一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

出資馬の近況

トゥルーウインド 牡7 1/13(日)の中山競馬(障害未勝利・ダ2,880)に五十嵐騎手で出走して4着
ジャストコーズ セ6 1/13(日)の京都競馬(五条坂特別・ダ1,900)に和田騎手で出走して5着
サーベラージュ セ5 7/25(水)山元トレセン放牧
アロマドゥルセ 牝5 2/9(土)の京都競馬(琵琶湖特別・芝2,400)を予定
タイムフライヤー 牡4 2/10(日)京都記念(G2)or 2/16(土)ダイヤモンドS(G3)を予定
リビングマイライフ 牝4 12/20(木)山元トレセン放牧
ブルーメンクローネ 牝4 8/11(土)NF空港へ移動
ケイデンスコール 牡3 12/20(木)NFしがらき放牧
ラプリュベル 牝3 11/29(木)グリーンウッド放牧
リャスナ 牝3 1/27(日)の京都競馬(3歳新馬・芝1,800)を目標
グルヴェイグの17 牝2 NF早来で育成中
ローガンサファイアの17 牡2 NF空港で育成中

アースガルド、引退

2014年04月24日 17時48分16秒 | 【引退】07年産出資馬
2014/4/24 勢司厩舎
----------
「今回はある意味納得のいく状態でレースへ向かうことができました。続けて使わせていただいたことで体もフィットしてきましたし、いい精神状態で臨めたと思うんです。粗削りな面が目立ちがちな馬ですが、先週は馬場入りから返し馬まで落ち着いて常歩できているガルオの姿を見て感動すら覚えました。手がかかった仔でしたし、本当にかわいいやつですから、何とか今後もいい仕事をしていければと思っていたのですが、レースは最後の最後で踏ん張り切れませんでした。懸念はしていましたがいくらか距離は長かったでしょうか。ここ最近は加齢とともにスピードよりの競馬はちょっと厳しく、マイルは忙しい印象でした。そして、高速の上がり勝負になるのは分が悪いということからも東京ではなく中山のほうが舞台としてベターと考えられたため、2000mでしたがレースへ向かいました。最後1ハロン長い分、止まってしまったかなと思いますが、53キロという斤量であったことも考えると現状の力を出し切ってくれた結果だったのかなと思います。ガルオのように2歳の夏から始動してくれるのはひとつのポテンシャルでもあり、期待をしていました。悩ましいこともあり、悲しいことも嬉しいこともたくさんありました。長い付き合いだっただけに寂しい気持ちもありますが、ここまで応援してくださり、ありがとうございました。そして、最後にもうひと華咲かせてあげられなくて申し訳ありません」(勢司師)体質や加齢によりなかなか思うようなコンディションでレースへ向かうことができていませんでしたが、続けて使ってきたことでようやく体がフィットしてきて望むような状態でレースへ向かえました。不安要素がなかったわけではないのですが、一生懸命に走るアースガルドの走りを見て、これ以上を望むのは難しいのだろうと思えたことから、勢司和浩調教師と協議を行った結果、誠に残念ですがここで現役を引退して競走馬登録を抹消することになりました。なお、本馬に出資されています会員の方へは追って書面をもちましてご案内いたします。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


アースガルドの引退が決まりました。先週末、皐月賞デーの中山でのレースが最後のレースとなりましたが、現地で見届けることができたので、その点では本当に良かったと思っています。

