かしながら、回復を促しています。近日中に乗り運動を再開して、その感触をみて次の目標を決めます。現在の馬体重は421kgです。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


レースダメージはそれほどなさそうなので、次に向けて乗り出して進めることができそうです。どこを目指すのか分かりませんが、寒くなって調子を落とす前に使いたいですね。適鞍はどこだろう。
コメント

レイフル、新潟競馬場へ直接入厩

2022年08月10日 15時41分14秒 | レイフル
2022/8/10 新潟競馬場
----------
10日に新潟競馬場へ帰厩しました。「天栄での状況、馬のこと、今の暑さ等々を踏まえて、今回は短期調整でレースへ向かうことになったのですが、輸送による消耗を減らして少しでも余力を持たせていい状態で臨めればと思いまして、美浦トレセンに入れるのではなく新潟競馬場に直接入れさせていただくことにしました。今週から現地での調整が可能になることから本当に直前入りということにはなりましたが、そのことを見越して天栄でギリギリまでしっかりと乗ってもらっていましたので、何とかいい形でレースへ向かえるように持っていけたらと思っています。まずは明日より軽めから動かしていきます」(木村師)状態次第になりますが、今のところ21日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1400m)に出走を予定しています。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


なるほど、その手がありましたね。馬体減りが一番の懸念材料なので、少しでも維持するためにはこれが最善の策だと思います。レイフルにとって、10日競馬と直接現地入りのコンボがプラスに働くはず。ラストチャンスの未勝利戦、頑張って欲しいです。
コメント

キングスフィリア、岩田康成騎手で8/20(土)新潟戦を予定

2022年08月10日 14時58分37秒 | キングスフィリア
2022/8/10 美浦TC
----------
来週8月20日(土)新潟9R・瀬波温泉特別(ダート1800m)に岩田康誠騎手で出走を予定しています。きょう10日(水)はポリトラックで5F67.5-51.8-37.9-11.6秒をマーク、3歳未勝利馬を追走して先着しています。萩原調教師は「休養明けですので、感触を確かめることに重きを置きました。動きはまずまずで、悪くなかったですよ。予定どおり、来週のレースに出走させられそうです」と話しています。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


先週帰厩しています。来週に向けて引き続き順調に。夏場に状態が上がるタイプのようなので、その点にも期待です。2勝クラスに昇級して前走は惨敗でした。昇級2戦目で前進があれば。
コメント

ハイエスティーム、予定通り日曜新潟戦へ

2022年08月10日 14時54分32秒 | ハイエスティーム
2022/8/10 美浦TC
----------
今週8月14日(日)新潟6R・芝2000m(牝馬限定)戦に川田騎手54kgで出走を予定しています。フルゲート18頭のところに出走表明馬は17頭のみです。きょう10日(水)はポリコースで併せて追い切り、5F71.3-55.1-40.1-12.5秒の時計をマークしています。金成調教師は「輸送もあるので負荷が掛かり過ぎないようにポリコースで調整しました。フレッシュな状態にありますし、良い動きでした。ここはなんとか決めてほしいと願っています」とコメントしていました。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


今週が勝負です。間隔を詰めて使うと前走のようにダメなので、実質ここがラストチャンスと考えています。状態は良さそうなので、何とか勝ち上がって欲しい。心配なのは週末の天気です。雨予報なんよね・・・。当日どんな馬場状態になるだろう。あまり悪化して欲しくないんですが。
コメント

レイフル、今週中に帰厩予定

2022年08月10日 08時54分47秒 | レイフル
2022/8/9 NF天栄
----------
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。「この中間も変わりはありません。そして、第一目標を新潟の芝1400m戦に定めることになり、今週の移動で予定を組んでもらうことになりました。移動に備えて速いところは今朝ではなく月曜日に済ませてありますので、この後も異常がないかをしっかりと確認したうえで無事に送り出すことができたらと思っています」(天栄担当者)
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


8/21(日)の新潟1,400戦が目標だと思います。トレセン滞在をできるだけ短くして直前帰厩でレースに臨みたいという意図から、本日帰厩しての10日競馬でしょうね。前走は-22kgと目を疑う数字。ラストチャンスの今回、馬体を増やして、走れる態勢を整えて出てきて欲しいです。
コメント

オーダーナチュラル、近日中に騎乗調教を再開予定

2022年08月08日 12時09分27秒 | オーダーナチュラル
2022/8/8 グリーンW
----------
この中間は右前肢の歩様も問題ないことから、ウォーキングマシン運動に加えてトレッドミル運動を取り入れ運動負荷を高めています。軽めキャンターまでスピードを上げていますがとくに問題なく、馬体重も461kgまで回復してきました。近日中に騎乗調教を再開していく方針です。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


放牧後も右前に不安が出なくて良かったです。レースから時間が経って表面化することもありますから。もう大丈夫かな。馬体も回復して、そろそろ乗り運動も始めていくようです。秋競馬での復帰を目指して、順調に進んで欲しいと思います。
コメント

ハイエスティーム、ウッドコースで一週前追い切り

2022年08月04日 10時28分40秒 | ハイエスティーム
2022/8/4 美浦TC
----------
来週8月14日(日)新潟6R・芝2000m(牝馬限定)戦に川田騎手で出走を予定しています。きょう4日(木)はウッドチップコースで併せて追い切り、5F70.3-53.6-38.2-12.2秒の時計をマークして良い動きを見せていました。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


