一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

リビングマイライフ、立ち直りの兆しを見せる6着

2019年03月17日 22時06分50秒 | リビングマイライフ
2019/3/17 美浦TC
-----------
3月17日(日)中京・豊橋特別(芝1200m)に55kg藤岡康太騎手で出走し、馬体重は前走から+4kgの498kgでした。レースでは、五分のスタートを切りました。中団に控える格好となり、向正面は後方6・7番手で追走。勝負どころは先行集団の後ろまでジワジワと進出しました。直線に向くと馬場の良い外めに進路を取り、末脚を繰り出します。上位のライバルの伸びには屈したものの、掲示板まであと一歩のところに迫りました。勝ち馬からは0.6秒差の6着で入線しています。「調教師からは『リズム良く競馬をしてほしい』という指示がありましたので、出たなりのポジションに留まり、下手に動きませんでした。道中は舌鼓を使ったところ、スッと反応しました。いい感じで直線に向いて、一瞬グッと反応しかけたものの、前の馬を気にしてフワッとしてしまいました。坂で止まっているというよりは気持ちが影響しており、精神的に頼りなさが残るのは事実ですね。それでも今日のような競馬を続けていけば、いずれチャンスは回ってくると思います。最低でも5着をというところでしたが、申し訳ありませんでした」(藤岡康太騎手)
-----------
【G1サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


初の1,200戦でしたが、五分のスタートから馬の行く気に任せて中団を追走。手応え良く直線を向き、外に持ち出すとグッと反応して、一瞬おっという場面がありました。勝ち負けに加わることはできませんでしたが、6着と立ち直りの兆しを見せる走り。惨敗続きで、正直期待値は低かったですが、あわや掲示板というところまで来るとは思いませんでした。1,200戦が合ってそうですね。この距離を使っていけば、どこかでチャンスがあるかもしれません。次に繋がる良いレースでした。

2019/3/17 中京競馬場


『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« レッドブルホンダ、フェルス... | トップ | ジャストコーズ、間もなく帰... »

コメントを投稿

リビングマイライフ」カテゴリの最新記事