一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

ジャストコーズ、7枠12番(麒麟山特別)

2018年08月10日 12時05分57秒 | ジャストコーズ
明日の新潟10R(15:10)、麒麟山特別(ダ1,800)に出走するジャストコーズの枠順が確定しました。7枠12番、北村宏司騎手での出走です。

1 1 ダンツチェック 牝5 52.0kg 柴田善臣 山内研二
2 2 ドラゴンズタイム 牡7 54.0kg 伊藤工真 高橋文雅
2 3 ダイワインパルス 牡6 56.0kg 内田博幸 宗像義忠
3 4 パブリックフレンド 牡6 53.0kg 木幡育也 宗像義忠
3 5 アームズレングス 牝5 52.0kg M.デムーロ 加藤征弘
4 6 アナザートゥルース セ4 57.5kg 大野拓弥 高木登
4 7 ダンカン 牡6 54.0kg 柴田大知 中尾秀正
5 8 スペルマロン セ4 56.0kg 江田照男 古賀史生
5 9 サウンドマジック 牝4 52.0kg 藤田菜七子 和田正一郎
6 10 ウォーターレスター 牡5 54.0kg 丸田恭介 庄野靖志
6 11 コティニャック 牡6 55.0kg 三浦皇成 南田美知雄
7 12 ジャストコーズ セ5 54.0kg 北村宏司 岡田稲男
7 13 チュウワウィザード 牡3 54.0kg 戸崎圭太 大久保龍志
8 14 スクラッタ 牝5 51.0kg 嘉藤貴行 武市康男
8 15 ボーントゥレイン 牡5 54.0kg 木幡巧也 田村康仁

ダービーデーに京都で500万を勝ち、リフレッシュ放牧を挟んでの昇級初戦となります。前走は展開がハマったとは言え、直線は目を見張る伸びでした。ずっと中央未勝利だった善戦マンが一皮剥けるキッカケになってくれたらという期待はありますが、まあ元々詰めの甘い馬ですし、このクラスでいきなり勝ち負けになるようなイメージは正直ありません。相手ナリと言うタイプで、大凡走はないと思いますが、それなりに走って8着以内であれば御の字、掲示板に載れたら大善戦、そんなイメージかな。相手関係を見渡すと、 アナザートゥルースという明らかに格上の存在がいますし、この馬が2枚くらい抜けて強いでしょう。ジャストコーズにとっては、まずはこのクラスでシッカリと走ること、最後までレースを止めないことです。暑い時期ですが、バテずに元気に走って来て欲しいと思います。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ラプリュベル、近況レポート... | トップ | ジャストコーズ、昇級初戦は7着 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なかれもん)
2018-08-11 09:07:42
おそらくサウンドマジックの単騎逃げ、アナザートゥルースが好位で落ち着いたペースって感じですかね。

とにかく急かさず最後まで止めないレースをしてくれればひとまず良しじゃないでしょうか。

それでどこまで足が使えるか。
なかれもんさんへ (ゴンザレス)
2018-08-11 13:06:14
スイッチが入れば面白いと思うんですけどね。前走はハマったとはいえ、あんな脚を持っていたんだというくらい鮮やかでしたから。どこかに隠れているスイッチを、前走の和田騎手のように北村騎手が押すことができるかどうか。まあ、今回は昇級戦ですし、どれだけ走れるか見守りたいと思います。気楽に応援しましょう(笑)

コメントを投稿

ジャストコーズ」カテゴリの最新記事