一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

オーダーナチュラル、中団から差を詰めるも3着まで

2022年06月26日 14時10分17秒 | オーダーナチュラル
2022/6/26 栗東TC
----------
6月26日(日)阪神4R・芝1600m戦に★今村騎手52kgで出走、馬体重は446kg(-4)でした。レースでは、ほぼ五分のスタートを切ると控えて、中団馬群の内め10番手あたりで脚をためていきました。手応えを残したまま直線に向いて追い出していくと、馬場の真ん中からギアが上がって伸びてきました。坂の上りでは馬と馬との間を割って、最後までよく差を詰めてきましたが、先に抜け出した勝ち馬から0.3秒差の3着に順位を上げたところがゴールでした。レース後、高橋調教師は「これまでのレースと違って道中の行きっぷりも良かったのは減量騎手の効果もあったと思います。狭いところに入っていたものの最後は上手にさばいて良く差を詰めていましたが、先行勢も止まりませんでしたね。次走への優先出走権も獲得しましたので、レース後をよく確認して続戦していく予定です」と話していました。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


課題のスタートも五分にゲートを出て、道中も中団で追走できました。内枠からインの追走だったため、やや窮屈になる場面もありましたが、概ね流れに乗ってレースができたと思います。直線の進路確保も鞍上が上手く導いてくれました。ゴチャ付いたところを割って出てきた分、加速に手間取り、先に抜け出した馬に届きませんでしたが、内容的には十分。レースを経験するごとに上手に走れるようになっていますね。とは言え、何とか8月までに勝たないといけません。権利を取って、さて、次はどこを目標にするかな。

2022/6/26 阪神競馬場






コメント    この記事についてブログを書く
« オーダーナチュラル、2枠3番... | トップ | キングスフィリア、騎乗調教... »

コメントを投稿

オーダーナチュラル」カテゴリの最新記事