2歳夏にデビューしたアースガルドですが、デビュー戦はフローライゼに逃げ切りを許すものの2着。叩いた2戦目では順当に勝ち上がってくれました。2着に4馬身差を付けて芝1,800を1:47.4で優勝。タイム的にも優秀ですし、一躍期待が高まりましたね。秋まで間隔を空けて臨んだ百日草特別。ここではサクラエルドールの2着、暮れの中山の葉牡丹賞では1番人気に支持されるもミッションモードの6着、更に最終週のホープフルSを走ってアリゼオの8着。5戦1勝で2歳を終えました。今にして思えば、2歳時によく5回もレースを使えたなと思います。3歳はダービーデーの府中500万から始動。ここを勝って待望の2勝目を挙げ、7月のラジオNIKKEI賞(G3)に出走しました。期待しましたね。重賞を使えたことが嬉しかった。結果はアロマカフェの9着でしたが、まだ成長の余地を残していただけに、秋以降に期待していました。しかし、ここからアースガルドの競走生活は下降線を辿ります。トモの疲れ、移動直前の他馬に蹴られるアクシデント、繋クン、裂蹄、あれやこれやで結局1年超の休養となってしまいました。復帰後も頑張って走りますが、体質の弱さを抱えて思うように使えず、もどかしい状況。それだけに、2012年4月、500万条件ですが、決して得意ではない中山競馬場、しかも不良馬場の競馬を休み明けで勝ってくれた時には嬉しかった。やはり能力はある馬だったと思います。しかし、万年体質面の弱さを抱えており、これが古馬になっても解消されませんでした。最後は満身創痍、もう馬体はボロボロだったはず。そんな中でも、勢司先生を始め、精一杯ケアしてやってくれました。

体質が強ければ、もっと活躍できたと思います。競走馬としてピークだったであろう時期を棒に振ったのが痛かった。しかしこれも運命、仕方ありません。7歳まで頑張って走ってくれたアースガルドには心から感謝しています。勢司先生のコメントにもあるように、長い付き合いだったので引退するのは淋しいですが、これ以上を望むのは酷です。今が引き際でしょう。競走生活が不運だった分、せめて余生は幸せであってほしいと願うばかりです。本当にお疲れさま。ありがとう。


2009年8月29日 2歳未勝利(蛯名正義)


2010年5月30日 3歳500万下(蛯名正義)


2012年4月14日 4歳以上500万下(北村宏司)



アースガルド
 父ネオユニヴァース
 母レディフェアリー(Fairy King)

2007年4月6日生まれ
市川牧場生産
美浦 勢司和浩厩舎

通算成績 21戦3勝(3-4-0-0-1-13)
コメント

アースガルド、鹿野山特別は10着

2014年04月21日 17時31分06秒 | 【引退】07年産出資馬
2014/4/20 勢司厩舎
----------
20日の中山競馬では五分のスタートから前々でレースを進める。いいポジショニングで直線へ向かうが最後まで粘り切ることはできず10着。「今日は道中まで悪くない形で競馬を進められていたと思いますし、それだけに最後はもう少し粘りを見せてほしかったですね。頑張っていると思いますが、斤量やペースを考えるともう少し走れてもいいと思います。結果が出ればベストでしたが、期待に応えられず申し訳ありませんでした」(石橋騎手)「馬体は絞れていましたし、競馬に向けてやれることはやって送り出せたと思います。以前に比べれば返し馬も最後までしっかりやれていましたし、本当に成長した姿を見せてくれました。それだけに結果を出したかったし、出せると思っていたので今日の結果は悔しいです。馬場や斤量を考えてももっと粘れていいはずです。今日は自分の競馬で頑張ってくれましたし、トレセンに戻ってよく状態を見たいと思います。今後についてはよくクラブと相談しようと考えています」(勢司師)目標のレースに向けて厩舎もしっかり仕上げてくれましたし、結果を出してくれると信じて送り出しました。4コーナーまでは頑張ってくれましたが、最後は力尽きてしまい、残念ながらベストの結果を出すことはできませんでした。今後については厩舎に戻って様子を見た上で検討していきます。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


中山競馬場でアースガルドの走りを見守りました。スタートから良い流れで進んでおり、昨夏の函館戦と同じように前々で粘り込めば面白いぞと思っていましたが、そこから徐々に後退。もう少し粘れるかなと思っていましたが、厳しい結果でした。勝ち馬は圧倒的に強かったですが、それにしても抵抗するところを見せてほしかったです。今後について、どうなるか分かりませんが、次回のレポートを待ちたいと思います。

