一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

愛馬の近況

ステファノス 牡7 11/15(木)栗東トレセン帰厩
トゥルーウインド 牡6 10/13(土)山元トレセン放牧
ジャストコーズ セ5 10/20(土)グリーンウッド放牧
サーベラージュ セ4 7/25(水)山元トレセン放牧
アロマドゥルセ 牝4 11/24(土)の京都競馬(高雄特別・芝2,400)にM.デムーロ騎手で出走予定
タイムフライヤー 牡3 10/27(土)山元トレセン放牧
リビングマイライフ 牝3 8/11(土)山元トレセン放牧
ブルーメンクローネ 牝3 8/11(土)NF空港へ移動
ケイデンスコール 牡2 11/14(水)栗東トレセン帰厩 12/16(日)朝日杯FS(G1)に出走予定
ラプリュベル 牝2 10/18(金)栗東トレセン入厩 11/1(木)ゲート試験合格
リャスナ 牝2 11/9(金)栗東トレセン入厩
グルヴェイグの17 牝1 NF早来で育成中
ローガンサファイアの17 牡1 NF空港で育成中

ノルナゲスト、引退

2018年05月14日 23時02分58秒 | 【引退】14年産出資馬
2018/5/14 大井競馬場
----------
レース後も馬体に異常はありませんでした。ここまでJRAへの再登録を目指してきましたが、C2クラスで最高着順が4着という成績では、再登録条件の3勝を挙げることは難しいといわざるをえません。改めて調教師と協議した結果、同馬を引退させることにいたしました。JRAへの復帰を心待ちにされていた会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


血統背景からも期待が大きかった馬ですが、残念ながら能力的に厳しいものがありました。振り返れば、2歳年明けに原因不明のトモの歩様が悪くなった時、イヤな予感はありました。入厩前にNFしがらきで順調にも関わらず5ヶ月も待たされたのも謎でしたし、不穏な空気がありましたよね。入厩後は一転して短い間隔でレースをバリバリ消化。能力の問題はさておき、この馬にとってベストな状態で走れたことが何回あったかと思うと、可哀そうな気がします。ただ、中央で勝てなかった時点で能力不足は明らかで、正直に言えば地方続戦は個人的には反対でした。そこまでのレースぶりから能力を感じなかったのが本音でしたし、無理だろうという感覚しかありませんでした。ただ、それでも続戦というからには、表には見えないモノを現場では感じているのかもしれないというのが淡い期待で、希望はその一点だけ。しかし、やはり厳しい結果が待っていました。地方続戦の判断についても、地方転籍後の引退の判断時期についても、疑問ばかりですが、まあこれ以上は言うまい。馬は頑張って走ってくれました。お疲れさまと言ってあげたいと思います。今後の馬生に幸あらんことを。


ノルナゲスト
 父ハービンジャー
 母ヴェルザンディ(アグネスタキオン)

2014年2月24日 生まれ
ノーザンファーム生産
栗東 矢作芳人厩舎
大井 月岡健二厩舎厩舎

中央:8戦0勝 0-0-1-1-1-5
地方:7戦0勝 0-0-0-1-0-6
コメント

ノルナゲスト、地方7戦目も8着完敗

2018年05月09日 21時59分38秒 | 【引退】14年産出資馬
2018/5/9 大井競馬場
----------
5月9日(水)大井6R・C2(六)(七)組・距離1600m戦へ56kg町田騎手で出走し8着、馬体重はマイナス1kgの468kg。引き続き張り艶の良さが目立っており、躍動感のある歩きでパドックを周回し絶好の気配でした。単勝は32.7倍の7番人気。レースでは五分のスタートも挟まれてしまい、後方3番手からの競馬になりました。向正面中ほどから早めに動いていきましたが、3、4コーナーで差をつめられず、直線追われてからも伸びを欠き1.5秒差の1分45秒8の8着に敗退しています。町田騎手からは「馬場が悪く、スローペースが予測できたので前で競馬をするつもりだったのですが、左右から挟まれて怯んでしまいました。あそこで抜ける脚があれば、違った結果になっていたと思います。道中の感じは良く、手応えは今までの中でいちばんでした。ただ、3コーナーで動けません。完全な前残りの遅い流れでしたので、あそこで動けないと厳しいです」と、月岡調教師からは「不良馬場、展開、スタート直後の不利など、悪い条件が重なってしまいました。町田騎手の言うように3コーナーで動けない馬なので、勝つまでは厳しいです。馬の状態がどんどん良くなっていたので、ここまで引っ張ってしまい申し訳ありませんでした」とのコメントがありました。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


