一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

トゥルーウインド、前から大きく離された4着

2019年01月13日 21時21分19秒 | トゥルーウインド
2019/1/13 美浦TC
----------
1月13日(日)中山4R・障害未勝利(直線ダート2880m)戦に五十嵐騎手60kgで出走、馬体重は460kg(+10)で2番人気でした。道中は無難は飛越で、先団の後ろの5~6番手を追走していく展開となりました。ただ早めに動いた勝ち馬には大きく離されてしまい、最後の直線で追い上げたものの勝ち馬と2.3秒差の4着まででした。レース後、五十嵐騎手は「微妙に体に余裕があったかもしれませんが、レースの流れには乗れていました。いままではレース途中でやめてしまうことがたびたびあったようですが、きょうは最後まであきらめず走れていました」とコメントしています。また田中剛調教師は「これから良くなっていくはずですし、権利も取れたので、中京へ続戦していきたいと考えています」と話していました。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


勝ち馬は平地で重賞を勝っている馬ですし、脚力勝負では歯が立ちません。経験を生かして飛越でアドバンテージが取れればと思っていましたが、障害デビュー戦で無難にレースをされては成す術ナシ。まあ、勝ち馬はおそらく障害でトップクラスを展望する馬。これは別格としても、2着からも大きく離され、今日は完敗ですね。自分で動いて押し切れるような馬ではありませんし、単騎でポンと逃げてマイペースで行かせてもらうとか、展開に恵まれないと勝ち切るには厳しいと改めて感じました。それでも、コンスタントにレースを走れるのは何より。どこかでハマることを願って、引き続き応援していこうと思います。大丈夫、そのうち順番が回って来るぞ!

2018/1/13 中山競馬場


『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ステファノス、ニュージーラ... | トップ | ジャストコーズ、後方から見... »

コメントを投稿

トゥルーウインド」カテゴリの最新記事