2014/4/20 中山競馬場
コメント

アースガルド、3枠3番(鹿野山特別)

2014年04月19日 10時16分35秒 | 【引退】07年産出資馬
明日の中山9R(14:25)、鹿野山特別(芝2,000)に出走するアースガルドの枠順が確定しました。3枠3番、石橋脩騎手での出走です。

1 1 リボントリコロール 牝4 55.0kg 横山典弘 菊沢隆徳
2 2 コスモユウチャン 牡5 54.0kg A.シュタルケ 高橋祥泰
3 3 アースガルド 牡7 53.0kg 石橋脩 勢司和浩
3 4 マイネルシュライ 牡6 56.0kg 戸崎圭太 鹿戸雄一
4 5 オメガユニコーン 牡4 54.0kg 北村宏司 萩原清
4 6 ゴーゴーヒュウガ 牡6 53.0kg 的場勇人 柄崎孝
5 7 アルティスト 牡7 54.0kg 柴田善臣 中野栄治
5 8 リルバイリル セ6 56.0kg 後藤浩輝 栗田博憲
6 9 トーセンヤマト 牡4 54.0kg 田中勝春 中川公成
6 10 ブランクヴァース 牡5 56.0kg 蛯名正義 田中清隆
7 11 ユウターウェーヴ 牡7 52.0kg 江田照男 南田美知雄
7 12 マイネルミラノ 牡4 55.0kg 柴田大知 相沢郁
8 13 マグメル 牡5 55.0kg 吉田豊 大久保洋吉
8 14 ネコタイショウ 牡4 53.0kg 武豊 堀井雅広

アースガルドにとっては休み明け3戦目となるレース。使いながら馬体も絞れ、徐々に走れる態勢になってきました。体質が弱く使い込めない馬にとって、こうしてコンスタントに使えること自体が好材料で、あとは相手関係次第でしょう。この条件での近走好走馬も数頭いますが、アースガルドも昨夏の函館戦で2着している実績があります。その函館戦と同じ3枠3番の赤帽、縁起良いじゃない。石橋騎手は初騎乗となりますが、アースガルドの良さを生かすべく、前目で積極的なレースをしてほしいものです。好走を期待して、応援したいと思います。
コメント

アースガルド、石橋騎手で日曜の中山戦へ

2014年04月16日 18時15分01秒 | 【引退】07年産出資馬
2014/4/16 勢司厩舎
----------
16日は美浦南Pコースで追い切りました(84秒0-68秒2-52秒6-38秒4-12秒3)。「この中間も順調で調整は問題なく進めてくることができています。蹄の心配は今のところありませんし、体もフィットした状態を保てていますよ。今朝は当該週追い切りということで併せる形でしっかりと動かしました。時計的には5ハロン68秒くらいですが、終いまでしっかりとした身のこなしで走れていましたし、感触は良かったですね。ここまで考えていた通りに来たと思いますし、何とかいい競馬を見せてほしいです。成績的にもここで何とかしないと、という気持ちがありますし、ハンデも53キロと魅力的ですから何とか変わってほしいと思います。当初は勝春のまま続投するつもりでしたが他馬との兼ね合いで調整できなくなってしまったため代役を探したところ、最後までしっかりやってきてくれ、以前も毎週のように調教をつけてくれていた石橋脩を確保できましたので彼とのコンビで向かいます」(勢司師)20日の中山競馬(鹿野山特別・芝2000m)に石橋騎手で出走を予定しています。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