夕方、仕事の合間にネット中継でレースを見ました。スタート後に左右の馬に挟まれて後退。道中は後方から徐々にポジションを上げ始めますが、ピッチが上がったところで付いて行けずにジエンドという感じ。残念ですが、能力的に厳しいです。これ以上の上がり目はないでしょう。月岡調教師のコメントを読むに、これで終戦になると思います。レポート更新を待ちます。
コメント

ノルナゲスト、地方6戦目は2.4秒差の4着

2018年04月19日 21時24分18秒 | 【引退】14年産出資馬
2018/4/18 大井競馬場
----------
4月18日(水)大井7R・C2(六)(七)(八)組・距離1600m戦へ56kg町田騎手で出走し4着。馬体重はマイナス3kgの499kg、歩きに躍動感が出て体の張りも良く、場たちの予想屋から穴馬として推奨されるほどの目立つ気配でした。単勝は99.8倍の10番人気。レースでは五分のスタートから押していき、中団につけました。内々を追走して4コーナーで馬場の外目へ持ち出すと、じりじりと伸びてきましたが4着まででした。勝ち馬からは1.4秒差、時計は1分45秒7。町田騎手からは「ズブい馬だと聞いていたのですが、スムーズに良い位置が取れました。4コーナーでの手応えから、弾けてくれると思ったのですが、追ってから意外と伸びてくれませんでした。不良馬場で少しノメっていた影響かもしれません。」と、月岡調教師からは「前走時から調子を上げてきています。レースでの行きっぷりも良くなりました。跳びが大きい馬なので、今日のような馬場は合わないのですが、最後まで頑張って走ってくれたと思います。」とのコメントがありました。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


4着という字ズラの着順は良さげですが、前とは2.4秒も離されています。レポートでは1.4秒となっていますが、間違いですよ。それに、仮にこのクラスで勝ち負けできたとしても、中央でやれる能力を示すかどうかが問題。中央再登録を目指しての地方転籍ですから。このままダラダラと使い続けそうな雰囲気満載ですし、本当にこれはどうしたもんでしょう。何を考えて、何を目指して使うのか、ちょっと意図が分かりませんね。
コメント

ノルナゲスト、1枠1番(C2六七八)

2018年04月18日 10時03分18秒 | 【引退】14年産出資馬
本日の大井7R(17:45)、トゥインクルイッテクルラッキーガール賞(ダ1,600)に出走するノルナゲストの枠順が確定しました。1枠1番、町田直希騎手での出走です。

1 1 ノルナゲスト 牡4 56.0 町田直希 月岡健二
2 2 マイネルルタン 牡4 56.0 内田博幸 宗形竹見
3 3 サキノブライアン 牡6 56.0 江里口裕 桜木英喜
3 4 フライトリーダー 牡7 56.0 真島大輔 蛯名雄太
4 5 ギオンミスロージー 牝4 54.0 小林拓未 村上頼章
4 6 オーシャンケリー 牝4 54.0 的場文男 上杉昌宏
5 7 レオネル 牡4 56.0 本田正重 立花伸
5 8 グッディインベスト 牡4 56.0 横川怜央 的場直之
6 9 シャイニーパンサー 牝6 54.0 西啓太 阪本泰之
6 10 スセソール セ6 56.0 森泰斗 森下淳平
7 11 クランキングアップ セ7 56.0 藤本現暉 中道啓二
7 12 ユキウメ 牝4 54.0 山本聡哉 中道啓二
8 13 ミオヴァンジェーロ 牡6 56.0 山崎誠士 田島寿一
8 14 ブリリアントタイム 牝5 54.0 笹川翼 鷹見浩

続戦の意味も理由も見い出せないままで、正直シンドイものがあります。愚痴ばかり書くのは好きではありませんが、出資者はみな同じ思いではないかと思います。馬はレースとなれば頑張って走りますから、応援してあげたい気持ちはあるのですが、ここまでの一連の過程からテンションが盛り上がらず。こういうルーティーンはイヤですねぇ。
コメント

