一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

愛馬の近況

ステファノス 牡7 10/7(日)毎日王冠(G2)に福永騎手で出走予定
トゥルーウインド 牡6 10/6(土)の東京競馬(障害未勝利・ダ3,000)に五十嵐騎手で出走予定
ジャストコーズ セ5 10/7(日)の京都競馬(3歳以上1,000万円下・ダ1,900)に和田騎手で出走予定
サーベラージュ セ4 7/25(水)山元トレセン放牧
アロマドゥルセ 牝4 9/30(日)の阪神競馬(兵庫特別・芝2,400)に北村友騎手で出走予定
タイムフライヤー 牡3 9/23(日)神戸新聞杯(G2)に和田騎手で出走して6着
リビングマイライフ 牝3 8/11(土)山元トレセン放牧
ブルーメンクローネ 牝3 8/11(土)NF空港へ移動
ケイデンスコール 牡2 8/31(金)NFしがらき放牧
ラプリュベル 牝2 8/28(火)グリーンウッドへ移動
リャスナ 牝2 9/6(木)NFしがらき放牧
グルヴェイグの17 牝1 一次募集で出資確定
ローガンサファイアの17 牡1 一次募集で出資確定

リビングマイライフ、8枠16番(3歳以上500万下)

2018年08月04日 13時02分37秒 | リビングマイライフ
明日の新潟12R(16:30)、3歳以上500万下(芝1,400)に出走するリビングマイライフの枠順が確定しました。8枠16番、松岡正海騎手での出走です。

1 1 ブライティアサイト 牝4 52.0kg ▲山田敬士 栗田博憲
1 2 スピアーノ 牝3 52.0kg 津村明秀 池上昌和
2 3 ハイアーグラウンド 牡4 57.0kg 石橋脩 大和田成
2 4 アイアムヒメ 牝3 52.0kg 田中勝春 菊川正達
3 5 メルムサール セ3 54.0kg 江田照男 田中剛
3 6 エトナ 牡3 54.0kg 戸崎圭太 栗田博憲
4 7 サンタナブルー 牡6 55.0kg △藤田菜七子 和田雄二
4 8 チョコマウンテン 牡4 57.0kg 横山和生 小野次郎
5 9 マイティーワークス 牝3 52.0kg 三浦皇成 菊川正達
5 10 グットクルサマー 牡3 54.0kg 福永祐一 国枝栄
6 11 レッドヴィクター セ4 54.0kg ▲木幡育也 藤沢和雄
6 12 ロフティフレーズ 牝3 52.0kg 内田博幸 上原博之
7 13 シアトルトウショウ 牝3 52.0kg 酒井学 萱野浩二
7 14 ニシノウララ 牝3 52.0kg 北村宏司 伊藤大士
7 15 グラドゥアーレ 牡4 57.0kg C.ルメール 小西一男
8 16 リビングマイライフ 牝3 52.0kg 松岡正海 久保田貴士
8 17 ベストティアーズ 牝4 55.0kg 大野拓弥 林徹
8 18 プロタゴニスト 牡7 56.0kg ☆木幡巧也 高橋文雅

GWに同じ新潟1,400で勝ち上がりましたが、当時は馬体に痛いところがあったり、硬さが出たり、ギリギリの状態で使ったような印象でした。シッカリと勝ってくれたことで、放牧を挟んでジックリと調整できましたし、状態は上がっていると思います。まだ脚元にモヤモヤしたところがあり、不安が全くない訳ではありませんが、帰厩後の追い切りも順調に消化していますし、態勢は整ったでしょう。あとは、昇級戦での能力比較、相手関係がどうかというだけです。多頭数立てになりましたが、外目の枠から好スタートを切って先行する自分のレースをして欲しいですね。このクラスに入ってどこまで走れるか、今後にメドの付くレースができるか、レースぶりを見守りたいと思います。
コメント

トゥルーウインド、障害2戦目は2着

2018年08月04日 12時29分36秒 | トゥルーウインド
2018/8/4 美浦TC
----------
8月4日(土)新潟4R・障害未勝利(芝2850m)戦に五十嵐騎手60kgで出走、馬体重は前走から2kg減の442kgで、ここは5番人気でした。好スタートを切って最初の障害を先頭で飛越しましたが、その後は控えて6~7番手のインコースを追走していきました。道中は無難な飛越で徐々に順位を上げて、最終コーナーを2番手で廻りましたが、直線は勝った馬を捉えるところまではいかずに、6馬身差の2着でゴールしています。レース後、五十嵐騎手は「この馬の力は出せたと思いますが、勝った馬の手ごたえが良くて、きょうのところは相手が強かったです。飛越は安定してきて、余裕のある気持ちで向かっていたのが良かったですね」とコメント、また田中剛調教師は「新潟コースが合っていると思っていましたが、レースぶりが前進して良かったです。道中は安定して走っていましたし、ハナにこだわらなくても競馬ができたのは収穫でした。次走については様子をみてから決めることにします」と話していました。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


好スタートからハナに行くのかと思ったら、他に速い馬が何頭かおり、4~5番手を追走することになりました。大丈夫か?と心配になりましたが、そこから道中はずっとインでリズム良く走っており、バテた馬を交わしつつ、徐々に番手を上げていきます。飛越も全く問題ナシ。ポジションを押し上げる際の手応えも素晴らしく、強かった勝ち馬には及びませんでしたが、障害2戦目で2着と前進を見せてくれました。今日のレースぶりには満足です。障害で勝ち上がれそうなメドが立ちましたし、これで次走以降に期待が持てます。暑い時期なので、体調と相談しながら、また頑張って欲しいものです。

2018/8/4 新潟競馬場








コメント