一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

タイムフライヤー、浅屈腱に軽度の炎症

2019年04月15日 17時46分31秒 | タイムフライヤー
2019/4/13 山元TC
----------
左前脚の蹄は装蹄よって左右のバランスを調整しました。しかし、念のために行った検査の結果、浅屈腱の周囲に軽度の炎症が確認されました。このまま調教を進めると症状が悪化する恐れがあることから、大事をとって当面はトレッドミルの運動に留め、患部の回復を優先します。現在の馬体重は496kgです。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


平安S(G3)での復帰を目指すとアナウンスされた矢先に脚部不安を発症したタイムフライヤー。今回のレポートでは、「浅屈腱の周囲に軽度の炎症」とイヤな文言があります。今後の推移を見守る必要がありますが、屈腱炎となると長期休養ですね。復帰目前だったのにツイてないなぁ。大事に至らず回復してくれると良いのですが。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« トゥルーウインド、今月下旬... | トップ | ケイデンスコール、NHKマイル... »

コメントを投稿

タイムフライヤー」カテゴリの最新記事