ノルナゲスト、地方5戦目は7着

2018年03月29日 21時23分53秒 | 【引退】14年産出資馬
2018/3/29 大井競馬場
----------
3月29日(木)大井6R・C2(七)(八)組・距離1600m戦へ56kg的場文男騎手で出走しました。馬体重はマイナス6kgの472kg、体全体に筋肉がつきはじめて成長が感じられ、張り艶、気合い乗りともに文句なく、変わり身がありそうな気配でした。単勝は10.0倍の5番人気。レースでは五分のスタートから中団を追走し、直線では最内から追われましたが伸びず、1.0秒差の1分43秒9の7着に終わりました。的場騎手からは「好位置につけられて、道中の手応えが良かったので勝つつもりで内をついたのですが、意外と伸びませんでした。」と、月岡調教師からは「今まで何もできないレースが続いていたのですが、初めて見せ場のある内容でした。暖かくなって馬の状態も上がってきています。」とのコメントがありました。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


レース内容としては今までで一番だったかもしれませんが、勝ち負けには全く加わることができません。状態が上がってきたなんて、まだ使う気がありそうなコメントですが、これはもう区切りを付けるべきでしょう。何か勘違いしているのかもしれませんが、中央再登録を目指しての地方転籍ですよ。地方で細々とやっていくことが目的ではありません。中央に戻してやっていけるだけの能力を見せていない以上(というか地方でも通用していない)、現役続行の大義がありません。今まで多くの馬に出資してきましたが、これだけ意味不明なのは初めて。ちょっと酷いと思います。一体何を考えているのやら。
コメント (2)

ノルナゲスト、4枠5番(C2七八)

2018年03月28日 13時33分26秒 | 【引退】14年産出資馬
明日の大井6R(13:25)、C2七八(ダ1,600)に出走するノルナゲストの枠順が確定しました。4枠5番、的場文男騎手での出走です。

1 1 ピカンチアモーレ 牝4 54.0 森泰斗 堀千亜樹
2 2 レットイットライド セ4 56.0 町田直希 沢佳宏
3 3 バジガクアミスター セ4 56.0 楢崎功祐 久保田信
3 4 ドリームピサ 牝5 54.0 柏木健宏 市村誠
4 5 ノルナゲスト 牡4 56.0 的場文男 月岡健二
4 6 ゴールデンウルフ 牡9 55.0 ☆藤本現暉 朝倉実
5 7 サキノブライアン 牡6 56.0 江里口裕 桜木英喜
5 8 リックマトリックス 牡4 56.0 赤嶺亮 赤嶺本浩
6 9 レオネル 牡4 56.0 本田正重 立花伸
6 10 ノゾミ 牝4 54.0 小林拓未 香取和孝
7 11 ラプレシオーサ 牝5 54.0 横川怜央 小野寺晋
7 12 エスプリドール 牡7 56.0 和田譲治 沢佳宏
8 13 サニーサウス 牝4 54.0 山崎誠士 森下淳平
8 14 エクストリーム 牡4 56.0 瀧川寿希 市村誠

「これでダメならあきらめます(月岡師)」というレース。地方転籍後、4戦使って全く良いところなく、残念ながら能力的に厳しいものがあります。おそらくこれがラストラン、最後はせめて好スタートを切って、前目で流れに乗るレースをして欲しいです。マイルの距離もこの馬には短いですし、テンから行くスピードもないので、後方のまま終わる可能性大ですが、期待するところがあるとすれば鞍上のみ。今回は、大井の帝王、的場文男ジョッキーが乗ってくれます。あの派手なアクションで追うシーンが見たいなぁ。1歳のツアーから見てきた馬ですし、最後まで見守りたいと思います。
コメント

ノルナゲスト、3月後半の開催へ予定変更

2018年03月07日 22時24分33秒 | 【引退】14年産出資馬
2018/3/7 大井競馬場
----------
3月8日(木)大井3R・C2(九)(十)組・距離1600m戦への出走を予定していましたが、前走の疲れが残っているため、回避しました。次走は3月26日(月)からの大井開催での出走を予定しています。「レース後にみられる軽い筋肉疲労なのですが、最後のレースになるかもしれないので、しっかり仕上げてから使うことにしました。」(月岡調教師)。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


今週の競馬を予定していましたが、状態面を考慮して、月末開催へ予定変更となりました。ラストのレースになる可能性が高いですし、最後はシッカリと仕上げてあげて欲しいものです。できれば1,600ではなく1,800を使って欲しいな。
コメント