アースガルドは、予定通り今週日曜の中山特別戦に出走予定です。休み明けから中2週→中2週で使う3戦目、馬体も絞れてくるでしょうし、徐々に走れる態勢になってきていると思います。ビシビシ調教できない分、仕上げが難しい馬ですが、こうしてコンスタントにレースを使えればパフォーマンスは上がっていくはず。年齢的にもそろそろ結果が出ないと進退の話しになりそうなので、軽ハンデの今回は一発を期待したいと思います。
コメント

アースガルド、来週の中山戦へ向けて順調

2014年04月09日 21時03分49秒 | 【引退】07年産出資馬
2014/4/9 勢司厩舎
----------
9日は美浦南Pコースで追い切りました(74秒3-58秒0-43秒3-13秒6)。「先週までは基本的にじっくり動かすことに専念して前走後のケアを行っていましたが大きな問題はありません。前回の競馬へ向かう過程では意図的にカイバを制限して体を絞ることをしました。人間でも同じように、しっかり摂取してそれがエネルギーの源になるわけですからあまりこういうことはしたくないのですが、動ける状態に持っていけるようにするためには致し方ないものでした。ただ、期間を限定するなど、ずっとそういう状態は継続していませんでしたし、レースへ向かうころにはしっかりとカイバを与えて態勢を整えました。前回は苦しさも多少あったでしょうが、その効果から今回はある程度フィットした状態を保てていていいんです。今日天栄でいつも担当してくれている厩舎長に見てもらったのですが、体を見て喜んでくれていましたよ。今回は小細工なしで調整していけるのではないかと思っています。調教のほうですが、今朝はポリトラックコースに入って単走で追い切りを行いました。使ってきている馬なので今週は強い負荷をかけるというよりは維持を目的とした内容だったものの、動きは良かったと思います。この調子で来週のレースへ向けてしっかりやっていきます」(勢司師)20日の中山競馬(鹿野山特別・芝2000m)に出走を予定しています。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


続けて使っていくことができそうなので、段々とパフォーマンスは上がってくると思います。とはいえ、休み明けからここ2戦で13着→11着ですから、強気にはなれませんが(苦笑い)ただ、このクラスでも勝ち負けできる能力は持っていると思いますので、頑張ってほしいところ。復活に期待したいと思います。
コメント

アースガルド、4/20(日)の中山戦へ

2014年04月02日 17時31分01秒 | 【引退】07年産出資馬
2014/4/2 勢司厩舎
----------
2日は軽めの調整を行いました。「過去2戦より先週の競馬は道中の行きっぷりなどを見ても気持ちを出せていて良かったと思いますし、何とかあの内容を次に、そして終いに活かせるようにしていきたいですね。勝春もこの馬のことを評価してくれていて、いろいろと考えを提案してくれてレース後もしばらく話し合っていたのですが、使いつつ変えられる部分はあると思いますし、何とかこのままつなげていきたいと思っています。あまり瞬発力勝負になると分が悪いところもあるでしょうし、中山開催中の出走を狙っていきたいと思っているので、変わりなければ中山の4週目を考えていきます」(勢司師)今のところ20日の中山競馬(鹿野山特別・芝2000m)に出走を予定しています。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


先週の競馬を使ったアースガルドですが、このまま在厩で続戦予定とのことです。中2週で中山の特別戦を目標にするとのこと、順調に使えれば前走よりはパフォーマンスを上げてくれるでしょう。昨年夏の函館戦で2着と好走した時にも、連続で使った3戦目でした。無事に次走を迎えてほしいものです。
コメント

