一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

ケイデンスコール、デビュー戦はハナ差の2着

2018年06月30日 15時44分11秒 | ケイデンスコール
2018/6/30 栗東TC
----------
6/30(土)中京5R・芝1600m戦に出走・デビュー、勝ち馬からハナ差の2着、馬体重は464kgでした。五分のスタートから控えて6番手の追走となりました。スローペースながら折り合っており、直線入口から仕掛けていき、直線では大外から伸びてきて一瞬先頭に立ちました。しかし、最後は勝ち馬との叩き合いになり、内から差し返されて惜しくも敗れています。福永騎手は「スタートは良かったのですが、他馬を気にしてハミ受けがいまひとつでした。勝ち馬をマークして、先に仕掛けて先頭に立ったものの、最後踏ん張ることができませんでした」とレースを振り返っています。臨場の調教助手は「勝ち馬が強かったものの、本馬はまだ馬体に余裕がありました。この後は一旦NFしがらきへの放牧を予定してします。距離が延びても大丈夫でしょうし、次走は小倉戦か、ブロック制で出走できるか微妙ですが新潟戦も検討していきます」とのコメントがありました。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


パドックでは非常に落ち着いていました。デビュー戦でチャカチャカする馬もいる中、マイペースで周回。気性的に安定した馬ですね。レースでは、ゲートをポンと出て好スタート。そのまま前に行くのかなと見ていたら、やや控えて5番手を追走します。どうやら、他馬を気にして進んで行かなかったよう。4コーナー手前から徐々に進出すると、そのまま直線では外から一気に加速して差し切る勢いで、一旦はアドマイヤマーズを交わしたように見えましたが、相手もしぶとくマッチレースになり、最後はハナ差で競り負けての2着でした。勝ちパターンかと思ったんですが残念。でも、メンバー最速上がり33.1秒の脚は能力の証拠です。負けたのは悔しいですが、相手もかなり強い馬。今後またどこかでリベンジしたいものです。ともあれ、デビュー戦としては上々。まだ成長途上ですし、使いつつ良くなっていけば。一息入れるようですが、次走の勝ち上がりに期待したいと思います。

2018/6/30 中京競馬場




『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ケイデンスコール、8枠8番(2... | トップ | リャスナ、近況レポート(201... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヤエノムテキ)
2018-07-01 16:28:51
デビュー戦ハナ差の2着、残念でしたね・・。

でも能力があるのは間違いないのがわかっただけにうらやましいですね!!やっぱりデビュー前が一番緊張しますし・・。

あの速い上がりを使えるのは一流馬の素質の証明ですし、ゴンザレスさんの馬見のすごさがまた証明されましたね!!
ヤエノムテキさんへ (ゴンザレス)
2018-07-01 16:44:56
そういうキャラに仕立てあげるのはやめてください(笑)そんなこと全く思っていませんから。選んだ馬が走ってくれることがレアで、走らないケースが圧倒的に多い訳ですが、やはり夢一杯の新馬戦前が一番ドキドキしますね。ケイデンスは負けましたが、能力は秘めてそうですし、今後が楽しみになりました。順調にいくことを願うばかりです^^

コメントを投稿

ケイデンスコール」カテゴリの最新記事