ここまで順調ですね。来週までにはシッカリと仕上がるでしょう。ただ、体の小さい牝馬なので、この暑い中で馬体維持が心配です。その辺を上手にクリアして、良い状態で来週の新潟に出てきて欲しいと思います。間隔を詰めて使うと体力不足でガス欠になるので、実質あと1走、来週の競馬が勝負です。不安なくレースを迎えることができるよう、引き続き順調に。
コメント (2)

ハイエスティーム、川田騎手で来週の新潟戦へ

2022年08月03日 15時30分42秒 | ハイエスティーム
2022/8/3 美浦TC
----------
来週8月14日(日)新潟6R・芝2000m(牝馬限定)戦に川田騎手で出走を予定しています。帰厩後は順調に調整されており、さっそく7月31日(日)は坂路コースで、4F57.3-40.8-26.5-13.3秒の時計をマークしています。きょう(水)はゲート確認をしており、問題ありませんでした。あす4日(木)に追い切りを予定しています。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


川田騎手、リベンジですね。前々走で川田騎手が騎乗した際には進路が詰まって勝ちを逃しました。川田騎手が自身のコラム(月刊 川田将雅)でこの騎乗についてミスであった、申し訳ないとコメントしており、その気持ちを持って今回の競馬に臨んでくれることでしょう。改めての起用からも、ここは勝たないといけないという陣営の思いを感じます。何とか勝ち上がりたいです。
コメント

キングスフィリア、本日美浦トレセン帰厩

2022年08月03日 13時30分16秒 | キングスフィリア
2022/8/3 美浦TC
----------
山元TCでは順調に調教を重ねることができたことから、本日8月3日(水)に美浦TCへ帰厩しています。こちらで追い切りを重ねながら出走態勢を整えていきます。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


40℃超えの記録的猛暑の中、本日美浦トレセンに帰厩したようです。ガサのない牝馬だけど大丈夫かいな。今月中の新潟開催を目標に進めると思います。馬の調子自体は非常に良さそうなので、改めて2勝クラスでどのくらい走れるか、期待しています。
コメント

ゴルトベルク、NF早来放牧へ

2022年08月03日 13時16分01秒 | ゴルトベルク
2022/8/3 NF早来
----------
レース後も変わりなく、昨日8月2日(火)NF早来に放牧に出ました。放牧後の状態をみて、次走を検討します。手塚調教師はあらためて前走を振り返り「馬体減は札幌競馬場の馬房の場所も影響したのではないかと思います。今回は人の往来が多い所だったので、馬がナーバスになってしまったと思います。レースは外を通らざるをえないなか、よく走ったと思います。着順ほど内容は悪くなく、悲観はしていません」と話しています。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


3歳の年明けに骨折して手術を行い、その後4ヶ月くらいNF早来に滞在しましたが、それ以来約2年ぶりにNF早来に戻ったことになります。先週の競馬はゴルトベルクなりに良く頑張ってくれました。馬体重もギリギリだったし、ここでリフレッシュして英気を養って欲しいと思います。あと引退まで半年ちょっと、できれば早く次のレースに向かいたいけどね。
コメント

レイフル、変わりなく順調も・・・

2022年08月02日 17時49分54秒 | レイフル
2022/8/2 NF天栄
----------
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。「調整自体は変わりなく行えていますし、順調に来ていると見ています。厩舎とは『ギリギリまでこちらで乗り込んで送り出せればと思っています』とお話しているので、もう少ししたら移動し、レースを目指すという流れになります。馬体重は443キロです」(天栄担当者)
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


調整自体は順調ですが、どうもコメントの歯切れが悪いですね。おそらく状態面は悪くもなく、かと言って良いという程でもなく・・・という感じかなと。ただリミットは待ってくれません。少しでも状態を上げてラストチャンスへ。引き続き順調に進んで欲しいと思います。
コメント

ゴルトベルク、クイーンSは11着

2022年07月31日 18時11分05秒 | ゴルトベルク
2022/7/31 札幌競馬場
----------
7月31日(日)札幌11R・クイーンS(G3・芝1800m牝馬限定戦)に55kg荻野極騎手で出走し、勝ち馬から0秒7差の11着、馬体重はマイナス14kgの426kgでした。レースは先行6番手を追走、道中外めを進みました。3コーナーから騎手が促して、4コーナーで仕掛けましたが、最後の直線では前との差を詰められませんでした。レース後、手塚調教師は「今回マイナス14kgでしたが、細くはありませんでした。本日は前走と異なり、大外枠で外々を回らされてしまい、ロスが大きかったですね。それでも最後の直線では前が狭くなるところがありましたが、ゴールまで頑張っていました。この後は明後日8月2日(火)にNF早来に放牧予定です」と話しています。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


五分のスタートから積極的に先団を追走して、良いレースを見せてくれました。最後の直線で挟まれて狭くなるシーンもありましたが、大勢に影響はなかったと思います。現状ではこの辺りが精一杯かな。6歳3月の引退まであと半年ちょっと、冬になって寒くなると調子が上がらない馬なので、ここからのローテーションが難しいですね。次はどこを目指すんだろう。

2022/7/31 札幌競馬場








コメント