アースガルド、直線伸び切れず11着

2014年03月29日 17時41分58秒 | 【引退】07年産出資馬
2014/3/29 勢司厩舎
----------
29日の中山競馬では中団やや後ろから運び、悪くない格好で勝負どころへ向かうが、直線は伸びきれず11着。「依頼をもらった翌日には調教師と話をしてこの馬の良さを少しでも引き出せるように考えて臨むようにしました。できることなら前目から運ぶことを考えていたのですが、ここ最近の競馬の影響か進んでいくような手応えはありませんでした。道中はハミを噛んでやる気を見せていましたし、後半はいいかなと思えたんです。最後は伸びきれませんでしたが上がりの息づかいなどを聞いていてもまだ重いのかなと感じたし、使って変わってくれればと思います」(田中勝騎手)「今回意図的に絞りましたし、その結果マイナス12キロでしたが、それでもまだ重たさは感じられました。それは見た目だけの話ではなく息づかいで、まだ本物ではなくフィットしきれない部分があったんです。それでも少しでも良さを引き出せるようにと追い切りでは着用していませんでしたが、金曜日にチークピーシズを着けてみて気持ちの部分を補えないかと試してみたところ効果が感じられたのでレースでも使うことにしました。前半からの積極的な競馬はできなかったですが、ここ2戦が前半ゆっくり進めたことを馬が覚えていたかのような走りっぷりで行かないような反応でしたね。ただ、道中はハミに対しての反応がありましたし、悪くなかったです。ここ何戦かと比較しても今日の道中は見どころがあったと思うんです。最後の息切れはスタミナ云々より中身の重たさが影響したかなと思えるものでしたし、使いつつ何とか良化させられればと思っています」(勢司師)意図的に体を絞って、さらに変化をつけるためにチークピーシズを着用して臨んだ今回でしたが、道中の走りは明らかに良化していたように思います。直線は物足りなさがありますけれど、まだ好調時に戻りきれていない印象を受けるだけに使いつつコンディションを上げていければと考えています。あくまでもレース後の状態をよく見てからになりますが、変わりなければ在厩で調整していくことを検討しています。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


マイナス12kgと馬体が絞れていたのは好材料でしたが、パドックを見てもまだ余裕のある体付きで、良化途上を思わせました。レース内容はマズマズで、こうして使いながら徐々に前進していければ良いですね。コンスタントに使えれば、少しずつパフォーマンスを上げていけると思います。まずは、レース後にガタッとこないことを願います。

2014/3/29 中山競馬場
コメント

アースガルド、4枠8番(4歳以上1,000万下)

2014年03月28日 16時26分25秒 | 【引退】07年産出資馬
明日の中山12R(16:25)、4歳以上1,000万下(芝1,800)に出走するアースガルドの枠順が確定しました。4枠8番、田中勝春騎手での出走です。

1 01 ヤヤラーラ 牝5 52.0 ▲石川裕紀人 相沢郁
1 02 スズカゲイル 牡9 54.0 ▲木幡初也 柄崎孝
2 03 ダイワアクシス 牡5 57.0 後藤浩輝 池上昌弘
2 04 ヤマタケディガー 牡8 57.0 武士沢友治 根本康広
3 05 ウィケットキーパー 牝5 55.0 内田博幸 国枝栄
3 06 ナスノシベリウス 牝5 55.0 大野拓弥 和田正道
4 07 トウカイアストロ 牡5 54.0 ▲原田和真 栗田徹
4 08 アースガルド 牡7 57.0 田中勝春 勢司和浩
5 09 カディーシャ 牝5 55.0 三浦皇成 武市康男
5 10 シベリアンスパーブ 牡5 57.0 松岡正海 手塚貴久
6 11 ガーネットチャーム 牝5 55.0 蛯名正義 鹿戸雄一
6 12 ソールデスタン 牡7 57.0 横山典弘 奥平雅士
7 13 コスモバルバラ 牝5 55.0 戸崎圭太 尾関知人
7 14 コスモソウタ 牡5 57.0 津村明秀 水野貴広
8 15 マイネルシュライ 牡6 57.0 石橋脩 鹿戸雄一
8 16 マグメル 牡5 57.0 吉田豊 大久保洋吉