ノルナゲスト、3/8(木)大井戦へ

2018年03月03日 21時58分50秒 | 【引退】14年産出資馬
2018/2/28 大井競馬場
----------
前走のレース後も馬体に異常なく、来週3月8日(木)大井3R(11時50分発走)・C2(九)(十)組・距離1600m戦への出走を予定しています。「前回跨った高松騎手が1600mの自己条件戦のほうが勝負になると言ってきたので、彼を信じてみます。これでダメならあきらめます。」(月岡調教師)。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


1,600よりも1,800の方が良いと言ってみたり、やっぱり1,600と言ってみたり、何だか方針も一貫しませんね。そもそも中央復帰を目指しての地方転籍、C2あたりで勝てないようでは中央に戻っても勝負になりません。客観的に見ても、残念ながら能力的に厳しいのは明らかですし、この状況で見守るのはシンドイものがあります。せめて光るモノがあれば暗闇でも応援できるんですが、何の兆しもないのはツライなぁ。
コメント (2)

ノルナゲスト、後方のまま9着

2018年02月23日 23時35分50秒 | 【引退】14年産出資馬
2018/2/23 大井競馬場
----------
2月23日(金)大井7R・C2(十)(十一)(十二)組・距離1600m戦へ56kg高松騎手で出走し9着、馬体重はプラス4kgの478kgでした。パドックでは気合いが乗って張り艶も良く、好気配でした。単勝は8番人気。レースではスタートダッシュが悪く、最後方からの競馬になりました。後方で脚をためながらの追走で、直線じりじりと伸びてきましたが、1.7秒差の1分45秒2の9着でゴールしています。高松騎手からは「スタート直後に左右から挟まれ、手綱を引く大きな不利がありました。そこでリズムが崩れて、外へ出せずに終わってしまいました。今野さんが乗った時の競馬をイメージして途中から動いていく作戦だったのですが、何もできませんでした。すみません。」と、月岡調教師からは「一戦毎に状態は良くなってきているのですが、競馬で力を出し切れません。自己条件(C2)で相手関係が有利なため、内回りの1600mを使っていますが、次はC1C2混合の1800m戦を使います。そこでダメならあきらめましょう。」とのコメントがありました。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


スタートで挟まれたにせよ、その後の走りにも全く見所がありませんでした。もう一度使ってみるようですが、まあガラッと変わり身を見せる可能性はないでしょうね。中央時代のレースぶり、地方転出後の走り、客観的に見て、能力的に厳しいのは明らかです。地方で走り続けることが目的でなく、中央再登録を目指しての転出である以上、地方はポンポンと勝って中央に戻らなければ、とても復帰後の500万では通用しません。うーん、正直これはもうアカンでしょう。。
コメント

ノルナゲスト、5枠5番(C2 十 十一 十二)

2018年02月22日 19時19分18秒 | 【引退】14年産出資馬
明日の大井7R(13:55)、C2 十 十一 十二(ダ1,600)に出走するノルナゲストの枠順が確定しました。5枠5番、高松亮騎手での出走です。

1 1 メガミノキセキ 牝4 54.0 本田正重 佐々木忠
2 2 バシルーラ 牝6 54.0 吉井竜一 堀千亜樹
3 3 レオネル 牡4 56.0 安藤洋一 立花伸
4 4 イーゼル セ4 56.0 矢野貴之 鷹見浩
5 5 ノルナゲスト 牡4 56.0 高松亮 月岡健二
5 6 ネオカレント 牝4 54.0 千田洋 岡野尚光
6 7 アーダルベルト 牡4 56.0 森泰斗 堀千亜樹
6 8 スフィーダグリーン 牡4 56.0 達城龍次 鈴木啓之
7 9 メイショウエジソン 牡8 56.0 山崎良 赤嶺本浩
7 10 カヴァレリア 牡4 56.0 西啓太 荒山勝徳
8 11 エスプリロブ 牡4 56.0 有年淳 沢佳宏
8 12 イーサンコヒバリ 牝5 54.0 坂井英光 的場直之

地方転出後も全く良いところがありません。この先の展望が見えず、ただ競馬を使っているだけという感があります。能力的に厳しいとは思いますが、現役を続行しているのであれば、何らかの工夫を重ねていかなきゃアカンですよ。スピードがない馬にマイルの距離、正直好走のイメージが全然湧きません(苦笑い)ポンと出て見せ場くらい作れれば、という感じですね。中央再登録を目指しての地方転出だけに、これではダメなんですが。
コメント