アースガルドは、明日の中山最終レースに出走予定です。今回は久しぶりに間隔を詰めて中1週で使いますので、今までよりも息は持つはず。問題は馬体が絞れているかどうかです。どうしても体質面を考慮して手加減した調整とならざるを得ないため、いつも太目残りになってしまいます。陣営の思惑通りに絞れていれば、少しは楽しみがあるでしょう。鞍上も初めてアースガルドに乗りますので、その点でも新味が出ないか期待しています。
コメント

アースガルド、田中勝騎手で土曜の中山戦へ

2014年03月26日 21時18分55秒 | 【引退】07年産出資馬
2014/3/26 勢司厩舎
----------
26日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒7-52秒8-39秒6-12秒0)。「夏に2着まできた時の過程でもそうでしたが、体がフィットして良くなってくるには時間が必要なタイプの馬ではあるのですが、段々と良化をさせていけるようにと考えつつ調整をしてきています。今回の過程で動きを見ていてもまだ重たさは感じられたので、この中間は意図的にカイバを少しコントロールして絞っていますが、それも先週の話で今週は通常通りにレースへ向けて体をつくるようにしています。あまりコントロールしすぎて肝心のエネルギーを落としすぎるようなことがないように気を配って調整しました。先週抑え気味にした分、少しおとなしくなっていたところはありましたが、年齢的なものもあるでしょう。メリハリをつけたことでグンッと良くなってくれるケースもありますし、この形で調整をしてレースのときにいい状態で送り出せればと思っています。動き自体は問題ないものだったと思いますし、適度に動かしてコンディションを整えて来れたと思います。予定通り今週の競馬を迎えるはずですが、当初予定していた和生も良い面でも悪い面でも先入感があるように思いますし、今回は何とかプラスに変えたい状況なので、先入観のない乗り手が新しい一面を引き出してくれることに期待したいと思って、勝春にお願いすることにしました。ここぞというときの騎乗は素晴らしいところがありますし、この想いとこの馬の良さを活かすにはどうしたらいいかということを勝春とも話をしてレースに臨めるようにしたいと思っています」(勢司師)29日の中山競馬(4歳上1000万下・芝1800m)に田中勝騎手で出走を予定しています。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


鞍上はカッチーですか。予想していなかった名前で驚きました(笑)昨夏に函館戦で好走した際に乗っていた横山和生騎手で良いかなと思っていましたが、何とかキッカケを掴みたいという陣営の強い思いを感じます。この判断が好結果に繋がってほしいですね。年齢的にも体質面の弱さを考えても、毎戦が勝負の馬。好走を願って応援したいと思います。
コメント

アースガルド、横山和騎手で来週の競馬へ

2014年03月19日 15時27分19秒 | 【引退】07年産出資馬
2014/3/19 勢司厩舎
----------
19日は美浦南Pコースで追い切りました(69秒9-54秒7-40秒7-12秒9)。「前走後の経過も悪くはなく、馬は元気にしています。この中間も程良く乗るようにしていて、今週も少し時計を出すようにしました。中2週の間隔での出走を考えていますし、あまり負荷ばかりをかけすぎると今度は負担になってしまいますのでバランスは考えなければいけませんが、緩めすぎると重たさが解消しきれないことにもなりますからね。14-14くらいを基調にして動かそうと考えていましたが今日はそれよりちょっと速くて5ハロン70秒くらいでした。決して無理はしていませんし、だからと言って動きも悪くないですので、この調子で進めていければと思っています。この馬を特に乗ってもらっている北村は来週阪神でいないということですし、今回は和生で行きたいと考えています」(勢司師)29日の中山競馬(4歳上1000万下・芝1800m)に横山和騎手で出走を予定しています。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


予定通り来週の競馬を使えそうですね。前走後にガタッとくるかと思ったのですが、連続して使うことができれば体も絞れるでしょうし、パフォーマンスを上げることができると思います。強い調教をしたい反面で、体質的な弱さを抱えてムリができないという難しい馬ですが、出来得る範囲内で良い状態で出てきてほしいです。
コメント